ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

利上げ主張派の増加でポンド上昇、
クロス円が先導したリスクオン

2017年06月16日(金)16:20公開 (2017年06月16日(金)16:20更新)
持田有紀子

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で4000円もらえる

 昨日はアジア時間においてグローベックスのなかで米国株の大幅下落が進んだ。それは前日のFOMCの結果を受けて、ということになる。ニューヨーク時間だけでは消化しきれなかった面もある。評価はともかくも、実際に金利が上がっているのだ。

 企業利益にとって負担になるのは確実である。予想通りだったとかは関係はない。しかも米国株は多くのアナリストが述べているように、米国株、特にハイテク株の価格水準はオーバーバリューの状態にあるのである。

 そうしてマーケット全体がリスク回避の勢いが強まった。為替相場ではドル円やユーロ円といったリスクに弱いものが値を下げ、私も何度かドル円ショートで攻めてみたが、なかなかすんなりと下がらない。目立って下がったのは朝だけなのか。何度も買い戻した。ショートカバーがとても怖いからだ。

 海外市場にシフトして、欧州株もゆるい。イギリスの金利会合では変更なしで予想通りだったが、8人いるメンバーのうち3人までが利上げを主張したことがわかると、ポンドの利上げは近いという認識に変わった。

 ポンドは上昇。ポンド円が引きずる形でクロス円は全面高の形に変わった。このステージでドル円は110円台に乗せてきた。ドル円をベアで構えていた私としては、ちょっと拍子抜け。

 こうなるとリスク許容度が高まってきて、下げていた米国株も次第に回復へと向かった。ニューヨーク時間では総じてリスクテークとなり、米国株も大幅に下げていた分をすべて取り戻した。ドル円もほとんど押し目を作らずに110円台の後半まで上がってきて、そのまま高値引けとなった。

 今日は朝からドル円は一段高。111円台を見ている。FOMCの後、1日の調整をはさんでドル高に落ち着いた形となっている。日銀の金利会合があったが、期待されていないだけあってマーケットは無反応。プレーヤーの関心は再び海外市場に向かっている。

日本時間 16時00分

ヒロセ通商[LION FX]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る