ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

No.1避難通貨はスイスフランから円へ。
米ドル/円76.25円割れの可能性は高い!

2011年08月18日(木)15:49公開 (2011年08月18日(木)15:49更新)
西原宏一

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 みなさん、こんにちは。

■スイスフランの急騰で、SNBが自国通貨高抑制策を発表

 多くの市場参加者が夏季休暇を取るため、8月は流動性に欠ける傾向があります。

 薄いマーケットの中でリスクオフ相場になると、例年だと円高が大幅に進行する傾向がありますが、今年は円ではなく、スイスフランが急騰しています

 先週はグローバルな株価の下落もあって、避難通貨であるスイスフランが急騰しました。短期筋のみならず、リアルマネーも加わり、投機資金がスイスフランへと殺到したのです。

 ユーロ/スイスフランは一時パリティ(1ユーロ=1スイスフラン)に向けて急落し、1.0068フランの最安値をつけています

ユーロ/スイスフラン 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ユーロ/スイスフラン 日足

 このような止まらない自国通貨高に対して、スイスの中央銀行であるSNB(スイス国立銀行)は8月17日(水)に、自国通貨高抑制策の第2弾を発表しました。

 その内容は、当座預金残高目標の引き上げなど、かなり踏み込んだ内容でした。

 しかし、マーケットが予測していたユーロとのペッグ制の導入は行なわれなかったため、発表後のユーロ/スイスフランは1.1550フランから1.1222フランまで、300ポイントほど急落しました。

ユーロ/スイスフラン 1時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ユーロ/スイスフラン 1時間足

 その後は、スイス金利の低下もあり、ユーロ/スイスフランは1.1400フラン近辺で推移しています。

 グローバルマーケットが不透明さを増す中、中期スパンで見た場合のスイスフラン高は変わらないのでしょうが、今回のSNBの自国通貨高抑制策により、スイスフランは避難通貨として一歩後退しました

 つまり、グローバルマネーが避難通貨へ向かうとき、今後、その行先は円となるでしょう

ボラティリティは低下気味なのに、米ドル/円の上値は重い

 日本の当局による単独介入が8月4日(木)に行われましたが、昨年9月15日に行われた介入と同様に、1日で終了しました。

 一時的ではありますが、単独介入によって米ドル/円が80円台を回復したため、一部の本邦輸出企業は80.00円近辺で一定の米ドルを売ることができたようです

 ただ、そのチャンスはわずか数時間に過ぎず、介入が行われた翌日には再び78円台に回帰してしまいました。

米ドル/円 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/円 日足

 米ドル/円はその後も、歩みは遅いながらもジワジワと円高が進行しており、本稿執筆時には76.60円近辺で軟調に推移しています。


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 メルマガ「トレード戦略指令!」有料会員向けに西原宏一さんとフリーアナウンサーの大橋ひろこさんがぶっちゃけトークを繰り広げる動画コンテンツ「FX・投資作戦会議」を一部無料公開しています。ぜひ、ご覧ください。

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一投資戦略メルマガ「トレード戦略指令!」

「トレード戦略指令!」10日間の無料体験期間がありますので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る