ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

日経平均はリーマンショック前の高値回復。
けれど、ドル/円が上昇できない理由とは?

2015年02月19日(木)18:36公開 (2015年02月19日(木)18:36更新)
西原宏一

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

■日経平均はリーマンショック前の高値水準を回復!

 みなさん、こんにちは。

 2015年に入ってからのグローバルな金融緩和合戦は株価にとってポジティブ要因。

【参考記事】
金融緩和競争を米国が静観する理由は? ドル/円は底固めから122円へ向け上昇か(2月5日、西原宏一)
通貨安戦争からスイス脱落、カナダ参戦! ECBのQEが予想どおりならユーロ反発も(1月22日、西原宏一)

 堅調に推移し続けてきた日経平均は、ついにリーマンショック前の高値水準である、1万8300円台を回復しました。本日(2月19日)の日経平均の高値は1万8322円。

日経平均 月足

(出所:株マップ.com

 世界を震撼させたリーマンショックにより急落した日経平均ですが、アベノミクスが始まって以来、上値を追い続け、ついに全戻しの展開です。

■FOMC議事録の「international developments」とは…?

 日経平均が大きく値を戻す中、米ドル/円は低調。2014年12月8日(月)に121.85円まで急伸するも、そこがレジスタンスになり、2015年に入ってからは、120円台でもなかなかステイできません。

米ドル/円 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/円 日足

 米ドル/円のリーマンショック前の高値は124円ですので、このところの米ドル/円は、日経平均の動きに追随できていない展開。

米ドル/円&日経平均 日足

(出所:米国FXCM

 この要因として、以前、当コラムでご紹介した「米国はどこまで米ドル高を容認するのか?」という懸念が少しずつ拡大していることが挙げられます。

【参考記事】
通貨安戦争からスイス脱落、カナダ参戦! ECBのQEが予想どおりならユーロ反発も(1月22日、西原宏一)

 本日(2月19日)早朝に公表されたFOMC(米連邦公開市場委員会)議事録で注目されたのが、1月会合の声明文から盛り込まれた「international developments=国際情勢」が何を意味するのかという点。

 一般的に、これは欧州の景気動向や中国経済の減速、そして、原油安を指していると言われていますが、本日(2月19日)公表された議事録では、米ドル高に関するコメントが見受けられたことで、米ドルの上値を抑えることに。

米ドルVS世界の通貨 30分足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドルVS世界の通貨 30分足

 FOMC議事録の詳細を見ると、米ドル高継続のリスクを指摘したのは、わずかな人数(a few)。そのため、米ドル急落は避けられています。

 ただ、「international developments」が意味することのひとつが、米ドル高ではないかという点が、市場にさらなる米ドル高に向かうことへの警戒感を起こさせています。

米ドルVS世界の通貨 週足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドルVS世界の通貨 週足

 グローバルな通貨安戦争の相対として…


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 メルマガ「トレード戦略指令!」有料会員向けに西原宏一さんとフリーアナウンサーの大橋ひろこさんがぶっちゃけトークを繰り広げる動画コンテンツ「FX・投資作戦会議」を一部無料公開しています。ぜひ、ご覧ください。

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一投資戦略メルマガ「トレード戦略指令!」

「トレード戦略指令!」10日間の無料体験期間がありますので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る