ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒

【外為どっとコム】当サイト限定3000円もらえるキャンペーン実施中!

バックナンバー

ポンド危機:中央銀行がヘッジファンドに敗れ
ポンドが暴落した「ブラックウェンズデー」

2016年06月23日(木)東京時間 12:43

【外為オンライン】ザイFX!限定3000円+FX書籍がもらえる

 英国がEU(欧州連合)離脱問題で揺れている。6月23日(木)に行われる英国国民投票で、もしもEU離脱が決まれば、英ポンドは短期間のうちに20%、30%下落すると予想する向きもある。

【参考記事】
英国がEU離脱なら英ポンドは20%暴落か。7500万円払えば、いち早く結果がわかる!?
ドル/円は105円決壊で100.60円へ下落中! 英ポンド/円は1カ月以内に30%乱高下!?
緊急特集:EU離脱・英国国民投票まとめ。英国は本当にEUを離脱するのか?

 そのような「ポンド危機」は果たしてやってくるのだろうか?


 ジョージ・ソロスをはじめとしたヘッジファンドが英ポンドに対し、猛烈な売り仕掛けを行う一方、中央銀行は巨額の為替介入や、さらには1日に2回もの利上げを行って(それも2回で合計5%もの利上げ!)、何とか英ポンドを支えようとこれに対抗。しかし、ついに中央銀行が敗れ去り、英ポンドは暴落を開始──これは、1992年9月16日(水)を中心とする日に実際に起こったことである。

1992年9月16日(水)──この日は「ブラックウェンズデー」と呼ばれている。

 本記事では今から24年前に起こった、この「ポンド危機」について、紹介したい。

■欧州通貨制度&欧州為替相場メカニズムとは?

 「ポンド危機」に関係大ありなのが、1979年に導入された欧州通貨制度EMS、European Monetary System)というもの。これについて、まず説明しよう。

 欧州通貨制度ではECU(エキュ、欧州通貨単位)が制定された。これは当時のEC(欧州共同体)各国通貨を一定量含むバスケット通貨単位であり、要するに今のユーロにつながるものだった。

 さらに欧州為替相場メカニズムERM、European Exchange Rate Mechanism)という為替の変動を抑えるしくみが導入された。これは決められたECUの中心相場に対して、±2.25%(一部の国は±6%)の範囲に各国の為替変動を抑えるというものだった。

 為替相場が動いて、その範囲からはみ出しそうになったら、各国金融当局が金利を上げるとか、介入するなどして、そうならないようにするというのだ。

 また、旧西ドイツの経済的な存在感が増していくにつれ、事実上、各国金融当局が目安とするのは対ECUの相場ではなく、対西独マルクの相場になっていったという。

 1979年に導入されたこのERM、ときのマーガレット・サッチャー首相は乗り気でなかったそうで、英国は長らく参加していなかった。しかし、1990年10月、サッチャー政権の最末期になって、英国は結局、参加することになった。そして、これが結果的には危機につながってしまったのだ。

■ハイパーインフレのトラウマでドイツは利上げ続行

 英国がERMに参加した1990年10月は、実は東西ドイツが再統一した月だった。

 再統一により、モノ不足だった旧東ドイツの人たちは、西ドイツの製品を自由に買える! ウェーイ! といった具合で買い物に殺到。この“統一特需”によって、ドイツ経済は絶好調となったのである。これでインフレ期待が高まり、ドイツは利上げを続けていくことになる。

 また、“統一特需”が一巡して、今度はドイツ経済が減速に向かう中でも、ドイツ政府が旧東ドイツへの支援のために財政出動を行ったことや、かなりの格差があった旧東ドイツの賃金と旧西ドイツの賃金を平準化する方針が示されたことなどから、ドイツのインフレ率は上がり続けた。そこで、インフレを抑えるために、ドイツは利上げを続けていったのである。

ドイツのインフレ率(1985年~1995年)

(出所:IMFのデータより、ザイFX!編集部が作成)

 ドイツは第一次大戦後にすさまじいハイパーインフレを起こしてしまった国。そのため、今に至るまでインフレには実に厳しい姿勢をとるお国柄だ。多少の景気低迷より、インフレ退治が大事!ということで、利上げを続行したわけだった。

 1991年1月には6.00%だったドイツの政策金利は1992年9月初旬の段階では8.75%まで上がっていた。

 一方、このころ、英国景気は低迷し続けており、1990年9月に15.00%だった政策金利は利下げサイクルに入った。1991年9月には10.50%まで利下げが進んだが、そこから8カ月ほどは10.50%のまま踏ん張り、1992年5月に10.00%へ利下げすると、そこからまた4カ月ほどはそのまま踏ん張っているという状態で、1992年9月を迎えていた。

英国とドイツの政策金利(1989年1月~1993年1月)

(出所:財政金融統計月報のデータより、ザイFX!編集部が作成)

 結局、ドイツの政策金利が8.75%だった9月初旬の段階で、英国の政策金利は10.00%であり、英国の政策金利の方がまだ高かったのである。

■英ポンドは過大評価されすぎている!

