ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ポール・サイ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

税制改革への期待でリスクフル、
ドル円111円台ミドルは微妙な位置

2017年11月29日(水)16:37公開 (2017年11月29日(水)16:37更新)
持田有紀子

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

 昨日のアジア時間ではドル円は111円台の前半。その前日に110円台への下値突っ込みから跳ね返された直後なので、110円台には買いたい人々のビッドが集まってきているようだ。ドル円のショートでは攻めたいものの、反発過程にある相場に逆張りするのは気持ちが乗らないものだ。

 欧州時間ではおおむねドル円が堅調。FRBのパウエル理事の発言を期待してのリスクテークがやや進んだ。パウエル理事は先日に内容をしゃべってしまっているのだが、それでも期待が集まっている。米国株がストロングに始まったので、ドル円は111.40あたりまで値を上げてきた。

 いつもならばニューヨークオープンだけ見て寝入ってしまうのだが、昨日は夜中に目が覚めてしまった。夜の3時くらいである。出てきた経済指標を確かめると、どれも好景気を裏付けるものばかりだった。それで米国株も歴史的な最高値ゾーンにいた。

 リスク許容度が増大している割には、ドル円は111.20から111.40までの狭いレンジをウロウロしている。もうちょっと上がってもよさそうなのに、というのが私の思いだった。そんな時に北朝鮮のミサイル発射が出てきた。

 ずっと発射の兆候があるといわれてきていたが、久しぶりの発射である。しかしマーケットは崩れなかった。もうすでに地政学的リスクの高まりは押し目で買いだというパターンが続いているので、リスクオフとなったのはほんの15分くらいだけであって、すぐに元のレベルに値を戻してきた。それどころか、ドル円はそれまでの日中の高値をも抜けてきたのである。

 税制改革案が上院の予算委で通過したので、米国株は大幅高となった。このため北朝鮮問題はまったく無視される格好となった。パウエル理事のコメント内容は事前の公表分と同じで、地銀が対象の規制緩和も説かれた。

 今日になっても見ることのできたドル円の111.60レベルを高いとみるか、安いとみるか。私のようなベア派ならば、こんなに戻ったと感じるだろう。しかしもっと上を見ているブル派は、戻ってもまだ111円台かと失望していることだろう。

日本時間 16時30分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る