ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

注目される今晩の雇用統計!
悪い結果も少しは織り込んでいそうだが

2011年05月06日(金)18:58公開 (2011年05月06日(金)18:58更新)
持田有紀子

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

 昨日は日本の連休の最終日。翌日の日本勢の動向も気になるところである。アジア時間からドル円とユーロ円が安い。ただしドル円は80円台をやってはいるが、その先の79円台に突っ込んだ後の挙動には、注意を要するところである。

 私はというと、ドル円のショートを抱えていたので、81.20でロスカット注文を置いたままだった。とりあえずドル円の下攻めはウエルカム。為替介入はありえないだろうが、安値警戒感からのショートカバーだけが何よりも怖い。

 イギリスとEUの金利会合を前にして様子見が続いていた欧州市場だったが、動きだしたのはドイツの製造業の経済データが発表されてからである。それほども重要な指標ではないのが、何分にも悪すぎた。

 プラス予想だったところがマイナスの4.0%だった。特に今週は経済指標に悪いものが目立ったので、マーケットも悪材料には敏感になっている。ここのステージでのユーロ売りが、この後の相場をリードしたとも言える。

 ユーロドルの下落はユーロ円やユーロポンドといったユーロクロスの売りも誘い、リスク回避への圧力が強まっていった。クロス円の売りに押されてドル円も80円の大台をついに割り込んでしまう。私はこの瞬間に売り増しをしたが、10ポイントも跳ねかえればすべて買い戻すつもりだった。

 野田財務大臣が「ドル円がゆるいのは日本の相場がおやすみのため」といったような間抜けな発言をしていた(笑)。BOE(英中銀)ECB(欧州中銀)の金融政策には変更なしで、これはまったくの予想通り。市場の期待はトリシェの会見に向かっている。はたして6月利上げを示唆するのかどうかである。

 トリシェ総裁の発言で注目されたインフレ懸念については、前回の利上げのときに理由にされた「重要な警戒」という文言が出てこなかった。これで為替相場は一気にユーロ売りに傾いて、そのほかのものも引きずった。ユーロ円は118円台まで落ち込んでいたものが、さらに一段安して117円台の前半にまで突っ込んだ。

 そういえば4月の中旬にユーロ円が大きく落ち込んだときも、ユーロ円の押し目は116.50くらいだった。そこが絶好のユーロ円の拾い場であったことを思い出したのである。ドル円のショートではあるが、ユーロ円の116.50をサポートとして考える必要があると思った。ユーロ円がそのレベルを下抜いてくれば、ドル円のショートはキープ。もしそのあたりでマゴマゴするようならば、全部の買い戻しである。

 ニューヨーク時間になるとドル円が戻り出して80円台に逆戻り。あ~、やめようかなと思うのだが、ユーロ円が116円台のミドルにまで下がってきたので、気を取りなしてもうちょっと我慢。しかしついにはユーロ円も117円台までもどりかけてきたので、当初の予定通りドル円を買い戻した。80.00あたりですべてを買い戻すことはできたが、最後の売り増しが余計だったことになる…。しかし、リスクを取って行動する以上は仕方がないことだ。

 いよいよ今晩は雇用統計である。就業者数は18万から20万人の増加が見込まれているが、もう少し弱い数字になっても驚かないというのがマーケットのコンセンサスになりつつある。まあ15万人を下回ってこなければ、悪いという評価にはならないだろう。反対に20万任を超えてきたときはサプライズトいうことになって、たまっているドル円やユーロ円のショートをあぶり出しにいきそうだ。

日本時間 19時00分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事
jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る