ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

ドラギマジック炸裂! ECBが予想以上の
オープンエンドQEを決定してユーロ急落!

2015年01月29日(木)18:42公開 (2015年01月29日(木)18:42更新)
西原宏一

ザイFX限定!口座開設&取引で最大10000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

■ユーロ/円が暴落する中、米ドル/円は異様な耐性をみせる

 繰り返しになりますが、2015年の主役は、米ドル/円ではなくユーロ。

ユーロVS世界の通貨 週足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ユーロVS世界の通貨 週足

 対円でもユーロの下落はすさまじく、2014年12月のユーロ/円の高値は149.78円ですので、2カ月足らずの間に、約20円暴落しています。

ユーロ/円 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ユーロ/円 日足

 注目すべきは、ユーロ/円が約20円も暴落するなか、米ドル/円での円高は極めて限定的で、本稿執筆時点でも117円台ミドルで推移。

米ドル/円 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/円 日足

 ユーロ安がユーロ/米ドルに集中しているだけだと片付けてしまうのは簡単ですが、ユーロ/円が短期間で約20円も暴落すると、通常、米ドル/円はもとより、日経平均も暴落します。

 しかし、今回の日経平均は1万7600円の高値圏で推移。

日経平均 日足

(出所:株マップ.com

 株が堅調である理由は、多くの中央銀行が金融緩和政策を取っているからなのですが、それを考慮しても、この日経平均と米ドル/円の底堅さには驚かされます。

 特に、日経平均は米国株が反落しても追随せず、高値圏で推移していることが多くのマーケット参加者にサプライズを与えています。

■2015年に入りGPIFの「株買い・円売り」の規模拡大か

 この背景には、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の動向が影響していると言われています。

 2015年1月に入ってからの東京市場では、毎日のように、GPIFの日本株買い、米ドル/円の買いというウワサが流れています。

 昨年(2014年)後半からGPIFは、「株買い・円売り」に出ていた模様ですが、2015年1月に入って、その売買規模が大きくなっているようです。

 これが、ユーロ/円下落による米ドル/円下落の幅を大きく緩和させているようです。

米ドル/円 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/円 日足

 逆にいえば、クロス円(米ドル以外の通貨と円との通貨ペア)での円高圧力が弱まれば、米ドル/円は上値をブレイクして、再度、円安のメイントレンドに戻る可能性が高まっていると言えます。

 連日、GPIFが日本株と米ドル/円の購入を続けていると言われている中、米ドル/円は押し目買いを継続

 そして、ECBがオープンエンドのQEを導入したことにより、下落幅がさらに拡大し、1.05ドルへ向けた動きも想定されるユーロ/米ドルの動向に注目です。


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一投資戦略メルマガ「トレード戦略指令!」

「トレード戦略指令!」10日間の無料体験期間がありますので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
経済指標速報記事 CFD口座おすすめ比較 トルコリラスワップポイントランキング
経済指標速報記事 CFD口座おすすめ比較 トルコリラスワップポイントランキング
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る