ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

原油価格が急落!
さらにユーロ円をショート目で

2012年09月20日(木)17:39公開 (2012年09月20日(木)17:39更新)
持田有紀子

【副業FXで勝つためのメルマガ】田向宏行さんのFXメルマガは儲かるのか? ダウ理論の転換トレードで検証したらこうなった!

 昨日の私は取引をやらないことを決め込んで、相場の様子見に徹していた。QE3と日銀の追加緩和の後で、マーケットの動きが材料出尽くしということでリスクオフの状態に向かうのか。それともリスクぱんぱんの状況からさらにリスクテークしていく余地があるのかを見極めるためだ。

 調子に乗ったリスクテークは一服の様相。ユーロドルは1.31台の後半まで見て、1.30台で落ち着いている。ユーロ円は103円台まで上昇して、そのまま。欧州株も米国株も先週の金曜日に今年の最高値を付けた後、多少は利食い売りにさらされているものの、絶対的な水準は高値圏での張り付きと変わらない。

 そして原油価格もQE3の直後にWTIでは100ドル台まで乗せて、その後は調整していると言われながらも96ドル台から97ドル台を中心にした動きが続く。ハッキリ言って高いままなのだ。

 しかしこうしたなかでも、変化は原油価格から現われた。前日にアメリカの戦略備蓄分の放出が話題になったが、それ以来、原油相場は上値追いをやめており、どちらかというとロングポジションの解消から下値不安がどことなく出てきていた。

 アジア時間に96ドル台でやっていた原油価格が、欧州時間になると95ドル台でも値保ちが悪く、94ドル台に突入。コモディティ価格を抑えようとすることは、実質的にはタイトニングと変わらない。

 金融緩和とは真逆のことをやろうとしているわけだ。ともあれ原油価格の下落はリスク許容度の減退につながる。つまりどういう経緯をたどろうと、リスク性の高いものからは資金が逃げる方向でワークせざるをえないということだ。

 何もやらないでおこうと決めていた私であったが、我慢できずにリスクオフのポジションを作りたくなった。そしてもうすでに下がりはじめてはいたが、ユーロ円を103.22で売りこんでいった。アジア時間の高値が103.64だったので、買戻しのストップ注文を103.65で置いておく。

 ニューヨークオープンまでに原油価格は93ドル台まで沈んで、それにつれてリスクオフも進み、欧州株は調整モードへ。グローベックスでの米国株もやや安い。ユーロ円は103円台を割り込んだ後も、値戻しがない。私は40ポイントほどのリスクを取っていることになるので、やはり狙いは1円幅ほど欲しいところだ。

 102円台の前半を狙っていたのだが、あまり持っていかれることもなく、気持ちよく1円幅の102.22で利食いできた。ニューヨーク市場になってからは、むしろ小動きになったといってもよいほどに動かなくなった。一方で原油価格は91ドル台まで差し込んだ。原油の在庫量が予想を上回る積み増しだったのも、ただでさえ弱っていた原油相場の軟化を招いたようである。

 本日は午後になってからリスク回避の動きが強まった。中国株がQE3後のゲインをすべて吐き出し、再び年初来の安値に迫る状態。こうなると日本株もひとたまりもない。日経先物はナイトセッションで9000円の大台を割り込んでおり、ますますリスクオフの姿勢が強まっている。

 ユーロ円は昨日の欧州時間と同じく、ほとんど戻りらしい戻りを作らずに101円台の前半まで押し込まれている。原油価格は90ドル台にまで突っ込んで、ユーロドルも1.29台のミドルまで差し込んだ。こうなってくると依然として今年の最高値圏でステイしている米国株がなんだかなぁと思えてくる。

 これが本格的に落ちる局面をとらえて私も本格的なユーロ円かユーロドルでのショートメークに是非にも励みたいものだ。今晩も経済指標よりも原油価格など、リスク重視の相場展開となるであろう。

日本時間 17時30分


 


取引コストで比べる スワップポイントで比べる
キャンペーンで比べる 人気ランキングで比べる
最低取引単位で比べる FX会社比較トップページへ
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
【総合3位】 楽天証券「楽天FX」
楽天証券「楽天FX」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.4pips原則固定 1000通貨 28ペア
【楽天証券「楽天FX」のおすすめポイント】
業界上位水準のスプレッドと、株取引で培ったノウハウが活かされた、取引環境の良さが魅力のFX口座です。取引量に応じて楽天ポイントが貯まるので、楽天グループのサービスをよく利用する人にもおすすめ。また、楽天証券には大手ネット証券で唯一の、MT4を使うFX口座「楽天MT4」もあります。
【楽天証券「楽天FX」の関連記事】
■楽天証券「楽天FX」の特徴やスプレッド、スワップポイント、取り扱い通貨ペア数などを紹介!
▼楽天証券「楽天FX」▼
楽天証券「楽天FX」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年4月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

外為どっとコム

ザイFX!最新&おすすめ記事

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 バイナリーオプション比較 田向宏行
トレーディングビュー記事 バイナリーオプション比較 田向宏行
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る