ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

太田忠
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
FXトレーダー(FX投資家)の取引手法を公開!

FXデイトレーダーZEROさんに聞く(3)
レンジ抜けを確実に判断する方法はある?

2010年11月01日(月)11:31公開 (2010年11月01日(月)11:31更新)
ザイFX!編集部
「FXデイトレーダーZEROさんに聞く(2) 「魔の金曜日」とは何か?」からつづく)
 

 さて、ここまで結構引っ張ってきてしまったが、いよいよ「まずチャートありき」と語っているZEROさんにチャートとトレード手法のことを聞いていこう。

■レンジ相場には手を出さない

前回の記事に出てきたZEROさんの1番目のマイルールを覚えているだろうか? 黒板に書かれていたそれは「トレンド相場にのみ参加する!」だった「FXデイトレーダーZEROさんに聞く(2) 『魔の金曜日』とは何か?」参照)

 ZEROさんのトレードは基本に忠実なスタイル。トレンドが発生したらそれについていくやり方だという。となると、一定の範囲を行ったり来たりしている「レンジ相場」のときは手を出さないのだろうか?

 「以前はレンジ相場で逆バリのトレードをやっていたこともありますが、今はすべてトレンドに乗った順バリのトレードです。

レンジ相場の最中は手を出さず、レンジを抜けて動き出したらついていくんです」

 そのエントリーポイントだが、大きく分けると以下の2つのやり方があるそうだ。

 (1)レンジを抜けた瞬間(ブレイクアウト)を狙う
 (2)レンジを抜けたあと、押し目を確認してから買う(もしくは戻りを確認してから売る)


 ZEROさんはユーロ/米ドルの1時間足チャートで解説してくれた。
クリックで拡大
(出所:米国FXCM

 「ユーロ/米ドルは9月上旬から下がってきて、9月8日(水)~10日(金:日本時間では11日(土)早朝まで)は1.265ドル付近~1.275ドル付近のレンジ相場になっていました。ここを上に抜けるか、下に抜けるか注目だったんですね。

 すると、9月13日(月)に上に抜けてきました」

 ブレイクアウトだ。ここでZEROさんは買ったのか?

 「いえ、ここはトレードしていません。これは日本時間で月曜日の朝7~8時ごろ。月曜日はあまりやりませんし、そもそも東京時間はトレードしませんからね。

 ここでは『いよいよ上昇かな』と思うだけですね」

 前回の記事を覚えているだろうか? 曜日では金曜日とともに月曜日もZEROさんがトレードしない日に挙げられていた。また、欧州勢も米国勢も入ってこない東京時間もZEROさんはトレードしない。

 それもこれも「取引に厚みがない」からだ。日本時間の朝7~8時といえば、閑散としているであろうことは容易に想像がつく。

■日本時間夜のブレイクアウトを見逃すな!

 1.265~1.275ドルのレンジ相場を9月13日(月)に上抜けたユーロ/米ドルは上昇していくが、翌14日(火)にかけて1.283~1.290ドルあたりでまたもみ合っている。

 そして、14日(火)の22~23時に1.290ドルを一気に上抜けてきた(以下のチャートのC)。欧州市場、米国市場が開いている取引に厚みのある時間帯だ(以下のチャートは先ほどのチャートより全体の表示期間が少し後ろにずれたものとなっている)
クリックで拡大
(出所:米国FXCM

 「1.290ドルが節目というのは見えていましたね。上のチャートのAでは1回、1.290ドルの手前で跳ね返されています。チャートのBではいったん1.290ドル台に乗ったんですが、すぐに落ちてきています。

 二度トライしてダメだったものを三度目にトライしたのがこのCの地点です。ダメだったものをまたトライしているということは、ユーロ/ドルが買われている理由があるということですよ。

その理由を自分なりに経験則で判断して、納得いくだけの理由があれば、買いでエントリーするんです。

 この時はかなりのスピードで上抜けてきたので、すぐに買うのは怖かったんですが、それでも1.290ドルを抜けたあとがエントリーポイントだと言えました」

 ……とここまでZEROさんが語ったとき、記者の横から突如まくし立てるようにZEROさんに疑問をぶつける人が現れたのである。

■突如乱入した和田カメラマン!?

