ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

バカラ村
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

重要イベントを控え小動き、
ドル相場の動向に十分に注意したい

2015年12月02日(水)15:17公開 (2015年12月02日(水)15:17更新)
持田有紀子

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で5000円もらえる

 昨日もアジア時間でドル円は下がったが、122.65あたりまで。なかなか下値突っ込みの見られない状況が続いている。

 いよいよ12月に入ってきて、欧米の金融政策の動向が待たれているところ、ようやくアメリカは利上げ、ECBは追加緩和を何かしらやってくるだろうというコンセンサスに行きついたからだろう。

 ユーロ売りの材料とドル買いの材料が並立しているのだ。後は先月末の安値である1.0558をブレークできるか、また3月につけた今年の安値である1.0463を触ることができるのか。そうしたテクニカル面からのサポートを意識せざるをえない。

 しかし最近はユーロドルのほうがドル円よりも動くポイント数が少ない。それだけ煮詰まってきているとも言えるのだが、昨日の相場でもドル高局面ではドル円の上昇が目立った。

 欧州時間でドル円は123円台に乗せてきて、それが為替相場のドル高を支援している。欧州ではいろいろな経済指標が出てくるものの、結果はマチマチではっきりしない。

 そこへ持ってきてブラジルのGDPが予想を大きく下回ったのと、トルコでの爆発騒ぎである。ドルロングが短期的にたまってしまっていた面もあったが、すぐにドルの利食い売りと逃げの売りを誘発した。

 しかし大きくドル相場が崩れるということもなかったので、巨大なストップロスを誘発するということはなかった。結果としてニューヨーク時間では値幅の小さい為替相場となった。

 今日からは重要な経済イベントが並ぶ。まずは今晩のADPの雇用指数である。12月利上げがほぼ決定的となっている今、それほども雇用関連の指標を重視する必要もない。

 だが良くない場合には、ドル相場の調整を余儀なくされるケースも出てくる。昨日はアメリカの長期金利は急激に下がっていたりもするのだ。ドルの下値方向には要注意である。


日本時間 15時10分
 

ヒロセ通商[LION FX]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
ザイ投資戦略メルマガ キャンペーンおすすめ10 jfx記事
ザイ投資戦略メルマガ キャンペーンおすすめ10 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る