 このような状況に目をつけたのがクォンタム・ファンドを率いるジョージ・ソロスとその右腕であるスタンレー・ドラッケンミラーだった。

 ソロスといえば、最近、トレーディングを再開したことが話題になったばかり。今後の世界経済に悲観的な見方をしており、ソロスはそれに基づいたポジションを取っているようだ。ただ、英国のEU離脱・残留については、EU残留派が勝つとみており、今のソロスが特に悲観しているのは英国ではなく、中国経済のようである(もしも英国がEU離脱となれば、英ポンドは急落すると警鐘は鳴らしている)。

【参考記事】
引退したソロスが動くほど今後の相場はおもしろい!? リーマン級ショックも想定内!(陳満咲杜)
ソロスが世界経済悲観トレード開始! 米ドル/円は中期で100円を目指す過程に(西原宏一)

 そんなソロスを一躍有名にしたのが、本記事のテーマである1992年の「ポンド危機」というわけだ。

ジョージ・ソロス

ジョージ・ソロスは1930年生まれ。1992年の「ポンド危機」のときはすでに62歳になっていた。意外と有名になるのは遅かったのかも…? この写真は1986年、55~56歳のころに撮影されたもの。最近、トレードを再開したというソロスはもう85歳になる。 (C)Ted Thai/Getty Images

英国はえらく景気が悪いのに…

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2399人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 96943人 ザイFX!のtwitterをフォローする

FX害者のスペックをザイFX!が徹底調査 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較ができる 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!?
ザイFX!編集部

米ドル/円、ユーロ/米ドル、ユーロ/円をはじめとした為替相場はこれからどう動くのか? このコーナーでは「ザイFX!」編集部が為替のプロのホンネに鋭く迫る記事をお届けします。
また、カリスマ個人投資家へ突撃取材したり、FX業界の最新動向をいち早くお伝えするなど、FXに関する幅広い話題も取り上げます。

ザイFX!編集部の他の担当コーナー
ザイスポFX!」へ
FXの知られざるナゾの世界」へ
FX毎日バトル!」へ
やさしいビットコイン・仮想通貨研究所」へ

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

FX会社高額キャンペーンランキング

  • ★ザイFX!独自★3,000円キャッシュバック(トライオートFXで3万通貨以上の新規取引で)+最大20,000円キャッシュバック(トライオートFXで自動売買セレクトによる5000通貨以上の新規取引で)+特別レポート『この一冊から始めるトライオートFXのチュートリアル本』(トライオートFXの開設で)+10,000円キャッシュバック(シストレ24で自動売買での20万通貨以上の新規取引で。)+PDFファイル『トルコリラ・攻略レポート』(申込で)・インヴァスト証券[トライオートFX](12月31日まで)
  • ★ザイFX!独自★3,000円キャッシュバック(シストレ24で自動売買での5000通貨以上の新規または決済取引で)+レポート冊子『フルオートの始め方と運用のコツ公式ガイドブック』(シストレ24の口座開設で)+10,000円キャッシュバック(シストレ24で自動売買での20万通貨以上の新規取引で。)+最大20,000円キャッシュバック(トライオートFXで自動売買セレクトによる5000通貨以上の新規取引で)+特別レポート『この一冊から始めるトライオートFXのチュートリアル本』(トライオートFXの開設で)+PDFファイル『トルコリラ・攻略レポート』(申込で)・インヴァスト証券[シストレ24](12月31日まで)
  • ★ザイFX!独自★4,000円キャッシュバック+5,000円キャッシュバック(ポンド円15万通貨以上の新規取引で)+2,000円キャッシュバック(他社からの乗換えで新規口座開設後、対象通貨ペア10万通貨以上の新規取引で)+ヒロセ通商オリジナル2020年版FX専用カレンダー(ポンド円10万通貨以上の新規取引で)・ヒロセ通商[LION FX](1月1日まで)
  • ★ザイFX!独自★3,000円キャッシュバック+最大2,000円キャッシュバック(マイナンバー登録と入金で)+6,000円キャッシュバック(マネ育スクール全3回受講後、キーワード&アンケート回答と新規口座開設で)・外為どっとコム[外貨ネクストネオ](終了日時未定)
  • ★ザイFX!独自★2,000円キャッシュバック(5万通貨以上の往復取引で)+最大5,000円キャッシュバック(20万通貨以上の往復取引で)・ゴールデンウェイ・ジャパン(旧FXトレード・フィナンシャル)[FXTF MT4](12月31日まで)

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

GMOクリック証券
FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性

注目FXニュースをPick Up!

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較! レバレッジ3倍で年利30%!?メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底比較!

ここから口座開設すると超おトク!!ザイFX!期間限定キャンペーン実施中

FX初心者のための基礎知識入門

世界の為替チャート

ビットコイン/円0.00800296.00

XBTJPY

ビットコイン/米ドル+20.70007355.2000

XBTUSD

ビットコイン/ユーロ+3.50006638.5000

XBTEUR
Powered by kraken

みんなの米ドル/円予想など…ザイFX!Twitterアンケート

『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイFX!の有料・無料メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」

TOPICS

FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム






FX&コモディティ(商品)今週の作戦会議

12月09日更新

どうする?どうなる?日本経済、世界経済

今井雅人 12月05日更新

トランプ大統領の要求がさらに過激に!? 米ドル/円は110円台へ







元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)



ザイFX!メルマガ

今月の経済指標 予想&結果