ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ポール・サイ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ユーロ大幅反発しリスクオンムードへ、
雇用統計では平均時給に注目集まる

2015年02月06日(金)14:56公開 (2015年02月06日(金)14:56更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 昨日はアジア時間の前半でドル円は117円台の前半でプレイ。その前日のニューヨーククローズでギリシャ問題が深刻化したことによるリスク回避のためだ。しかし結局はドル円の117円ちょうど割れを見なかったことで、反対に底打ち感も出た。そこからグロベックスでの米国株も切り返し。次第に市場のリスク許容度は増大し、それにともなってドル円、ユーロ円も上昇に向かうこととなった。

 といってもたかだか20ポイント程度のもの。それでもドル円が117円割れをしなかったことで、117.40とかを見せつけられると、やはり大きく戻ってきたなあという印象は強い。そして前日のギリシャ問題で売りの対象にされていたユーロの反発は大きかった。欧州時間に入ってユーロドルはさっそく1.14台まで値を戻す。

 ドイツとギリシャの財務相会談からは何も前向きの合意は得られなかったが、それも想定の範囲内ということだったのだろう。ギリシアの中央銀行にはECBが資金供給を行うという独紙の報道もあったようだ。ユーロドルの押し目は限られており、むしろその後のショートカバーを誘うこととなった。ニューヨーク時間ではユーロドル、ユーロ円が大きく上昇。米国株も反発したことで、マーケットには安心感と楽観的な見方が大勢を占めてきている。

 その雇用統計だが、予想では就業者数は23万人前後の増加が見込まれている。先日、発表された民間調査では下振れした数字が出たのだが、それが仮に反映されるにしても20万人の大台を割り込まない限り、マーケットに大きな影響はないものと見られる。またFRBの金利見通しに変更を与えることもないだろう。

 むしろ前回の雇用統計のときにもインパクトを与えたが、平均時給の伸びのほうが重要視されそうだ。予想ではプラス0.3%である。これがまた下回ってくるとなると、金融政策にも見直しを迫られることにもつながりかねない。米国株が今年の高値近くにステイしていることを考えると、ダウンサイドリスクのほうに注意を払うべきであろう。


日本時間 15時10分

 

おすすめFX会社
link

使いやすい取引環境の【LIGHT FX】

トレイダーズ証券[LIGHT FX]

ザイFX!限定で3000円がもらえるおトクな口座開設キャンペーン実施中!

link

人気の1000通貨自動売買『iサイクル注文』

外為オンライン

特別に3000円と書籍『月刊マネー誌ザイが作った「FX」入門改訂版』プレゼント!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
ザイ投資戦略メルマガ jfx記事 トレーディングビュー記事
ザイ投資戦略メルマガ jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る