ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

クロス円に先導されるようにリスクオフ加速、
中国は大型連休に入るがクロス円は売り目で

2021年10月01日(金)15:14公開 (2021年10月01日(金)15:14更新)
持田有紀子

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

 中国は明日から長期の休みに入る。その前の景況感の発表であったが、製造業のPMIは予想を下回った。かねてから中国経済のスローダウンがささやかれていたが、それが現実のものとなった格好だ。アジア株は一斉に値を下げて、市場はリスクオフ。ドル円は112円台に乗せていたのだが、これも流れに抗しきれず押され気味となった。

 130円台まで戻していたユーロ円だったが、欧州時間では大陸税の売りに押され、一方的にズルズルと下げる展開となった。ニューヨーク序盤まではドル金利は高い水準を維持していたので、私はユーロドルを売ることにした。

 クロス円の重さがそのうち効いてくるだろうと読んだからである。しかしユーロドルは1.15台の中盤で踏みとどまった。底値では拾えなかったものの、私は朝型になってからなんとか利食いで買い戻すことができた。

 アメリカ議会でつなぎ予算の通貨が濃厚となったので、米国株は堅調にスタートした。しかしそえはあくまでも暫定予算でしかない。債務上限の適用除外が削除されたままだったので、それが1ヶ月後には再び問題になることが意識された。米国株はニューヨーク時間の終盤で再び値を下げて、そのまま安値引け。

 結果的にはクロス円の下げがきつかった。問題はそれが今日のマーケットでも継続するかどうかである。本日は自民党総裁選などのかく乱もあってずっと割高に推移していた日本株が、久しぶりに大幅下落となった。ただ為替相場のほうは先んじて動いた分だけ、東京時間では落ち着いた値動きになっている。それでもクロス円は売り目でウォッチしている。


日本時間 15時00分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性

ザイFX!最新&おすすめ記事

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る