ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒

DMM.com証券[DMM FX]ではザイFX!限定4,000円が1取引でもらえる!

バックナンバー

【2020年1月】ユーロ/米ドルのスワップ
ポイントを全39口座で比較・ランキング

2020年02月21日(金)東京時間 14:40

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

■ユーロ/米ドルのスワップポイントは意外と大きい

 FXでは、ポジションを翌営業日へ持ち越すと日々、スワップポイント(スワップ金利)の受け取りや支払いが発生します。一般的にスワップポイントは、通貨間の金利差が大きいほど、受け取る金額も支払う金額も大きくなる傾向にあります。

【FX初心者のための基礎知識入門】
スワップポイントとは
スワップポイントはいつもらえる?

 金利水準が極めて低い日本円を売って、外貨を買う方向に買いポジションを保有すると、多くの通貨ペアでスワップポイントを受け取ることができるのは、ご存知の方も多いと思います。

 ただ、近年はユーロ圏もマイナス金利政策を取っており、ユーロを売って得られるスワップポイントもかなり多くなってきました。

 ユーロ/米ドルは外国為替で世界一、取引されている通貨ペアですが、現在、ユーロ/米ドルのポジションを保有すると、売りで受け取り、買いで支払いのスワップポイントが発生します。そして、ユーロの金利水準が日本円よりも低く、米ドルの金利水準が先進国通貨の中では高いので、意外とそのスワップポイントの金額が大きいのです。

 さらに、比較をしてみると、ユーロ/米ドルのスワップポイントは、受け取りと支払いの両方で、FX口座によって金額にかなりの開きがあり、同じFX口座の中での受け取る金額と支払う金額の差も、FX口座によってかなり違います。

 以下は今年、2020年の年明けから2月20日(木)までのユーロ/米ドルの日足チャートですが、ユーロ/米ドルは今年の取引開始日となる1月2日(木)の水準が高値となって、足元まで下落が続いています。

ユーロ/米ドル 日足(2020年1月2日~2月20日)
ユーロ/米ドル 日足チャート(2020年1月2日~2月20日)

(出所:TradingView

 つまり、ユーロ/米ドルの売りポジションを年初から持ち続けていれば、為替レートの変動による利益と、意外と大きなスワップポイントの受け取り利益の両方を得られているのです。

 このような状況からも、スキャルピングデイトレードのように、ポジションを翌営業日へ持ち越さないトレードスタイルでは関係はありませんが、ユーロ/米ドルをスイングトレード以上のトレードスタイルで取引するなら、FX口座によるスワップポイントの違いは意識しておいた方が良いのではないかと思います。

【FX初心者のための基礎知識入門】
スキャルピング
デイトレード
スイングトレード

 そこで、ザイFX!に掲載があり、各社のスワップカレンダーや取引ツールで2020年1月の実績値が確認できた39口座の、ユーロ/米ドルのスワップポイントを今回は徹底調査しました。ユーロ/米ドルの売りポジション保有で受け取るスワップポイントの金額、買いポジション保有で支払うスワップポイントの金額、そして、受け取る金額と支払う金額の差を比較して、ランキング形式で一覧にしました。

【目次】(知りたい項目をクリック!)
 【2020年1月】ユーロ/米ドルの売りで受け取るスワップポイントを比較・ランキング
【2020年1月】ユーロ/米ドルの買いで支払うスワップポイントを比較・ランキング
【2020年1月】ユーロ/米ドルの売りスワップポイントと買いスワップポイントの金額差を比較・ランキング
まとめ

※当記事内のスワップポイントの金額に関する注意事項はこちらをご覧ください
※ランキングの作成方法や内容に関する注意事項はこちらをご覧ください

■【2020年1月】ユーロ/米ドルの売りで受け取るスワップポイントを比較・ランキング

ユーロ/米ドルでは売りのポジションを保有し続けることで、日々、スワップポイントの受け取りが発生します。長い目で売りポジションを保有する予定があるなら、受け取るスワップポイントの金額が他と比べてなるべく高いFX口座を選んだ方が有利になるでしょう。

 以下は、調査した39口座を比較して、2020年1月の1カ月間を通じて、ユーロ/米ドル1万通貨の売りポジションを保有し続けたときに、受け取るスワップポイントの1日あたりの平均金額が高かった順に、ランキング形式で並べた表です。

