ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

予想よりもタカ派だったFOMC議事録、
3月利上げも織り込み始めドル円の底も確り

2022年01月06日(木)15:38公開 (2022年01月06日(木)15:38更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 昨日のFOMC議事録では、内容がよりタカ派であることがわかった。そもそも3月までにテイパリングを終了させることや、6月からの利上げはすでに織り込んでしまっている。だからこれ以上のホーキッシュな意見は出てこないものと思われていた。そこへ出てきたのが資産圧縮である。

 すでにFEDは債券購入などで、大きな金融資産を保有している。買い増しを止めようというのがテイパリングだが、既存の資産も売却してバランスシートを縮小させようというのだ。いずれはそういう時期も来るとは考えられていたが、それは短期金利も2.5%を越えてきて正常化が図られて以降のことだと思われていた。つまり資産縮小はあっても2024年内でも間に合うかどうかということだったのだ。

 それが前回のFOMCでは幾人かのメンバーによって提言されたというのだ。確かに前回のテイパリングのときと違って、今回は足下の物価高がインフレ懸念を喚起している。資源国であるはずのカザフスタンでは物価高によって暴動まで起こっている。消費国での物価高による打撃は未然に防がねばならないと見る専門家も出てきそうな環境だ。

 それを受けてマーケットは素直に反応した。ドル金利は上昇し、短期金利は3月利上げまでをも織り込み始めた。10年ものの利回りも1.70%台まで上昇してきて、昨年来の高水準をうかがっている。米国株は急落を余儀なくされ、大幅下落を強いられている。

 ドル円は欧州時間に115円台のミドルまで修正が進んで板のだが、議事録の公開後はドル金利の明確な上昇とともにドル高へシフト。ドル円は再び116円台にしっかりと乗せてきた。これはドルのタイトニングに関する新規の材料でもあったので、ドル買いに拍車がかかるのはやむをえないことでもある。結果的に派意識されていたサポートである115.52が下回れなかったこともあり、去年の高値が今年の安値となってワークするというネックラインの状態になってしまっている。


日本時間 15時30分

外為どっとコム
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事
キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る