 「Bのところでもいったん1.290ドル抜けてるよね? ここで買っちゃダメなの? なんでダメなの? なんでここで買わないと判断できるの?」

 いても立ってもいられないとばかりに、ZEROさんへ食いついたのは取材に同行した和田佳久カメラマンだった。

 月刊マネー誌『ダイヤモンドZAi』、そして当サイト「ザイFX!」のカメラマンとして長らく活躍してきた和田さんは、写真を撮るだけなく、トレードキャリアもかなり長い。ただ、それはFXではなく、株なのだが…。
(出所:米国FXCM

 和田さんの勢いにややたじろぎながらも、ZEROさんはこう答えた。

 「上のチャートのAのところは1.289ドルぐらいで、Bのところは1.291ドルぐらいまで行きましたから、Bは前の高値を上抜けていると言えます。だからといって、高値を更新したら全部買うというのでは、エントリーポイントだらけになってしまう。それではダメなんです。

本当にそこを抜けて上昇するのか、すぐに反落してしまうのかという答えは実はチャート上にはありません。

 参加者が多くて取引に厚みはあるのか、どんなニュースが出たのか、抜けた時の勢いはどうだったかといったことを総合的に判断
して、本当に上に抜けてくるほどの理由があるのか検討するんです。

 この勢いだったらエントリーしてみて、上げていかないようだったら止めようとか、15分は待ってみようとか、そんな判断の繰り返しです。

 その際は過去に相場を見てきた経験も生きてきます。1年中、私はチャートを見ていますからね。

 ただ、それでも買ってみてから、失敗だったと撤退することも当然あります

 ZEROさんは「まずチャートありき」ではあるけれど、トレードではチャートだけでなく総合的な判断が必要だと説明する。だから、トレーダー全員が同じチャートを見ていても、同じ判断をするとは限らないということになる。

■それは“損切り貧乏”になりますよ

 ZEROさんの冷静な答えを聞いていた和田カメラマンだったが、彼はさらにこう質問したのだった。

 「チャートだけではダメで、総合的に判断するといっても、ボクのような一般人には無理。そうすると、チャートに従ってBのところで機械的に買って、ストップロスを入れておくのじゃダメなのかな?」

 それに答えるZEROさん。

 「それは確実に負けると思います。いわゆる“損切り貧乏”になるでしょう。それが通用するなら、世の中、お金持ちであふれてしまいます。

 そして、レンジを抜けていくかどうかの判断を100%確実にできる方法もありません。それがわかれば、やはり世の中、お金持ちであふれます。

 そんなことがあるのなら、みんなトレードでメシが食えるようになって、この世から働く人がいなくなってしまうと思いますよ」

「FXデイトレーダーZEROさんに聞く(4) レートボックスにお宝は隠されていた!」へつづく)

(取材・文/ザイFX!編集部・井口稔 特記以外は撮影/和田佳久)
【2022年5月最新版】

FX初心者におすすめのFX会社はココだ!

■少額から取引できる「最低取引単位が小さい、おすすめのFX会社」!