【2020年1月】ユーロ/米ドルの売りで受け取るスワップポイントの金額ランキング
FX会社[サービス名] ユーロ/米ドル
売りスワップポイント
(円)
くりっく365 74.06円※参考
アイネット証券[ループイフダン] 72.16円
アイネット証券[アイネットFX] 72.16円
セントラル短資FX[FXダイレクトプラス] 69.20円
セントラル短資FX[セントラルミラートレーダー] 69.20円
外為オンライン[外為オンラインFX] 65.78円
ひまわり証券[ループ・イフダン口座] 65.78円
ひまわり証券 [レギュラー口座] 65.78円
ライブスター証券[ライブスターFX] 65.78円
FXプライム byGMO[選べる外貨] 65.38円※参考
FXプライム byGMO[ちょいトレFX] 65.38円※参考
GMOあおぞらネット銀行[GMOあおぞらFX] 65.38円※参考
トレイダーズ証券[みんなのFX] 65.23円
トレイダーズ証券[LIGHT FX] 65.23円
SBI FXトレード 64.83円
IG証券[標準] 64.43円
IG証券[大口] 64.43円
マネーパートナーズ[パートナーズFX nano] 62.87円※参考
GMOクリック証券[FXネオ] 61.27円
FXブロードネット[ブロードライトコース] 60.30円
FXブロードネット[ブロードコース] 60.30円
DMM.com証券[DMM FX] 59.60円
外為ジャパンFX 59.60円
YJFX![外貨ex] 59.03円
外為どっとコム[外貨ネクストネオ] 58.23円
新生銀行[新生銀行FX] 57.95円※参考
楽天証券[楽天FX] 57.95円※参考
楽天証券[楽天MT4] 57.95円※参考
マネックス証券[FX PLUS] 49.20円※参考
インヴァスト証券[トライオートFX] 43.74円※参考
サクソバンク証券[スタンダードコース] 40.77円
サクソバンク証券[アクティブトレーダーコース] 40.77円
マネーパートナーズ[パートナーズFX] 32.80円※参考
インヴァスト証券[シストレ24] 30.24円※参考
マネースクエア[マネースクエアFX] 28.00円
ゴールデンウェイ・ジャパン[FXTF MT4] 25.99円
ヒロセ通商[LION FX] 21.87円
JFX[MATRIX TRADER] 21.87円
岡三オンライン証券[岡三アクティブFX] 21.87円

※ランキングに関する注意事項はこちら

ザイFX!に掲載があり、実績値を確認できた全39口座の中で、2020年1月にユーロ/米ドルの売りポジション保有で受け取るスワップポイントの金額が有利だったFX口座は、1日あたりの平均金額が74.06円のくりっく365だったと推測される結果になりました。

 そして、比較をした結果、ユーロ/米ドルの売りポジション保有で受け取るスワップポイントは、多いFX口座と少ないFX口座で、実に3倍以上も金額に違いがあることもわかります。

■【2020年1月】ユーロ/米ドルの買いで支払うスワップポイントを比較・ランキング

ユーロ/米ドルでは買いのポジションを保有し続けることで、日々、スワップポイントの支払いが発生します。長い目で買いポジションを保有する予定があるなら、支払うスワップポイントの金額が他と比べて少ないFX口座を選んだ方が有利になるでしょう。

 以下は、調査した39口座を比較して、2020年1月の1カ月間を通じて、ユーロ/米ドル1万通貨の買いポジションを保有し続けたときに、支払うスワップポイントの1日あたりの平均金額が少なかった順に、ランキング形式で並べた表です。

