ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

目先は下値不安の薄いクロス円、
雇用統計と共にトランプ発言にも注意!

2016年12月02日(金)16:24公開 (2016年12月02日(金)16:24更新)
持田有紀子

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で5000円もらえる

 昨日は東京時間でドル円は高値攻めをやって、114.82まで。これが目下のところ、トランプラリー後の最高値となっている。しかし欧州序盤に至るまでに利食い売りに押され、113円台に突入。

 しかし113円台は拾いたい人が多かったようで、すぐに114円台に戻す。あまりにも押し目が浅かったので、私も拾い気味でロング政策をとる。ユーロ円も121円台まで乗せてきているので、円絡みの通貨ペアに関しての下値不安は目先は薄い。

 ニューヨーク時間では再びドル円は高値攻め。しかし昼間の高値を超えられず。前日のOPECの勢いで原油相場が持ち上がっているにも関わらず、マーケット全体がリスクテークになる感じでもなく、米国株は重い。夜中にドル円はやや値崩れを起こし、再び113円台まで沈んだりしている。

 今晩のアメリカの雇用統計はほとんど注目度が薄い。すでに12月利上げは完全に市場に織り込まれており、来年の中盤を議論するにはまだ早すぎるからである。それよりも前にトランプ氏の就任という恐ろしい事態が控えているからである。

 しかしだからといって雇用統計を無視するわけにもいかない。積極的に手を出さないにしても、値動きだけはウオッチし続けねばならない。場合によっては115円台乗せというシナリオも恥できないのだから。

 予想では就業者数は18万人ほどの増加が見込まれている。先日の民間調査ではやや上ブレていたので、20万人の増加と出ても、マーケットは調整を強いられないだろう。12月利上げに向かって淡々と進んでいくだけだろう。また一層のドル買いも起こりそうもない。

 これは結果が悪かった場合もそうであって、つまり為替相場が動くためのテーマはすでに12月利上げではなくなってしまっているということだ。それよりも閣僚人事が煮詰まってきたトランプ政権からの発言のほうが、マーケットにとっては破壊力がある。

日本時間 16時00分
 

おすすめFX会社
link

人気の1000通貨自動売買『iサイクル注文』

外為オンライン

特別に3000円と書籍『月刊マネー誌ザイが作った「FX」入門改訂版』プレゼント!

link

初心者でも安心の少額取引!

SBI FXトレード

少額1通貨単位から取引ができるSBI FXトレード!ザイFX!限定キャンペーン中!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
ザイ投資戦略メルマガ キャンペーンおすすめ10 jfx記事
ザイ投資戦略メルマガ キャンペーンおすすめ10 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る