ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!?

JPモルガン・佐々木融さんに聞く(7)
米ドル/円は再び80円を割り込んでいく!

2012年03月21日(水)19:20公開 (2012年03月21日(水)19:20更新)
ザイFX!編集部

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

「JPモルガン・佐々木融さんに聞く(6) スイス中銀の介入が成功と言うには早い」からつづく)

■円売り介入を終了すると円高が終わるという皮肉な現象

 ところで、「円売りの為替介入では円安にはできない」という見解の佐々木さんだが、それと同時に「円売り介入を終了すると円高が終わるという皮肉な現象が過去に起こっている」ことを佐々木さんは指摘する。

 1993~1995年がそうだし、2003~2004年がそうだというのだ。 

(クリックで拡大)

(出所:財務省、JPモルガン・チェース銀行)

(クリックで拡大)

(出所:財務省、JPモルガン・チェース銀行)

 上のチャートを見ると、確かに両方とも大規模な円売り介入をやめたあと、皮肉なことに相場が円安方向へ動いている。 

 今回は2010年9月以降、4回に渡る大規模介入が行われ、さらにそのあと、2011年11月初旬に覆面介入が行われていたことが明らかになっている。

 佐々木さんが指摘するとおり、確かに2010年9月以降の介入では、一時的に円安になっても、大きな円高の流れを止めることはできなかった。

 では果たして、2011年11月初旬の覆面介入が最後の介入となって、過去の事例のように、これから円安が進んでいくことになるのだろうか? 

(クリックで拡大)

(出所:財務省、JPモルガン・チェース銀行)

 またも皮肉な展開になれば、何だかおもしろいが(?)、佐々木さんはこれからの米ドル/円は円安が進むのではなく、まだ円高が進むという見立て。それについて詳しくは後述する。

 では、ここからは、今年(2012年)年末までについて、佐々木さんの為替相場見通しを聞いてみよう。

■欧州問題が落ち着けばユーロ/米ドルは1.5ドルまで上昇か

 まず、ユーロについてはどうだろうか?

 「欧州問題が片づかないうちはユーロ/米ドルもユーロ/円も下がる余地があるでしょう。ただ、欧州問題が落ち着いたあと、ユーロは相当買われるのではないかと考えています。

 というのは、今はユーロから逃げている人が相当いるので、ユーロ圏が普通の状態に戻ったときのユーロ買い戻し圧力がかなり強いと思っているからです。

先ほども申し上げたように、ユーロ圏では各国でバラバラな国債を発行しているのが問題なので、最後はドイツがユーロ共同債を受け入れることで解決するというシナリオを考えています「JPモルガン・佐々木融さんに聞く(4) 日本が財政赤字問題で円安に至る3段階」参照)

ユーロ圏の問題が解決したら、ユーロ/米ドルは1.5ドル程度まで上昇しても不思議ではないと思います」 

ユーロ/米ドル 週足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ユーロ/米ドル 週足

 ユーロ/米ドルの1.5ドルというと、今よりもかなり高い水準。ユーロ問題が本格的に落ち着けば、相当なユーロ上昇がありそうというのが佐々木さんの見立てだ。

 次に気になる米ドル/円はどうだろうか?

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定で5000円!

トレイダーズ証券[みんなのFX]

最短当日取引可能!ザイFX!限定キャンペーン実施中のみんなのFX!

link

使いやすい取引環境の【LIGHT FX】

トレイダーズ証券[LIGHT FX]

ザイFX!限定で3000円がもらえるおトクな口座開設キャンペーン実施中!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る