ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

9月利上げ不明だがドル円125円タッチ、
今晩はイギリスの金融政策に注目!

2015年08月06日(木)15:28公開 (2015年08月06日(木)15:28更新)
持田有紀子

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

 昨日はアジア時間を通じてもドル円は高値張り付きのままだった。124.40あたりを高値のバウンダリーとしてワーク。目先は前日の高値がテクニカルポイントとして効いている。当面の売りたい人は、ここで売ってくるのは当然のことだろう。私も売ってみたいのだが、いかんせん値幅が小さいので、ポジションを取ること自体リスクが大きいのではないかと尻込みしてしまう。だからなかなか手が出ないでいた。まあ夜の経済指標まで待ってみるしかないか。

 そしてあまりに毎日暑いのでバテ気味だったし鰻を食してから、21時からPCの画面の前に向かった。ドル円はやや軟化。124.20あたりまで下がってきている。といっても20ポイントくらいだけだが。これから雇用統計に向けての大事な時間帯なので、その前哨戦であるADP指数の前に軽いポジション調整も出てきたものだろう。

 そして実際に結果は悪かった。20万人台を下回り、18万人台の増加にとどまった。最近のなかではかなり低い数字だ。しかし為替相場だけを見る限り、その失望に対する反応は限定的だった。ユーロドルは1.08台だったものが1.09台まで瞬間ジャンプしたが、ドル円はさがっても124円台を割り込まず。これではドル空きするしかないなという感じにもなってくる。

 ニューヨーク勢はドル買いで参入したようだ。とくにUSファンドなどはせっせとドル買いに励んだようだ。アメリカの貿易収支やISMの非製造業などの経済指標も出たが、それでも強烈なドル買い意欲には変わりなし。FRBのパウエル理事が9月利上げは可能性が低いと発言したことで、マーケットがリスクテークになってきたのも一因だ。ドル円はついに125円ちょうどにワンタッチ。

 私も124.50アッパーでは何度かドル円ロングで手を出してみたが、それほどもうまく乗れなかった。さすがに125円台は今年の最高値にアプローチしているので、高値警戒感が強い。ここのレベルで安心してロングホールドしていられるレベルではないのだ。

 それにしても8月に入っても、まだ9月利上げがあるのかどうかも判然としない。過去の20年間であれば、利上げに転ずるところ、利上げに転ずる重要な局面では、時間の会合で行うだろうことが事前にマーケットのコンセンサスでできていた。今回は何とも市場との会話ができていないのが明らかだ。

 上げるべきところを上げないで時間だけ経過してしまうという図式は、かつて日本で見てきた通りである。以前はそうした日本のスタンスを非難していたアメリカではあるが、今となっては当のアメリカでも同じようなことが起こりつつある。もう先進国は金利のない世界に突入してしまったのであろうか。

 今晩はBOEの会合もあるし、インフレ報告も出る。マーケットでは一番先に利上げに踏み切るのはイギリスではないかとの観測も強くなっている。そしてBOEのメンバーの発言でも、それを否定するものではない。ここ1か月の間でも要人発言でポンドが上昇したこともある。果たしてEU圏に属しているイギリスが、EUの量的緩和の最中にでも利上げなど先駆けてできるものかどうか。サプライズはないと思うが、ポンドの動きにも注意しておきたい。

日本時間 15時30分
 

ヒロセ通商[LION FX]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る