ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

ユーロはまだギリシャ問題に左右されそう。
当面オセアニア通貨の買い場を探る展開か

2011年05月26日(木)15:30公開 (2011年05月26日(木)15:30更新)
西原宏一

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

 こんにちは。

ユーロの懸念要因がスペインやイタリアにも波及した

 先週末にユーロ圏の周辺国から悪材料が続出したため、「sell in May and go away」の相場は、ユーロに関しては今週も続いています。

 これまでに、ギリシャ、ポルトガル、アイルランドといった欧州周辺国に関する悪材料は、すでにマーケットへ織り込まれていました。よって、ユーロの下落には結びつきませんでした。

 ところが、懸念要因がスペインやイタリアに波及したことで、ユーロの上値が抑えられる展開となっています

 まず、スペインで5月22日(日)に行われた地方選挙で、与党の社会労働党が約30年ぶりの大敗を喫しました。

 さらに、格付け機関のS&Pが、イタリアの格付け見通しを「安定的」から「ネガティブ」に引き下げました。

 これにより、イタリアとスペインのCDS(クレジット・デフォルト・スワップ)が上昇したのです

ユーロ/米ドル 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ユーロ/米ドル 日足

ユーロ/米ドルは一時、節目の1.4000ドル台を割り込む展開となっています

■悪材料続出でも、出口戦略が遠のいたわけではない

 ただ、アメリカにも悪材料が多いため、米ドルを積極的に買っていく状況ではありません。

 したがって、ユーロ売りの主体はユーロクロス(米ドル以外の通貨とユーロの通貨ペア)です

 特に、ユーロ/スイスフランはユーロ導入来の最安値を更新しており、「スイスフラン高」傾向が堅調になっています

ユーロ/スイスフラン 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ユーロ/スイスフラン 日足

 一方、ユーロ/米ドルは、週初に1.4000ドルを割り込んで1.3976ドルまで下落しましたが、現執筆時点では1.4160ドルレベルで推移しています。

 ユーロ/米ドルの今週のオープニングは1.4142ドルなので、4日間かけて、今週のオープニングまで値を戻したことになります。

ユーロ/米ドル 4時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ユーロ/米ドル 4時間足

 5月25日(水)の海外市場においても、ユーロの悪材料は多々あるものの、マーケットから聞こえてくるのは1.3970ドルから1.4000ドルレベルでの買い注文です


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 メルマガ「トレード戦略指令!」有料会員向けに西原宏一さんとフリーアナウンサーの大橋ひろこさんがぶっちゃけトークを繰り広げる動画コンテンツ「FX・投資作戦会議」を一部無料公開しています。ぜひ、ご覧ください。

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一投資戦略メルマガ「トレード戦略指令!」

「トレード戦略指令!」10日間の無料体験期間がありますので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る