ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

雇用の指数とても良くドル全面高、
ECBの緩和姿勢にやや注目!

2017年03月09日(木)15:37公開 (2017年03月09日(木)15:37更新)
持田有紀子

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

 昨日はアジア時間ではドル円は113円台の後半。それが欧州序盤になって114円台に乗せてきた。しかし前日の高値であった114.13を超えてこれないので、なかなかグッと伸びない。しかしADP指数の発表が間近に迫ってくると、期待ベースのリスクテークでドル円はやっと上抜けしてきた。

 そして結果としてADP指数は予想を大きく超えて良いものとなった。それでドル相場が上昇。114円台の後半までドル買いが進んだ。私も114.55とかでロング参戦もしてみたが、いったん上がった後は高いレベルでの小動きとなった。ポジションを持っているだけで疲れてしまう。

 そうした円安状況でもあったが、上サイドにはオファーもしっかりと入っているのか、まったく上がっていかない。やはりドル円が上がっていったにしても、それは今年の半値である115.10に到達しなかったからだろうか。

 半値から下でのプレイに固執するような形で、レジスタンスとしてワークしている。ドル円の上値がキャップされたことを確認しているうちに、ドル円は利食い売りが優勢となってきた。私も抱えきれずに同値近辺でポジションを閉じることにした次第。

 来週のFOMCでは3月利上げが見込まれているので、企業負担の増加も意識されだしてきている。米国株は続落中なのだが、昨日もやはり米国株は重たかった。やはり利上げは株安につながるというファンダメンタルズの通りに事は進んでいる。

 今晩はECBの金利会合がある。前から話題になっているユーロのテイパリングがどうなるのかが、市場の関心を集めている。また「議論もしていない」といってドラギ総裁は一蹴してしまうのか。現状を素直に見ると、欧州株はとても高いわけで、金融緩和を継続しているだけの十分な根拠は薄らいでいる。

 文言に変化を見つけようとするほうが奇怪なことだが、そこにはいちおうの注意を払っておく必要がある。ユーロドルが200ポイント級の上昇をするかもしれないからだ。またそれが間接的にドル円の下げなどをもたらすかもしれないので注意しておきたい。

日本時間 15時30分

おすすめFX会社
link

人気の1000通貨自動売買『iサイクル注文』

外為オンライン

特別に3000円と書籍『月刊マネー誌ザイが作った「FX」入門改訂版』プレゼント!

link

使いやすい取引環境の【LIGHT FX】

トレイダーズ証券[LIGHT FX]

ザイFX!限定で3000円がもらえるおトクな口座開設キャンペーン実施中!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る