ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

トルコ大幅利上げでリスクテークの円売り
混乱へのFOMCの対応に注目

2014年01月29日(水)15:50公開 (2014年01月29日(水)15:50更新)
持田有紀子

ザイFX限定!口座開設&取引で5000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

 昨日の欧州序盤では、ドル円が上昇してスタート。昼間にインドが利上げをしたことに加えて、トルコ中銀の総裁が利上げを示唆するコメントを発表したからだ。これで最近のエマージングマーケットでの混乱も収束に向かうかもしれないという期待が高まって、マーケットは全体的にリスクテークに傾いた。ドル円はするっと103円台に乗せてきたし、ユーロ円も堅調。

 トルコやアルゼンチンの通貨が下げ止まったということもあって、もうちょっと株高や円安が進むのかと思って見ていたが、意外と伸びない。ドル円は103円台に乗せるのがやっとで、バリバリと高いところを買い進むというわけではない。

 そのうちにアメリカの耐久財受注の数字がとても悪かったということで反転し、ドル安が進むこととなった。米国株はスタートしてもそれほど高値追いの気配はない。ドル円は102円台の後半で張りつきたまま、海外市場は終了した。ユーロ円も140円台のミドルで値動きがない。どうにもドル円の102円台の後半というのは、売るにしても買うにしても、手が出しにくい。

 早朝にトルコ中銀が大幅利上げを発表した。政策金利は7.75%から一気に12.00%へ引き上げるというもの。想像されたことではあったが、これをマーケットは好材料だと受け取って、リスウテークが進んだ。円売りが起こり、ドル円は103円台までジャンプ。簡単に昨日の高値であった103.24も超えてきた。

 グローベックスでも米国株は急上昇して、ますますリスク許容度が高まった格好となった。私もちょうどドル円でも買ってみようとかと思ったが、踏み止まった。手を出すならば東京クローズとなってから、値動きを確認してからでも遅くないだろうと思い直したのだ。欧州市場になって103.50を超えてきてからでも、本当に大きい材料であるなら間に合うはずだ。

 今晩の注目はリスクの方向、つまり株価の動向だ。インドとトルコが行動を起こしてそれがどの程度までに好感され続けるのか。それとも一時的なもので終わってしまうのか。そして夜中にはFOMCがある。エマージングマーケットで混乱が起こったのだから、緩和縮小を当面は停止するのかどうか。

 市場のコンセンサスとしては、今回も緩和縮小は行うことになっている、ただし昨年9月のFOMCがサプライズを引き起こした原因が、10月にも起こり得るとされていた米政府のシャットダウンに対する予防線だった。だとしたら今回も緩和縮小を行わないというリスクもある。どれはドルのイージングを意味するものとなるため、急激なドル安に見舞われるかもしれない。ドルショートにしたいところだ。


日本時間 15時20分
 

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定で5000円!

トレイダーズ証券[みんなのFX]

最短当日取引可能!ザイFX!限定キャンペーン実施中のみんなのFX!

link

初心者でも安心の少額取引!

SBI FXトレード

少額1通貨単位から取引ができるSBI FXトレード!ザイFX!限定キャンペーン中!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る