ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
陳満咲杜の「マーケットをズバリ裏読み」

ギリシャ再選挙が米大統領選を左右する!
欧州を混乱させたくない米国の事情とは?

2012年06月15日(金)16:42公開 (2012年06月15日(金)16:42更新)
陳満咲杜

ザイFX限定!口座開設&取引で最大10000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

■世界の主要中銀は緊急対応措置を準備済みとのウワサ

 ウォール街のウワサでは、FRBだけでなく、世界の主要中銀はギリシャのユーロ離脱に備え、秘かに協定を結び、緊急対応措置を用意したという。

 つまり、リーマン・ショックの再来を回避すべく、世界的な協力体制が構築されたというわけだ。

 これが事実であれば、ギリシャのユーロ離脱が現実になっても、想定された混乱にならないばかりか、その政策が好感され、思わぬ反発の局面をもたらす可能性さえある。そして、こういった観測こそが目先の市況をもたらしていると思う。

■ギリシャ選挙民の票が米大統領選まで左右する構図

 では、こういった見方の信憑性についてはどうみるべきか。EU以外の重要メンバー、米国、日本の立場からみれば、おのずと推し量れるのではないかと思う。

 まず、米国の場合、今年(2012年)の大統領選を控え、現職のオバマ大統領は必死である。

 経済低迷、特に失業率が悪いままで米国大統領が再選された前例がないだけに、ギリシャ問題で世界景気が壊れたらたまったものではない。ギリシャの選挙民の票がオバマの選挙まで左右してくるとなると、米国はその影響を絶たないわけにはいかない。

 次に日本の場合、ユーロ/円がこのところの最安値を更新したばかりという状況を考えると、EUと連携して危機を阻止するほか、選択肢がないことも一目瞭然だ。

ユーロ/円 週足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ユーロ/円 週足

 ましてや、昨年(2011年)、震災があっただけに、景気回復の道がギリシャにかく乱されたくないなら、助け舟を出さざるを得ないだろう。

 この意味では、中国の場合もしかり。最大輸出先のEUの混乱は中国自身の悪夢にもなり得るから、先手を打ちたいところだ。

■ギリシャ再選挙の結果がどうあれ、さほど混乱にはならない

 となると、人口わずか1130万超しかない小国、ギリシャより発せられた危機からの連鎖的な影響を絶つために、世界的な危機対応体制が構築されているといった予測は正しいだろう。

 したがって、ギリシャ再選挙の結果がどうであれ、想定されるほどの混乱にはならないのではないかと思う。

 究極的には、想定されていないところから発生したものがショックと呼ばれる。一方、3年前からギリシャ・ショックという単語に聞き慣れている現在は、ショックよりも慢心病になりやすい。

 ゆえに、大混乱よりも、だらだら続くのが今回の危機の形式ではないかと思う。市況は如何に。

(6月15日 14:00執筆)

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
経済指標速報記事 jfx記事 CFD口座おすすめ比較
経済指標速報記事 jfx記事 CFD口座おすすめ比較
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る