ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

利上げ見通し大幅後退だがユーロドル下落、
原油騰勢のなかパウエル証言に身構える

2022年03月02日(水)15:19公開 (2022年03月02日(水)15:19更新)
持田有紀子

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

 昨日はアジア時間で大いにリスクテークが進んだ。日経先物も2万7千円台を回復するなど、激しい買い戻しが起こった。ドル円も115円台でステーブル。市場の観測では、ウクライナ情勢もこれで最悪期は脱したとの見方が大勢を占めた。

 しかし欧州時間にシフトすると、ウクライナのテレビ局が砲撃を受けている様子なども伝わり、停戦までにはほど遠い現実を見せつけられることとなった。欧州株や米国株は反転して下落。原油価格も100ドル台に乗せてきた。完全なリスク回避モードに移行したのである。

 ニューヨーク時間では一層のリスク回避が進んで、原油相場が106ドル台まで高騰した。ドル円はそれほども動かなかったがユーロドルの下げ方がきつく、結果としてユーロ円が127.30辺りまで大幅に値を下げた。

 日経先物も26325円まで安値を拡げて、米国株も一段安。ドルの短期金利は年内7回まで利上げを織り込んでいたのに、5回分までの利上げまでしか織り込まなくなってしまった。 

 今日は大統領の一般教書演説があったが、内容は想定の範囲内ということでマーケットでは無反応だった。ロシアに対して激しいこととでも言えばいいのに、それもなかった。このままだと対中国においても舐められことになるかもしれない。

 それよりも今晩にあるパウエル議長の議会スピーチのほうが重要である。すでに金利上昇分がかなり下がってきているとは言え、やはり3月FOMCを控えて金融当局としてどのような態度に出るのかが見ものだ。

 地政学的リスクは高まっているが、インフレ状況は悪化しているからである。50ベーシスを上げられれば市場は当面は満足するのだろうが。しかしロシアの動向がわからない。何もしないで見送るという選択肢もある。発言から何かを拾いたいものと誰もが身構えている。


日本時間 15時00分

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定5000円&オリジナルレポート

JFX[MATRIX TRADER]

新規口座開設+1万通貨以上取引でもれなく限定5000円&オリジナルレポート!

link

現金がもらえる!

外為どっとコム[外貨ネクストネオ]

無料オンラインセミナーは初心者に人気!口座開設者向けキャンペーンも充実!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る