ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

日銀会合でマーケットは混乱、
ドル円も反動で急落へ

2015年12月18日(金)19:08公開 (2015年12月18日(金)19:08更新)
持田有紀子

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

 昨日の欧州序盤ではドル円は122円台に乗せてきており、まだドル買いの勢いが残っている。なかなか下がらないからだ。押し目がないということは、それだけ多くの人が待っているということだ。待ちきれないから、ちょっと高いものでも買っておこうとする。

 それでますます押し目を作らない形となってしまう。欧州株は一段高して始まったので、リスクテークの見方から、ますますドル円やユーロ円といった円がらみの通貨ペアは底堅くなっていった。

 私もドル買いスタンスで臨むことにして、ドル円の買い場、もしくはユーロドルの売り場を探していた。しかし欧州時間からニューヨーク勢の参入するまでには、ドル円もユーロドルも30ポイントほどしか動かなくて、私のトレードも10ポイント刻みの取引となった。損失は出なかったが、期待したほども儲かっていない。

 昨日のニューヨーク時間では原油安がマーケットの不安心理を増大させた。ドル金利の上昇に加えて、為替相場ではドル高だ。だから商品市況を直撃するのは避けられない。それが市場全体のリスク回避を促すことになる。

 そして米国株も大幅安を強いられ、その前日のFOMCで上げたゲインの分をすべて吐き出した。しかしドル相場は堅調さをキープして、ドル円などはほぼ高値圏で引けたといってもよい。

 今日は日銀の会合だった。どうせ何もしないだろうという観測のほうが強かったのだが、今回は違った。基本的に金融政策に変更はないのだが、ETFの買い入れ分の枠を3000億円引き上げるというのだ。これは実に微々たるものである。しかしこれがヘッドラインで流れた瞬間は、無視してよいのかどうか、判然としなかった。

 日本株はその瞬間、ちょっと下がった。しかし速攻で切り返し。しばらくすると猛烈に上がってきた。日経先物は600円以上も上げてきた。これは追加緩和の一環として捉えられているのか。ドル円も最初はマゴマゴしていたが、122.70を超えてきたあたりから上げが加速し、123円台の中盤まで吹き上がった。

 しかし時間の経過とともに次第にマーケットは落ち着いてきた。私も最初に感じたように、何もしていないのと同じことだという認識が広がってきたようである。そしてドル円も徐々に下がってきて、しばらくは122.90あたりでもんではいたが、日本株も下げが顕著になってくると、ドル円も急激に下げてきた。私もこの下げには追随していった。

 結局、マーケットがリスクオフということで東京市場を終えた。ドル円も121円台までダイブしている。ちょっと上も下もやってしまったので、これからの海外市場でも相場は混乱しそうだ。ちょっとチョッピーな展開が続きそうである。


日本時間 18時30分

 

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定で4000円!

GMOクリック証券[FXネオ]

当サイト限定キャンペーン実施中!新規口座開設後5万円以上入金&2回以上取引で4000円がもらえる!

link

初心者でも安心の少額取引!

SBI FXトレード

少額1通貨単位から取引ができるSBI FXトレード!ザイFX!限定キャンペーン中!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る