ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ギリシャのデフォルトを容認、
どう評価されていくかが肝心かつ未知数

2011年07月22日(金)18:39公開 (2011年07月22日(金)18:39更新)
持田有紀子

一時4万円超えの「日経平均」や「NYダウ」、最高値更新の「金(ゴールド)」を少額から取引できる【CFD口座】を比較!

 昨日の注目は、なんといっても欧州の首脳会議だった。ギリシャ問題について、どのような追加支援策を打ち出してくるのか。事前会談も持っていたドイツとフランスの新提案に関心が集まっていた。それに対して他のEU諸国が合意するかどうかなのだ。前触れではかなり飲めないような内容が盛り込まれそうだということだった。

 評判の悪い金融取引税の導入が主軸になると考えられていたのだから、どうせ合意を取り付けるのは困難ではないかという見方が大勢を占めていた。そういうわけで欧州市場の入り際ではマ-ケットは大きくリスク回避に向かって行った。ユーロドルはどんどん売り込まれ、安値張り付き。

 アジア時間には1.42台の後半であったものが、1.41台のミドルまで下げて、戻らず。私も何べんかショートに振ってみては、止まったらすぐに買い戻し。しばらく止まっていても、やはりさらに安いレベルを目指してしまうという、そのような動きの繰り返しであった。

 夜の9時すぎになって欧州会議のドラフトらしきものが出てきた。内容はあまり過激ではなく、一括債であるEFSF債の活用を図ることや、1600億ユーロの追加融資を決定したことなどが伝えられた。内容の成否についてはともかく、市場の不透明材料のひとつがなくなったということで、マーケットは反対の方向に動き出した。

 リスクテークが活発となり、グローベックスでは米国株が急上昇。ユーロも全面高の勢いとなって、ユーロドルは1.43台まで乗せてきた。ニューヨーク市場になってもその流れは変わらず、早い時間のうちにユーロドルは1.44台も見せた。ユーロベアに構えていた私はこの上昇局面では何もしなかった。まあ仕方がない。

 本日の早朝は例のドタバタがあった。早朝の6時過ぎにバリューデートが変わる頃を見計らった動きだ。それだけ個人投資家のFXのポジションも溜まっているのだろう。ドル円は78.13まで突っ込んで、ユーロドルもドル売りの流れに乗って1.4438まで上昇した。ここで投げ売りなどのストップ注文がはけた後は逆向きに戻ってくる傾向がある。

 私は自分の基本的なビューとは関係なく、ドル円の安いところをすかさず買ってみた。78.45だった。ユーロドルもついでに1.4408で売り込んだ。まあ、東京の仲値くらいまでにはフェイバーになればいいなという軽い感じだった。もちろん自分自身のロスカットゾーンは朝に突っ込んだところである。

 しかし今週いっぱいをかけて進んできたドル安の流れだ。そう簡単には反転しない。結局、私は午後まで粘ってみたが、15ポイントずつを抜くのが精いっぱいだった。いちおうこれでポジションをきれいにして、欧州時間からの値動きに備えることにした。

 昨日のギリシャ対応策では、実質的にギリシャのデフォルトを認めるとしたものと同様である。これが本日の欧州市場で、どのように受け止められるかだ。ニューヨーク市場の前にGEや跳ハネウェルの決算発表もあるが、もうすでに決算のヤマ場を越えたので、注目度は薄くなっている。

 ギリシャは例外で、他にはこのような措置は取らないという立場であるが、本当にそう評価されるかどうか。とりあえず欧州序盤、ちょびっとだけユーロ円ショートで臨んでみている。

日本時間 18時30分

 


取引コストで比べる スワップポイントで比べる
キャンペーンで比べる 人気ランキングで比べる
最低取引単位で比べる FX会社比較トップページへ
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
【総合3位】 ヒロセ通商「LION FX」
ヒロセ通商「LION FX」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(10-28時)
0.3pips原則固定 1000通貨 54ペア
【ヒロセ通商「LION FX」のおすすめポイント】
54種類の豊富な通貨ペア、取引環境にあわせて選べる取引ツール、主要通貨ペアのスプレッドの狭さなどの優れた基本スペックに加え、毎月趣向を凝らした多彩な食品がプレゼントされるキャンペーンも人気のFX口座です。経済指標の速報をリアルタイムで知らせてくれる、「ロイター経済指標速報」を無料で使えるのも魅力です。
【ヒロセ通商「LION FX」の関連記事】
■ヒロセ通商「LION FX」の特徴やスプレッド、スワップポイント、取り扱い通貨ペア数などを紹介!
▼ヒロセ通商「LION FX」▼
ヒロセ通商「LION FX」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年5月14日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トルコリラスワップポイントランキング バイナリーオプション比較 ザイ投資戦略メルマガ
トルコリラスワップポイントランキング バイナリーオプション比較 ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る