ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!?

【09年予想】宮田直彦さんに聞く(3)
~70円台への突入はチャート的に当然~

2009年02月10日(火)21:07公開 (2009年02月10日(火)21:07更新)
ザイFX!編集部

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で5000円もらえる

「【09年予想】宮田直彦さんに聞く(2) ~エリオット波動の5波にあるドル/円~」からつづく)

■ドル/円は8年ごとに高値をつけている

 宮田さんによると、長期のドル/円のサイクルには8年のものと5年のものがあるという。両者とも下のチャートで図示されているとおりだ。
ドル/円 月足(再掲、クリックで拡大)

 「8年というのはドル高値をつけるサイクルにおよそ8年のものがあるということです。ただ、直近の1998年から2007年までのところは1年延びて9年近く経ってしまっていますが。サイクルは多少延びたり、縮んだりするものですからね。

 この『8年周期』ということから、2007年にプラス8年した2015年ごろに次のドル高値をつけることが考えられます。これがどれぐらいのレートになるかということはここからはわかりませんが…」

 では、5年サイクルとはどのようなものなのか?

■ドル/円の5年サイクルから次に安値をつける時期を読む

 「こちらは残念ながら、安値から安値というふうにきれいに当てはまるものではないのですが、だいたい5年ごとにドル/円は重要な転機を迎えてきたと言えます。

 ただ、過去2回の5年サイクルはどちらも安値から安値となっています。前回の安値が2005年1月ですから、きっちり5年で来れば、次の安値は2010年1月ということになります。

 そこから見ても、少なくとも今年いっぱいぐらいは基本的には円高の期間だろうと見ているのです。そして、その先までは現段階ではハッキリしたことは言えませんが、先ほどお話しした2015年までドル高円安が続くのかもしれないと考えています」

■日米長期金利差拡大により一時的にドル高が進むか

 ここまで大きなドル/円の波動、サイクルを見てきた。今年年末から来年はじめぐらいまでは基本的に円高の期間という宮田さんの見解だが、実は短期的には円安へ戻していくかもしれないとのこと。

 「米国の長期金利は昨年末に2%すれすれのところまで急落しまして、そこから最近は上がってきました。下は米国長期金利のチャートですが、昨年末の急落で1986年からひっぱったサポートラインにちょうど到達した形になっているんですね」
米国長期金利の推移(クリックで拡大)

 「また、米国の長期金利の谷はほぼ5~6年サイクルでつけてきた経緯があります。ですから、このサイクルから見て米国の長期金利はこれから上昇していきやすいと考えています。

 一方、日本の長期金利のチャートは上昇してくる可能性が低いように思えます。となると、日米の長期金利差が拡大する方向に向かうと考えられ、そうすると、外債投資などが少し戻ってきてドル高円安に戻るかなと思えるのです」
GMOクリック証券[FXネオ]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ
トレーディングビュー記事 jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る