ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

バカラ村
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
陳満咲杜の「マーケットをズバリ裏読み」

原油高はニセモノ、米ドル高は本物。
マーケットは米ドルを買いたがっている!

2010年01月08日(金)18:39公開 (2010年01月08日(金)18:39更新)
陳満咲杜

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

■米ドル高でも、通貨によって高安マチマチなのは?

 2010年に入っても、為替相場のトレンドは、引き続き米ドル高となっている。ドルインデックスは77.00レベルで底堅さを見せており、なお、直近高値の更新をうかがっているようだ。

 一方、米ドル高は、対ユーロ、対円、対英ポンドといった通貨では顕著であるものの、対豪ドル、対NZドル、対加ドルでは、上昇傾向が一服しているように見える。
米ドルvs主要通貨 日足(クリック拡大)
(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル vs 世界の通貨 日足

 そもそも豪ドルやNZドルはドルインデックスを構成する通貨ではない

 そして、ユーロ、円、英ポンドの3つの通貨で、ドルインデックスのシェアの83%超を占めているということがある(加ドルはドルインデックスに含まれているが、そのシェアは小さい)。

 だから、豪ドルや加ドルの反発が米ドル全体のパフォーマンスにインパクトを与えていないのは、当然の結果と言えるだろう。

■原油高なのに、ユーロ/米ドルの上値が重い…

 さて、豪ドルや加ドルの切り返しは、一般的には、原油高とリンクしているように解釈されているようだ。1月6日(水)に、WTI原油は昨年来高値を更新しており、足元では、豪ドル高、加ドル高となっている。

 ところが、これまで、原油の値動きと関連性が高いと見られてきたユーロ/米ドルは、その「恩恵」が得られていないようだ

 この状況は、今後の相場の流れを占う上で、1つのポイントになりそうだ。
ユーロ/ドル&WTI原油(クリック拡大)
(出所:米国FXCM)

 上のチャートが示しているように、ユーロ/米ドルは長らく、WTI原油と相関性の高い値動きを示してきた。だが、最近はかい離した値動きを見せている。

米ドルの対極と位置づけられているユーロが軟調であるということは、米ドル高であることを意味する。

 その一方で、通常、原油高は米ドル安を意味する


 このどちらが「本物」なのか、興味深いテーマだ。

■米国の雇用統計の改善で、ユーロ売りが強まる!?

 このテーマについて、結論から申し上げると、筆者は第1四半期において、米ドル高が「本物」であると考えている。

 現在の原油高は、寒波が到来したなどの一時的な材料による投機的な側面が強く、今後はユーロ安に追随して、米ドル高を証明するかのように反落してくると見ている。
外為どっとコム
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ キャンペーンおすすめ10
jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る