SBI FXトレード⇒詳細情報ページへ

最低
取引単位
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
1通貨 0.09銭
(1~1000通貨の場合。例外あり)
0.30銭
(1~1000通貨の場合。例外あり)
0.19pips
(1~1000通貨の場合。例外あり)
34ペア
【SBI FXトレードのおすすめポイント】
SBI FXトレードは、全34通貨ペアを「1通貨単位」で取引できるのが最大の特徴。1000通貨以下の注文量なら、スプレッドはFXの業界の中でもっとも狭いので、1000通貨以下の取引量がメインの投資家は絶対に持っておきたい口座だ。情報コンテンツやサポートツールも充実していて、オリコンの顧客満足度調査(FX取引・初心者部門)で3年連続の1位を獲得しているのも納得。ネット証券最大手のSBI証券と同じ、SBIホールディングス(東証一部上場)のFX専業会社なので、信頼性も抜群。
【SBI FXトレードの関連記事】
【SBI FXトレードの特徴やおすすめポイントを解説!】「1通貨単位」での少額取引が可能な数少ないFX会社で、主要通貨ペアの1~1000通貨取引のスプレッドは業界最狭水準!
「SBI FXトレード」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼SBI FXトレード▼
詳細はこちら(公式サイトへ)
SBI FXトレードの公式サイト

MATSUI FX(松井証券)⇒詳細情報ページへ

最低
取引単位
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
1通貨 0.2~
1.6銭
0.5銭
原則固定
0.4pips
原則固定
20ペア
【MATSUI FX(松井証券)のおすすめポイント】
「MATSUI FX」は、全20通貨ペアの最低取引単位が「1通貨」なので、究極の少額取引が可能。主要通貨ペアのスプレッドは業界最狭水準で、取引コストも抑えられる。夕方以降の為替相場の見通しを動画で解説する「FXイブニングニュース」、経済指標の結果や為替レートの急変、売買シグナルの通知をLINEの公式アカウントから受け取れるサービスも魅力。レバレッジを4種類(25倍・10倍・5倍・1倍)のコースから選択できるなど、FX初心者も安心して取引できる環境が整っている。
【MATSUI FX(松井証券)の関連記事】
【MATSUI FX(松井証券)の特徴やおすすめポイントを解説!】「1通貨単位」の取引が可能で、スプレッドも業界最狭水準。大手証券のサービスで安心感もあり、FX初心者におすすめ!
「MATSUI FX(松井証券)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼MATSUI FX(松井証券)▼
詳細はこちら(公式サイトへ)
MATSUI FX(松井証券)の公式サイト

パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)⇒詳細情報ページへ

最低
取引単位
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
100通貨 0.0銭
原則固定
(ただし、取引数量に
よって変化)
0.0銭
原則固定
(ただし、取引数量に
よって変化)
~5/14までのキャンペーン
0.1pips
原則固定
(ただし、取引数量に
よって変化)
~5/14までのキャンペーン
18ペア
【パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)のおすすめポイント】
「パートナーズFX nano」は、主要通貨ペアのスプレッドが非常に狭く、取り扱うすべての通貨ペアを「100通貨」単位で取引できるのが最大の特徴。米ドル/円は3万通貨までの取引量ならスプレッドが「0.0銭原則固定」なので、コストがまったくかからず取引できるという特徴もある。チャートを見ながらワンクリックで注文が出せる「クイック発注ボード」や、高機能ながら操作がわかりやすい取引ツールも魅力。初めてのFX口座としてもおすすめ。
【パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)の関連記事】
【パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)の特徴やおすすめポイントを解説!】「100通貨単位」の少額取引が可能なFX初心者におすすめのFX会社! スプレッドも業界最狭水準、東証1部上場企業の安心感も魅力!
「パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)▼
詳細はこちら(公式サイトへ)
パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)の公式サイト

■スプレッドが狭くて「取引コストが安い、おすすめのFX会社」!

