ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

5月の米国株の足型が気になる最終週、
為替相場は動きなく様子見が強まるか

2022年05月30日(月)15:25公開 (2022年05月30日(月)15:25更新)
持田有紀子

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

 米国株はウィークリー・ロスを続けていたものが戦前の大不況以来だと言うことだったので、週の終わりがどうなるのかに関心が集まった。しかし週央からは株の買い戻しも強まってきたので、週足で陰線を形成する見込みが少なくなってきた。

 底打ちを先取りする形で、先週の金曜日の米国株は大幅高を演じることとなった。もちろんあくまでテクニカルな話しなので、ここで株価の底を打ったのかどうかは不明なのではあるが。

 次に気になるのは、5月の月足である。セル・イン・メイの通りになるのかどうかだ。米国株の代表であるS&P先物は先週の終値の段階で、すでに陽線ゾーンにまで値を戻してきている。5月に安いところをやったと言うことで、当面の達成感は得られることにつながる。つまり6月からのサマーラリーの好材料にされるかもしれないということだ。

 肝心の為替相場はあまり動かなかった。ドル円もユーロドルも100ポイントの動きは出ず。私もいったんはユーロドルをショートにしてみたのだが、あまりの動かなさにポジションキープを断念l。ニューヨーク市場での参加者が少ないというのもわかっていたはずなのに、無駄な時間を過ごしてしまった。

 今週は週の後半にイベントが多い。逆に言うと、それまでは様子見姿勢が強まる。ドル金利に関する発言で一喜一憂する局面が続くのではないか。少しずつユーロドルのショートを作っておきたいところなのだが。


日本時間 15時00分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事 キャンペーンおすすめ10
トレーディングビュー記事 jfx記事 キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る