【2020年1月】ユーロ/米ドルの買いで支払うスワップポイントの金額ランキング
FX会社[サービス名] ユーロ/米ドル
買いスワップポイント
(円)
DMM.com証券[DMM FX] -62.60円
外為ジャパンFX -62.60円
GMOクリック証券[FXネオ] -64.27円
トレイダーズ証券[みんなのFX] -65.93円
トレイダーズ証券[LIGHT FX] -65.93円
マネースクエア[マネースクエアFX] -67.24円
SBI FXトレード -69.83円
くりっく365 -71.53円※参考
FXプライム byGMO[選べる外貨] -71.92円※参考
FXプライム byGMO[ちょいトレFX] -71.92円※参考
GMOあおぞらネット銀行[GMOあおぞらFX] -71.92円※参考
YJFX![外貨ex] -74.03円
セントラル短資FX[FXダイレクトプラス] -79.83円
セントラル短資FX[セントラルミラートレーダー] -79.83円
IG証券[標準] -81.37円
IG証券[大口] -81.37円
マネーパートナーズ[パートナーズFX nano] -87.14円※参考
マネックス証券[FX PLUS] -89.87円※参考
外為どっとコム[外貨ネクストネオ] -91.07円
アイネット証券[ループイフダン] -94.53円
アイネット証券[アイネットFX] -94.53円
外為オンライン[外為オンラインFX] -99.84円
ひまわり証券[ループ・イフダン口座] -99.84円
ひまわり証券 [レギュラー口座] -99.84円
ライブスター証券[ライブスターFX] -99.84円
FXブロードネット[ブロードライトコース] -99.87円
FXブロードネット[ブロードコース] -99.87円
サクソバンク証券[スタンダードコース] -103.58円
サクソバンク証券[アクティブトレーダーコース] -103.58円
ゴールデンウェイ・ジャパン[FXTF MT4] -111.82円
インヴァスト証券[トライオートFX] -116.30円※参考
新生銀行[新生銀行FX] -119.47円※参考
楽天証券[楽天FX] -119.47円※参考
楽天証券[楽天MT4] -119.47円※参考
インヴァスト証券[シストレ24] -124.68円※参考
マネーパートナーズ[パートナーズFX] -126.88円※参考
ヒロセ通商[LION FX] -127.28円
JFX[MATRIX TRADER] -127.28円
岡三オンライン証券[岡三アクティブFX] -127.28円

※ランキングに関する注意事項はこちら

ザイFX!に掲載があり、実績値を確認できた全39口座の中で、2020年1月にユーロ/米ドルの買いで支払うスワップポイントの平均金額がもっとも少なかったFX口座は、1日あたりの平均金額が62.60円のDMM.com証券[DMM FX]外為ジャパンFXだったと推測される結果になりました。

 比較をした結果、ユーロ/米ドルの買いポジション保有で支払うスワップポイントは、少ないFX口座と多いFX口座で、2倍以上も金額に違いがあることもわかります。

■【2020年1月】ユーロ/米ドルの売りスワップポイントと買いスワップポイントの金額差を比較・ランキング

 一口にユーロ/米ドルのスワップポイントと言っても、比較をしてみると、受け取る金額と支払う金額の両方で、FX口座によってかなりの違いがあるということがわかりました。

 そして、同じ口座内で、ユーロ/米ドルの売りポジションを保有して受け取るスワップポイントの金額と、買いポジションを保有して支払うスワップポイントの金額の差も、FX口座によってかなり違います。

 以下は調査した39口座を比較して、2020年1月の1カ月間を通じて、1万通貨の売りポジションを保有し続けたときに受け取るスワップポイントの1日あたりの平均金額と、買いポジションを保有し続けたときに支払うスワップポイントの1日あたりの平均金額の差が小さかった順に、ランキング形式で並べた表です。

