ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒

ヒロセ通商[LION FX]では当サイトからの口座開設者限定キャンペーンを実施中!

バックナンバー

「コップの中の嵐」と
米ドル全面安の傾向はまだ続くのか?

2009年08月28日(金)17:59公開 [2009年08月28日(金)17:59更新]

ザイFX限定!口座開設&取引で3000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

 為替市場は「コップの中の嵐」を引き起こしながら、米ドル全面安の傾向が強まってきている。

 「コップの中」とは、狭いレンジ内での変動のことを示す。

 足元ではレンジ内の乱高下が繰り返されているため、米ドルのロング派、ショート派のいずれもがストップロス・オーダーに引っかかりやすくなっている。トレーダーにとっては「嵐」とも言える相場だ。

■「振り落とし」で身軽になり、米ドル安がさらに進む?

 下に示したドルインデックスの日足チャートを見ると、8月第4週(24~28日)は週初から米ドルが切り返し、26日(水)には、前週の20日(木)、21日(金)の高値を一時超えていた。

 しかし、27日(木)は一転して大幅に下落し、再び米ドル安の傾向を強めている。テクニカル的に言えば、26日(水)までの値動きは一種の「振り落とし」であり、トレンドの進行が加速する前によく見られる現象だ
ドルインデックス 日足(クリックで拡大)
(出所:米国FXCM

 つまり、週初からの揺り戻しで米ドルのショートポジションの一部が決済され、身軽になった分、米ドル安の傾向が一層強まると考えられるわけだ。

 相場は常に、ロングポジションとショートポジションのバランスと、その攻防や崩れ方によって作られている。だから、ファンダメンタルズ的な材料は、あくまで売買のきっかけとして利用されるに過ぎない。

 今週の好例は、26日(水)の米ドル高であろう。

 この日は、7月の米国新築住宅販売件数が発表となり、前月比9.6%増という結果を受け、マーケットは米ドル高に反応した。

 しかし、27日(木)の値動きを考慮すると、新築住宅販売件数が単に売買材料として利用され、米ドルのショートポジションの振り落としを図ったとも考えられる。これがより本質に迫った見方であろう。

■日本の選挙よりも、市場は中国の動向に敏感に反応

 ところで、米ドルの波乱とは違って、円は週初から一貫して強かった。それは2つの要素に起因していると思う。

 1つは、中国の温家宝首相が、過剰生産と無駄な投資を抑制する姿勢を示したことで、世界的に景気回復への懸念が増大したことだ。

 最近の米ドル/円は、日本サイドの経済データばかりか、選挙の状況さえも蚊帳の外で、もっぱら米国と中国サイドの材料によって左右されている。そして、株式のパフォーマンスから見ると、日本は総じて、米国よりも中国の動向に敏感に反応する傾向がある。

 ただ、米ドル全面安のトレンドが続くようであれば、クロス円(米ドル以外の通貨と円との通貨ペア)相場における円高の勢いが弱まる可能性が高く、米ドル/円の下値も限定されて、一方的な円高にはならないだろう。

■「米ドル・キャリートレード」は、対円では発生しない

 週初から円が一貫して強い2つ目の理由は、米ドルLIBOR(ロンドン銀行間貸出金利)が16年ぶりに、円LIBORよりも低い水準まで落ち込んでいたことだ。

 米ドルLIBORの低下によって「米ドル・キャリートレード(※)」が発生すれば、早期利上げ観測の強い豪ドル、カナダドルなど、資源国通貨に対しての米ドル売りが強まると考えられる。

 しかし、円との金利差を考えると、対円での米ドル売りは考えにくい。その上、日銀は米FRB(連邦準備制度理事会)よりも遅れて利上げするといった見方が一般的で、米ドルLIBORと円LIBORの逆転は長く続かない見通しが有力だ

 いずれにせよ、米ドル/円を除き、米ドル全面安が続く可能性が高い

7月24日のコラムで書いた「ユーロ/米ドルは1.4700ドル、英ポンド/米ドルは1.7150ドル(場合よっては1.7500ドル)、豪ドル/米ドルは0.8500ドルというターゲットが射程圏に入ってくる」といった見通しは実現されるだろう「米ドル安トレンドが再開したかどうか米ドル/スイスフランを見ればわかる!」参照)

 もっとも、豪ドル/米ドルは0.8500ドル手前まですでに迫っており、ターゲットを0.8600~0.8800ドルに引き上げる余地もある。ちなみに、米ドル/スイスフランは前日に再び1.0600フランを割り込んでおり、米ドル安を促すシグナルととらえられるだろう。

(※編集部注:「キャリートレード」とは一般に、金利の低い通貨で資金を調達し、それを相対的に金利の高い通貨に替えて運用する手法のこと)

■米ドル/円は引き続き、切り返しの可能性に注目!

 テクニカル的には、いくつか気になるポイントがあったので、チャートに図示して指摘しておきたい。
米ドル/円 日足(クリックで拡大)
(出所:米国FXCM

 まずは米ドル/円の日足だが、先週同様に、まだ「下落ウェッジ」のフォーメーションを形成しているように見え、引き続き、切り返しの可能性に注目したい「中国と英国で2つの事件が発生!それでも大きく上昇できない米ドルの弱さ」参照)
ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2401人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 101179人 ザイFX!のtwitterをフォローする

陳満咲杜の「マーケットをズバリ裏読み」
陳満咲杜 (ちん・まさと)

中国・上海生まれ。1992年に所持金5000円で来日し、日本語学校を経て日本大学経済学部に入学。生活費と学費をアルバイトでまかないながら在学中より株式投資を開始。大学卒業後、中国情報専門紙の株式担当記者を経て黎明期のFX業界へ。香港や米国の金融機関で研修を重ね、トレーダーとしての経験を積む。GCAエフエックスバンク マネージングディレクター、イーストヒルジャパン チーフアナリストを経て独立。現在は陳アソシエイツ代表/アナリストとして活躍している。日本テクニカルアナリスト協会検定会員。最新刊は『勤勉で勉強家の日本人がFXで勝てない理由』(ダイヤモンド社)、その他、『相場の宿命 2012年まで株を買ってはいけない!』、『CFDトレーディングの真実』『FXトレーディングの真実』(以上、扶桑社)、『着物トレーダーを卒業せよ 陳満咲杜の為替の真実』(青月社)などの著書がある。

執筆者のサイト

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

GMOクリック証券
ヒロセ通商[LION FX]
注目FXニュースをPick Up!
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較! レバレッジ3倍で年利20%以上!?メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底比較!
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
みんなの米ドル/円予想など…ザイFX!Twitterアンケート
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイFX!の有料・無料メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」
TOPICS
FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム





どうする?どうなる?日本経済、世界経済 今井雅人 03月26日更新

株価は弱気相場へ!? 米ドルは高値水準でレンジに



FX&コモディティ(商品)今週の作戦会議
03月23日更新





元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)


ザイFX!メルマガ

今月の経済指標 予想&結果