 米ドル/円

SBI FXトレード⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.09銭
(1~1000通貨の場合。例外あり)
0.30銭
(1~1000通貨の場合。例外あり)
0.19pips
(1~1000通貨の場合。例外あり)
34ペア 1通貨
【SBI FXトレードのおすすめポイント】
SBI FXトレードは、全34通貨ペアを「1通貨単位」で取引できるのが最大の特徴。1000通貨以下の注文量なら、スプレッドはFXの業界の中でもっとも狭いので、1000通貨以下の取引量がメインの投資家は絶対に持っておきたい口座だ。情報コンテンツやサポートツールも充実していて、オリコンの顧客満足度調査(FX取引・初心者部門)で3年連続の1位を獲得しているのも納得。ネット証券最大手のSBI証券と同じ、SBIホールディングス(東証一部上場)のFX専業会社なので、信頼性も抜群。
【SBI FXトレードの関連記事】
【SBI FXトレードの特徴やおすすめポイントを解説!】「1通貨単位」での少額取引が可能な数少ないFX会社で、主要通貨ペアの1~1000通貨取引のスプレッドは業界最狭水準!
「SBI FXトレード」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼SBI FXトレード▼
詳細はこちら(公式サイトへ)
SBI FXトレードの公式サイト

FXネオ(GMOクリック証券)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2銭
原則固定
0.5銭
原則固定
0.4pips
原則固定
20ペア 1万通貨
(※南アランド/円など2通貨ペアは10万通貨)
【FXネオ(GMOクリック証券)のおすすめポイント】
「FXネオ」は、2020年と2021年のFX年間取引高が世界第1位、日本国内では2012年から10年連続で第1位(※)と、まさにFX業界を代表する口座。主要通貨ペアのスプレッドは業界最狭水準で、多くのFX投資家から高い評価を得ている高機能な取引ツールも人気の理由だ。東証一部上場企業・GMOインターネット株式会社のグループ会社という、高い信頼性と安心感もポイント。(※ともにファイナンス・マグネイト社調べ)
【FXネオ(GMOクリック証券)の関連記事】
「FXネオ(GMOクリック証券)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼FXネオ(GMOクリック証券)▼
詳細はこちら(公式サイトへ)
FXネオ(GMOクリック証券)の公式サイト

LINE FX(LINE証券)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2銭
原則固定
(例外あり)
(9-27時)
0.3銭
原則固定
(例外あり)
(9-27時)
~7/2までのキャンペーン
0.3pips
原則固定
(例外あり)
(9-27時)
~7/2までのキャンペーン
23ペア 1000通貨
【LINE FX(LINE証券)のおすすめポイント】
「LINE FX」は、全23通貨ペアを「1000通貨」単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できるのが最大の魅力。LINEアカウントとの連携で為替レートの急変や重要経済指標の結果などが即時に届く情報提供サービス、AIチャットを使った問い合わせサポートなどもFX初心者には嬉しいポイント。パソコンからの取引も可能だが、スマホ取引を徹底的に意識したサービス内容なので、スマホを使った取引をメインに考えている人におすすめ
【LINE FX(LINE証券)の関連記事】
【LINE FX(LINE証券)の特徴やおすすめポイントを解説!】「LINE」と連携した情報収集&スマホ取引が便利なうえ、スプレッドは業界最狭水準でFX初心者におすすめのFX口座!
「LINE FX(LINE証券)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼LINE FX(LINE証券)▼
詳細はこちら(公式サイトへ)
LINE FX(LINE証券)の公式サイト
 ユーロ/米ドル

LION FX(ヒロセ通商)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2~
1.9銭
0.4~
4.4銭
0.3pips
原則固定
~5/28までのキャンペーン
51ペア 1000通貨
(※ノルウェークローネ/円など5通貨ペアは1万通貨、ハンガリーフォリント/円は10万通貨)
【LION FX(ヒロセ通商)のおすすめポイント】
「LION FX」は、最低取引単位が「1000通貨」、業界最狭水準のスプレッドに51種類の豊富な通貨ペアと、高いスペックで初心者にもやさしい口座。27種類の多彩な注文方法、取引環境に応じて選べる豊富な取引ツール、FX業界ではおなじみの趣向を凝らしたグルメキャンペーン、過去の取引からトレーダーのクセを分析して視覚化してくれる機能など、充実したサービスも人気の理由だ。JASDAQの上場企業で、国際的な社会貢献活動にも力を入れている。
【LION FX(ヒロセ通商)の関連記事】
【LION FX(ヒロセ通商)の特徴やおすすめポイントを解説!】業界最狭水準のスプレッド、51種類の豊富な通貨ペアに加えてグルメキャンペーンも充実していて、総合力はトップクラス!
「LION FX(ヒロセ通商)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼LION FX(ヒロセ通商)▼
詳細はこちら(公式サイトへ)
LION FX(ヒロセ通商)の公式サイト