【2020年1月】ユーロ/米ドルの売りスワップポイントと買いスワップポイントの金額差ランキング
FX会社[サービス名] 売りスワップポイントと
買いスワップポイントの差
(円)
くりっく365 0.00円※参考
トレイダーズ証券[みんなのFX] -0.70円
トレイダーズ証券[LIGHT FX] -0.70円
DMM.com証券[DMM FX] -3.00円
外為ジャパンFX -3.00円
GMOクリック証券[FXネオ] -3.00円
SBI FXトレード -5.00円
FXプライム byGMO[選べる外貨] -8.75円※参考
FXプライム byGMO[ちょいトレFX] -8.75円※参考
GMOあおぞらネット銀行[GMOあおぞらFX] -8.75円※参考
セントラル短資FX[FXダイレクトプラス] -10.63円
セントラル短資FX[セントラルミラートレーダー] -10.63円
YJFX![外貨ex] -15.00円
IG証券[標準] -16.93円
IG証券[大口] -16.93円
アイネット証券[ループイフダン] -22.38円
アイネット証券[アイネットFX] -22.38円
マネーパートナーズ[パートナーズFX nano] -26.25円※参考
外為どっとコム[外貨ネクストネオ] -32.83円
外為オンライン[外為オンラインFX] -34.06円
ひまわり証券[ループ・イフダン口座] -34.06円
ひまわり証券 [レギュラー口座] -34.06円
ライブスター証券[ライブスターFX] -34.06円
マネースクエア[マネースクエアFX] -39.24円
FXブロードネット[ブロードライトコース] -39.57円
FXブロードネット[ブロードコース] -39.57円
マネックス証券[FX PLUS] -42.29円※参考
サクソバンク証券[スタンダードコース] -62.81円
サクソバンク証券[アクティブトレーダーコース] -62.81円
新生銀行[新生銀行FX] -63.44円※参考
楽天証券[楽天FX] -63.44円※参考
楽天証券[楽天MT4] -63.44円※参考
インヴァスト証券[トライオートFX] -74.01円※参考
ゴールデンウェイ・ジャパン[FXTF MT4] -85.83円
マネーパートナーズ[パートナーズFX] -95.16円※参考
インヴァスト証券[シストレ24] -95.16円※参考
ヒロセ通商[LION FX] -105.41円
JFX[MATRIX TRADER] -105.41円
岡三オンライン証券[岡三アクティブFX] -105.41円

※ランキングに関する注意事項はこちら

 スワップポイントに一本値のしくみを採用しているくりっく365は、受け取る金額と支払う金額に差がありません。くりっく365の実績値は米ドルベースで公表されているため、上表の金額はザイFX!が日本円に換算した参考金額をもとに計算したものですが、さらにくりっく365を運営する東京金融取引所に問い合わせもしてみたところ、実際に口座へ反映される日本円での金額に、受け取りと支払いで差が生じることはないとの回答がありました。

 また、次に差が小さいのは、トレイダーズ証券[みんなのFX][LIGHT FX]の0.70円です。この2つの口座もスワップポイントに一本値のしくみを採用していますが、日本円ベースで実績値を公表している公式サイト内のスワップカレンダーを見ると、受け取る金額と支払う金額に日々、わずかな差がありました。しかし、その差額は平均で1円にも満たないので、ほぼないと考えて良さそうです。

 そして、上表を見ていただくとわかるとおり、数あるFX口座の中には受け取る金額と支払う金額に、1日あたり平均で100円以上の開きがあるものも存在することがわかります。

 受け取る金額と支払う金額の差が小さいFX口座は、スワップポイントの水準は別にして、為替差益を狙って翌営業日以降へポジションを持ち越す取引をするときに、スワップポイントのことをあまり気にせず、ポジションを保有できる口座と考えることができるかもしれません。

■まとめ

ザイFX!に掲載があり、各社のスワップカレンダーや取引ツールで実績値が確認できた39口座を調査・比較した結果、2020年1月に1カ月間を通じてユーロ/米ドルの売りポジションを保有し続けたとき、受け取るスワップポイントの金額が平均でもっとも高かったのはくりっく365で、1日あたりの平均金額は74.06円だったと推測される結果になりました。

 【2020年1月】ユーロ/米ドルの売りで受け取るスワップポイントを比較・ランキング

 また、2020年1月に1カ月間を通じてユーロ/米ドルの買いポジションを保有し続けたとき、支払うスワップポイントの金額が平均でもっとも低かったのはDMM.com証券[DMM FX]外為ジャパンFXで、1日あたりの平均金額は62.60円だったと推測される結果になりました。

【2020年1月】ユーロ/米ドルの買いで支払うスワップポイントを比較・ランキング

 そして、ユーロ/米ドルのスワップポイントは、売りポジションの保有で受け取る金額と、買いポジションの保有で支払う金額の両方で、FX口座によってかなりの差があり、さらに、受け取る金額と支払う金額の差も一様ではないことがわかりました。

【2020年1月】ユーロ/米ドルの売りで受け取るスワップポイントと買いで支払うスワップポイントの金額差を比較・ランキング

 ユーロ/米ドルのスワップポイントの水準が、FX口座によってこれほど異なることを特に意識することなく、あまり有利ではない口座で長期間、漫然と取引していたら、最終的な収益に与える影響が、結構、大きくなることも考えられます。

