ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ポール・サイ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!?


ドルはどこまで下がるのか? (12)

2008年05月21日(水)23:57公開 (2008年05月21日(水)23:57更新)
ザイFX!編集部

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

 戦後の為替はかなり長い間、固定相場制だった。それが1973年に変動相場制へ移行する。ドル/円は1ドル=360円の固定相場が長く続き、1ドル=308円の固定相場を挟んで、変動相場制へ移行した。

 「変動相場制に移行してからのドルはずっと安くなり続けています。アメリカはずっと貿易赤字だったから、ドルは下がるだけなんですよ。長期的に見て、この大きな流れは今後も変わらないでしょう」

 この時代、円はどうだったのか? 日本は目覚ましい経済成長を遂げていた時期で、円はドンドン強くなっていった。つまり、ドル安と同時に円高の時代だったのである。一番円高が進んだのは1995年。この年、円は1ドル=79円台の史上最高値を記録している。
米ドル/円の長期チャート

 しかし、その流れは変わったという。先に示した「(2)2000年以降のユーロ台頭、中国台頭によるドル安と円安」という時代に入っていくのだ。

■欧州ではユーロが誕生し、アジアでは中国の時代が始まった

 「1ドル=360円の時代から79円台までずっと続いてきた円高はもう終わっています。アジアでは日本の時代が終わり、中国の時代が始まったからです。中国は1992年ごろから本格的に市場経済へ舵を切ったのですが、さらにこの流れが本物になってきたのが2000年ごろからです」

 アジアにおける中国の台頭が相対的に日本の地位を押し下げ、円安の時代に入ったというのだ。そして、これに加えて、もう一つの重要なポイントがユーロの誕生である。

 「1999年にユーロが誕生。ユーロ圏の経済規模が大きくなり、ユーロが強くなってきたことで、アメリカの地位は相対的に弱くなってきました。ユーロはもう一つの基軸通貨になりそうな勢いですよね。これでドル安が進んだわけです」

「ドルはどこまで下がるのか? (13)」へつづく)

(ザイFX!編集部・井口稔)
FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事 jfx記事
ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る