ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

もみ合いの後、円安基調が続く可能性大!
米ドル/円はいずれ82円を上抜けて85円へ

2012年03月08日(木)16:08公開 (2012年03月08日(木)16:08更新)
西原宏一

ザイFX限定!口座開設&取引で最大10000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

グローバルな資金は調整局面を経て、リスクアセットへ

 ただ、3月8日(木)のECB(欧州中央銀行)ならびにBOE(イングランド銀行)の政策金利発表、3月9日(金)のNFP(米国雇用統計)を前に、調整局面は一服しています。

 現執筆時点では、米ドル/円は81円台、豪ドル/円は86円台を回復しています。 

 加えて、マーケットの注目は、日本時間で3月9日(金)早朝5時に迫ったギリシャの「PSI(債務減免交渉)」のデッドライン(期限)に集まっており、結果待ちといった様相です。

 この「PSI」に関しては、予断を許さない展開ではあるものの、その危険性については事前にかなり報道されていたため、マーケットではある程度のヘッジが行われていると想定されます。

ユーロ/米ドル 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ユーロ/米ドル 日足

 ただ、ユーロ/米ドルは、「LTRO」前後の1.34ドル台後半を高値に反落が続いていたため、当面は、1.3000~1.3500ドルのレンジで方向性のないもみ合いとなる可能性が濃厚でしょう。

 結果的に、ユーロと円は引き続き軟調に推移する可能性が高いと見込まれます。

 その半面、グローバルな資金は調整局面を経て、豪ドルやNZドルなどのリスクアセットに戻る可能性が高いのではないでしょうか?

流れは変わらずで、円安の展開が続く

 そもそも、2012年は主要国で多くの選挙が予定されているため、株を中心に、リスクアセットが暴落するのは考えづらいです。

 一方、そのような相場展開となる可能性が高いため、5月は例年のように、「sell in May」の相場格言どおりに危険性が高まるのかもしれません。

前回のコラムでも申し上げましたが、3月中旬まではリパトリ(本国への資金送還)の円買い需要により、米ドル/円や豪ドル/円は値を下げる局面があると予測されます「ドル/円はターゲットを85円に上方修正!円キャリーで豪ドル/円は90円へジリ高」を参照)

 友人のヘッジファンドは、そうした局面では「押し目買い」という相場観を持っているようです。

流れは変わらず、円安の展開でしょう。

米ドル/円 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/円 日足

 米ドル/円は、足元では82.00円レベルのバリアに阻まれており、当面のところは80~82円のもみ合いとなるのでしょう。

 しかし、もみ合いを経たあと、いずれは82円を上抜けて、85円へと上昇するのではないでしょうか?


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一投資戦略メルマガ「トレード戦略指令!」

「トレード戦略指令!」10日間の無料体験期間がありますので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
ザイ投資戦略メルマガ バイナリーオプション比較 jfx記事
ザイ投資戦略メルマガ バイナリーオプション比較 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る