 スワップポイントは通常、日々揺れ動くものであり、本記事でまとめた各FX口座のユーロ/米ドルスワップポイントの水準が2020年2月以降も継続するという保証まではありません。けれど、参考になるデータだとは思います。ユーロ/米ドルでポジションを長めに保有するトレードを計画するときは、今回お伝えしたデータを参考にしてみてください。

(ザイFX!編集部・堀之内智)

<本記事に掲載しているスワップポイントの金額について>
ユーロ/米ドルのスワップポイントは米ドルベースで発生し、それを米ドル/円の実勢レートで日本円ベースに換算した金額が口座へ反映されます。スワップポイントの実績値は、実際に口座に反映される日本円ベースの金額で公表しているところ、米ドルベースの金額を公表しているところ、その両方を公表しているところに分かれます。さらに、米ドルベースで実績値を公表しているところは、スワップポイントの発生金額を、ロールオーバー時にそのときの米ドル/円の実勢レートを使って日々算出するFX口座と、ポジション保有中は米ドルベースでスワップポイントが累積され、ポジション決済時にそのときの米ドル/円の実勢レートを適用して、口座に反映させる日本円ベースの金額を算出するFX口座に分かれます。本記事で米ドルベースのスワップポイントを日本円に換算した金額は、ザイFX!がEBS(電子ブローキングシステム)における各営業日の米ドル/円の終値を適用して算出した参考金額です。各FX口座が適用する実勢レートとは違うため、実際に口座へ反映される金額と異なる場合がある点はご注意ください。

<本記事に掲載しているランキングなどに関する注意事項>
※1日あたりの平均金額は、1カ月間に付与された合計金額を付与日数の合計で割って算出し、小数点以下第3位を四捨五入した値を掲載しています。
トレイダーズ証券[みんなのFX][LIGHT FX]の、各公式ウェブサイトのスワップカレンダーに掲載された日本円ベースの金額は、スワップカレンダーを確認したときの米ドル/円の実勢レートを適用した金額で掲載されるため、情報取得のタイミングによって、スワップポイントの金額が変わる場合があります。本記事には、2020年2月3日(月)10時前後の確認時に掲載されていた金額を適用しています。
※米ドルベースで公表されている実績値を日本円に換算した金額は、EBS(電子ブローキングシステム)における米ドル/円の各営業日の終値(出所:Bloomberg)を適用して、ザイFX!が算出した参考金額です。各FX口座が日本円への換算に用いる実勢レートとは異なり、実際に付与される金額と一致しない場合があります。
※FX口座によっては、スワップカレンダーに掲載している金額と、口座へ実際に反映される金額が異なる場合もあります。
※FX会社のスワップカレンダーに公表された実績値は、訂正・修正される可能性があります。
※情報の取得には細心の注意を払い、正確性には万全を期しておりますが、最終的な確認は各FX会社の公式ウェブサイト内にあるスワップカレンダーなどから行っていただきますようお願いいたします。

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2399人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 99154人 ザイFX!のtwitterをフォローする

FX情報局
FX情報局

為替相場の先行きはどうなるのか? 各国金融当局はこれからどう動くか? 為替介入はあるのか? 世界経済の先行きは明るい? 暗い? 欧米のFX業界の動向は?……などなど、FXにまつわる情報が集まってくるのがこの「FX情報局」。このコーナーでは、ザイFX!編集部以外から広くFXに関する情報を集め、読者のみなさまにお届けします。

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

GMOクリック証券
セントラル短資FX[FXダイレクトプラス]

注目FXニュースをPick Up!

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較! レバレッジ3倍で年利20%以上!?メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底比較!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!

FX初心者のための基礎知識入門

世界の為替チャート

米ドル/円-0.53111.57

USDJPY

豪ドル/円-0.2273.91

AUDJPY

NZドル/円-0.1270.86

NZDJPY

FX会社高額キャンペーンランキング 口座開設+取引とかでお金やギフト券がもらえちゃうの!?

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

みんなの米ドル/円予想など…ザイFX!Twitterアンケート

『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイFX!の有料・無料メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」

TOPICS

FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム





どうする?どうなる?日本経済、世界経済

今井雅人 02月21日更新

米ドル高の原因はFRB? 米ドル/円は利食い後に上昇へ



FX&コモディティ(商品)今週の作戦会議

02月17日更新






元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)



ザイFX!メルマガ

今月の経済指標 予想&結果