ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

太田忠
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

1年分の値幅を1か月でやっているドル円、
パウエル議長はじめ総裁たちの発言に注意!

2022年04月21日(木)15:56公開 (2022年04月21日(木)15:56更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 昨日も早朝のセッションで円安が進んだ。もうパターンのようになっているようだ。同じ買うならばニューヨーククローズまでに買っても良さそうなものだが、どうもバリューデイトが変わってからでないと買い進まないようだ。ドル円は129.40あたりまで上がってしまい、実に3月の初旬につけた114円台からは15円幅の値上がりとなった。すでに去年1年間の変動値幅を超えている。

 しかしその後は大きな調整が入った。2円近くの下落を余儀なくされたのだ。もちろん買いすぎという側面もある、ドル円ロングの短期的な積み上がりの投げも出ようというものだ。日米の金融政策の違いが明確になっているとは言え、夜中にワシントンでのG20財務相会談もある。

 そこでは何も決まらないと考えながらも、日米の財務当局者が顔を合わせるのだ。そこで最近の円安について何か言及するかもしれないリスクもある。それゆえ一時的にポジションを外しておこうという意欲も旺盛となったものと思われる。

 私も朝から129円台で喜んで高いところを買って攻めていたのだが、仲値決めを待たずに損切りがついて撤退させられた。128円台は手を出さずに、127円台に突入してから売りに転じたのだ。いかにも遅い出足となったが、仕方がない。戻り売りを何回かしているうちに、何とかそれまでのロスを取り戻すこともできた。しかしニューヨーク時間ではさらなる深押しというところまでは行かなかった。

 今日はG20のついでのパウエル議長とラガルド総裁の記者会見がある。FOMC前に米ドル金利の意向をうかがい最後のチャンスとなる。すでにマーケットでは次の5月会合で50ベーシスの利上げ分を織り込んでしまっているので、かなり激しい言い方でインフレ警戒を示さないとサプライズとはならない。6月会合では75ベーシスの利上げも予想されるなか、注意を払っておく必要はあろう。


日本時間 15時00分

おすすめFX会社
link

人気の1000通貨自動売買『iサイクル注文』

外為オンライン

特別に3000円と書籍『月刊マネー誌ザイが作った「FX」入門改訂版』プレゼント!

link

使いやすい取引環境の【LIGHT FX】

トレイダーズ証券[LIGHT FX]

ザイFX!限定で3000円がもらえるおトクな口座開設キャンペーン実施中!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る