ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩力男_グローバルFXトレード
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

雇用統計でドルさらなる全面高、
リスクのゆくえを要ウオッチ!

2014年12月08日(月)16:00公開 (2014年12月08日(月)16:00更新)
持田有紀子

【副業FXで勝つためのメルマガ】田向宏行さんのFXメルマガは儲かるのか? ダウ理論の転換トレードで検証したらこうなった!

先週はずっとリスクテークが続いた。ドル円も日本株もまったくディップを作らずに上昇。金曜日のアジア時間が終わるころには、ドル円は120円台で、日経先物は17900円台と、いずれも今年の最高値を更新して、なおも高値張り付き。そして欧州時間になっても円売り・株買いの状態に変わりはなく、ぜんぜん雇用統計に向けて様子見という感じはなかった。

 発表直前のレベルとしては、ドル円は120円台の中盤まで上がってきていた。ユーロドルは前日のECB会合の失望でユーロ買いになっていたものが、やはりドル高の方向に動いてしまっており、1.23台のミドル。これではいつまた1.22台に突っ込んでもおかしくはない。それだけ雇用統計には期待が集中しており、あまりにも楽観的なので、私としては反対で攻めたくなる。

 もうすでにリスクテークの方向のポジションがかなり積まれていると思われたからだ。しかしなかなか下がりもしないから、安易にドル円などを売っていくわけにもいかない。まあ、結果が出てから動いたほうについていくことにしよう。

 そして雇用統計の結果はたいへん良いものとなった。失業率は5.8%と予想通りではあったが、就業者数のほうが32万人台の増加となって、久しぶりの大きな数字を見た。それでドル円は利食い売りも出だしていたのに、一気に121円台に乗せてきた。私も追いかけて買おうとしたが、121.06で買うのがやっとだった。

 買った瞬間に121.30とかになっているので、よくもまあ買えたものだと感心した。しかしこれだけ急上昇すると反転も激しいだろう。ちょっとでも下がりだしたら、すぐにこのロングポジションはカットするつもりである。

 そのように考えている間もない間に、為替レートが下がってきた。これまた追いかけて売らないといけないのだが、121.31で売れた。この際ションステージではドル円は121.40あたりまで高値を付けたようだ。私もとてつもなく高いところを買っているので、下げ局面には必要以上に敏感にならなくてはいけないところ。まあ曲芸みたいなことをやってしまったが、トレンドフォロー・アンド・トレイリングということで、これは仕方のないところだろう。

 ドル円はその後にはもう一吹きあって、高値は121.60を超えたりもした。しかしニューヨーク時間のコアタイムはそれほどダイナミックな動きはなかったようだ。米国株は歴史的な最高値を更新はしているが、値幅自体はとても小さい一日だった。経済指標を素直に好感したいのだろうが、これで来年半ばのドルの利上げが決定的になったようなもので、ドル金利の上昇が著しい。そのためのコスト増を嫌気しているので、株価の伸びもイマイチなのだろう。

 今週はドル金利の行方にも注目だ。これが純粋なドル買い材料と取られていたときはよいが、かえって株高を阻害するものとなれば、リスク許容度は落ちることにつながる。米国株の伸びが低かったことが、不気味である。


日本時間 15時10分
 


取引コストで比べる スワップポイントで比べる
キャンペーンで比べる 人気ランキングで比べる
最低取引単位で比べる FX会社比較トップページへ
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
【総合3位】 楽天証券「楽天FX」
楽天証券「楽天FX」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.4pips原則固定 1000通貨 28ペア
【楽天証券「楽天FX」のおすすめポイント】
業界上位水準のスプレッドと、株取引で培ったノウハウが活かされた、取引環境の良さが魅力のFX口座です。取引量に応じて楽天ポイントが貯まるので、楽天グループのサービスをよく利用する人にもおすすめ。また、楽天証券には大手ネット証券で唯一の、MT4を使うFX口座「楽天MT4」もあります。
【楽天証券「楽天FX」の関連記事】
■楽天証券「楽天FX」の特徴やスプレッド、スワップポイント、取り扱い通貨ペア数などを紹介!
▼楽天証券「楽天FX」▼
楽天証券「楽天FX」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年4月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

おすすめFX会社
link

人気の1000通貨自動売買『iサイクル注文』

外為オンライン

当サイトからの口座申込者限定!条件達成で特別に3000円プレゼント!

link

使いやすい取引環境の【LIGHT FX】

トレイダーズ証券[LIGHT FX]

ザイFX!限定で3000円がもらえるおトクな口座開設キャンペーン実施中!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
バイナリーオプション比較 キャンペーンおすすめ10 CFD口座おすすめ比較
バイナリーオプション比較 キャンペーンおすすめ10 CFD口座おすすめ比較
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る