ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩力男_グローバルFXトレード
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
陳満咲杜の「マーケットをズバリ裏読み」

クロス円に上放れのサインが点灯! 米ドル/円も、
従来の想定より一段と上値が拡大する可能性! 買い
ポジションを、仕掛けやすいタイミングに恵まれるか

2023年02月24日(金)12:01公開 (2023年02月24日(金)12:01更新)
陳満咲杜

史上最高値更新! 一時4万2000円台に乗せた「日経平均」や「NYダウ」、「金」を少額から取引できる【CFD口座】を比較!

米ドル/円もクロス円も上値指向!ユーロ/円は145.85円への戻りは必至

 米長期金利(米10年物国債利回り)が上昇しているなか、米ドル/円もクロス円(米ドル以外の通貨と円との通貨ペア)も上値指向を強めている。主要クロス円の方が、揃って上放れのサインを点灯しているから、点検しておきたい。

 まず、ユーロ/円を見てみよう。下の図に示したように、ユーロ/円は重要なレジスタンスゾーンを突破しており、またその上に定着する公算が大きい。

ユーロ/円 日足
ユーロ/円 日足チャート

(出所:TradingView

 上の図に1番~5番まで番号を付けているが、5番は上放れのタイミングを記している。1番は元の重要サポートゾーンで、同じ水準にて2~4番までのレジスタンスと合致していた。換言すれば、大分、鍛錬されてきた分、上放れ自体が本物とみなせる。

 もっとも、2022年12月20日(火)の大陰線(上図の矢印)の形成自体がかなりサプライズであった。言うまでもないが、当日いわゆる「黒田緩和修正ショック」があったから、仕方がないと言えばそれまでだが、底割れのリスクが強く意識された時点でもあった。換言すれば、円高トレンドへ転換していくリスクさえあったわけで、目下、観察される上放れのサインがいかに大事かと、改めて認識させられる。

 そうなると、これからスピードの問題があるものの、基本的には2022年12月20日(火)高値145.85円への戻りは必至、また同高値の更新をもって元の基調へ戻っていくだろう。

 繰り返しとなるが、昨年(2022年)12月20日(火)の「黒田緩和修正ショック」はサプライズであった。同サプライズなしでは、本来137円台前半への突っ込みはなかったはずで、元の基調へ戻っていくことは強気変動への戻りを意味する。約2カ月もかかった底値鍛錬があっただけに、ロング筋にとって仕掛けしやすいタイミングに恵まれると思う。

英ポンド/円は早晩167.06円を超えるか

 同じ理屈で見るなら、英ポンド/円も底値鍛錬のレンジから上放れを果たしたと思う。

 2023年2月21日(火)の大陽線は、新たな変動レンジ入りを示唆している。

英ポンド/円 日足
英ポンド/円 日足チャート

(出所:TradingView

 また、約2カ月も安値圏でのレンジを形成してきただけに、今回の上放れを本物とみなし、早晩、昨年(2022年)12月20日(火)の大陰線(矢印)を否定(すなわち同日高値を再更新)するだろう

同日高値は167.06円とかなり離れているように見えるが、底打ちが本物なら、同高値の再更新は必至とみなす。英ポンドであるだけに、想定より早く達成される可能性がある。

豪ドル/円もロングスタンスで臨むべき

 ユーロ/円も英ポンド/円も、昨年(2022年)12月の「黒田緩和修正ショック」後の安値をもう1回割り込んで、新たな安値を形成してから底打ちしたが、豪ドル/円は違っていた。大分、安値圏での波乱があったものの、昨年(2022年)12月20日(火)の安値(下図の矢印)を割らずに、同日高値を早くも2023年1月末にて更新した。

豪ドル/円 日足
豪ドル/円 日足チャート

(出所:TradingView

 これは構造上の強みであり、また優位性であるが、目先、十分効いているとは言い切れない。しかし、だからこそ、これから豪ドル/円の上昇余地が実に大きいのではないかと思う。

 もう1つ大事な視点として、豪ドル/円は「黒田緩和ショック」前まで日足では「三尊天井(※)」のようなフォーメーションを形成していた。
(※編集部注:「三尊天井」=「三尊型」。「三尊型」はチャートのパターンの1つで、天井を示す典型的な形とされている。仏像が3体並んでいるように見えるために「三尊型」と呼ばれていて、人の頭と両肩に見立てて「ヘッド&ショルダー」と呼ぶこともある)

豪ドル/円 日足
豪ドル/円 日足チャート

(出所:TradingView

 2022年12月20日(火)のサプライズで重要なサポートゾーンを一気に下放れし、同フォーメーションを成立させたように見えたが、結果的に再度の安値更新なしで戻ってきたので、下放れ自体が「ダマシ」であることを示唆。

 実際、前述のフォーメーションが成立する場合は、83、84円台へ下値余地を拡大する可能性が大きかった。

 しかし、87円の節目を守り、また再度元サポートゾーンの上に浮上してきたから、元の基調へ復帰してくる公算が大きい。

 この場合は前述の「三尊型」の見方で測ると、まず95円台(三尊型はヘッド&ショルダーズとも言われるが、いわゆるショルダーと見なされる位置)への戻りを推測できる。いずれにせよ、上値指向が強く、ロングスタンスで臨むべきだと思う。

 クロス円の上値余地が大きい、という観測が正しければ、米ドル/円の上昇なしではありえない。となると、従来の想定より米ドル/円の上値が一段と拡大される可能性がある。このあたりの話は、また次回、市況はいかに。

2023年2月23日(木) 23:00執筆

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定5000円&オリジナルレポート

JFX[MATRIX TRADER]

新規口座開設+1万通貨以上取引でもれなく限定5000円&オリジナルレポート!

link

現金がもらえる!

外為どっとコム[外貨ネクストネオ]

無料オンラインセミナーは初心者に人気!口座開設者向けキャンペーンも充実!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
メキシコペソ比較 バイナリーオプション比較 キャンペーンおすすめ10
メキシコペソ比較 バイナリーオプション比較 キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る