ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ドルは高値更新となったがNY勢も不在で静か、
バイデン中東訪問での増産分を削ったOPECプラス

2022年09月06日(火)15:13公開 (2022年09月06日(火)15:13更新)
持田有紀子

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で4000円もらえる

 昨日はアメリカが休みだったので、マーケットの動きは乏しかった。しかし先週末に今年の最高値を更新したドル円に続いて、ユーロにもポンドに対しても、ドルは今年の最高値を更新してきた。値幅はそれほどでもないのに、ユーロドルの0.98台とかを見ると、とてもフレッシュな感じがする。

 確かにこれだけを眺めると、すごくドル高が進んだようにも見えるのだ。しかし本格的なドル高の行方はアメリカ勢が戻ってくる今日からのマーケットに委ねられることになる。

 イギリスの新首相がトラス外相に決まった。これは下馬評通りである。市民の懸念がインフレ対策になっているので、現財務大臣では言えることも限られ、それがトラス氏に有利に働いたものと見える。したがって本当のインフレ対策が打てるのかどうかは、これからの政治手腕によるものとなる。

 しかし当選を決定的にしたのは、前首相のジョンソンを支持するのか非難するのかであった。外相のほうはジョンソンを支持し、財務相のほうは非難した。トランプ大統領がいくら非難されても強力な支持者が付いているのと同様に、ジョンソンファンも多いのだ。その票をとりまとめるのに成功したともいえよう。

 またOPECプラスの会合では、再び10万BPDの減産が決定された。これではバイデン大統領がリベラル派から文句を言われながらもサウジを訪問したときに勝ち取った増産分がすべて水疱に帰したことになる。アメリカの国家としても面目を逸したわけだ。ノルドストリームも止まっているし、休み明けのエネルギー相場が気にかかるところでもある。


日本時間 15時00分

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定で5000円!

セントラル短資FX[FXダイレクトプラス]

マーケット情報充実!今ならザイFX!限定5000円がもらえるキャンペーン中!

link

使いやすい取引環境の【LIGHT FX】

トレイダーズ証券[LIGHT FX]

ザイFX!限定で3000円がもらえるおトクな口座開設キャンペーン実施中!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る