MATRIX TRADER(JFX)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2~
1.9銭
0.4~
4.4銭
0.3pips
原則固定
(9-27時)
~5/28までのキャンペーン
38ペア 1000通貨
(※ノルウェークローネ/円など4通貨ペアは1万通貨)
【MATRIX TRADER(JFX)のおすすめポイント】
「MATRIX TRADER」は、最低取引単位が「1000通貨」、業界最狭水準のスプレッド、新興国通貨のスワップポイントの高さで人気の口座。約定力が高く、スキャルピングや連打注文を容認するほどの優れた取引環境もポイント。ツイッターのフォロワー数が10万人を突破した、元為替ディーラー・小林芳彦社長の配信する短期売買方針は当たると評判。ロイターの経済指標速報がほぼリアルタイムで配信されるなど、情報サービス面の充実ぶりもFX初心者には心強い。ヒロセ通商の完全子会社で、グルメキャンペーンも充実している。
【MATRIX TRADER(JFX)の関連記事】
【MATRIX TRADER(JFX)の特徴やおすすめポイントを解説!】「狭いスプレッド」と「高い約定力」で、超短期売買も可能! FX初心者にも役立つ「会員限定コンテンツ」も充実のFX会社!
「MATRIX TRADER(JFX)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼MATRIX TRADER(JFX)▼
詳細はこちら(公式サイトへ)
MATRIX TRADER(JFX)の公式サイト

外貨ネクストネオ(外為どっとコム)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
非公開 0.4銭
原則固定
(例外あり)
(9-27時)
~6/4までのキャンペーン
0.3pips
原則固定
(例外あり)
(9-27時)
~6/4までのキャンペーン
30ペア 1000通貨
(※ロシアルーブル/円は1万通貨)
【外貨ネクストネオ(外為どっとコム)のおすすめポイント】
「外貨ネクストネオ」は、最低取引単位が「1000通貨」、主要通貨ペアを業界トップ水準のスプレッドで取引できるのが魅力。速報系のマーケットニュースや、オリジナルの学習コンテンツが豊富なので、FXの情報を収集するために作っておいて損はない口座だ。「外貨ネクストネオ」で取引している投資家の注文状況がわかる「外為注文情報」、ポジションを決済せずにスワップポイントを引き出せる機能など、便利なサービスも充実している。
【外貨ネクストネオ(外為どっとコム)の関連記事】
「外貨ネクストネオ(外為どっとコム)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼外貨ネクストネオ(外為どっとコム)▼
詳細はこちら(公式サイトへ)
外貨ネクストネオ(外為どっとコム)の公式サイト

※本コンテンツの調査対象は法人口座ではなく、すべて個人口座となっています。
※サービス内容は当社が独自に調査したものです。正確な情報を提供するよう努めておりますが、詳細は各FX会社にお問い合わせください。

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
【全41口座徹底調査】スプレッドやスワップポイントがお得なFX会社は? FX会社比較!
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較!
FX会社のiPhone対応を徹底比較!
システムトレード(シストレ)口座を徹底比較!
NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!
メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底比較!
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーン比較 JFX[MATRIX TRADER] 外為どっとコム[外貨ネクストネオ]
キャンペーン比較 JFX[MATRIX TRADER] 外為どっとコム[外貨ネクストネオ]
世界の為替チャート

ビットコイン/円-82198.003660000.00

XBTJPY

ビットコイン/米ドル-549.700028637.2000

XBTUSD

ビットコイン/ユーロ-520.200026691.3000

XBTEUR
Powered by kraken
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る