ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒

【外為どっとコム】当サイト限定で現金がもらえるキャンペーン実施中!

FX情報局
バックナンバー

インフレ率2616%、通貨暴落のベネズエラ。
仮想通貨ペトロを政府が発行して危機脱却!?

2018年01月30日(火)14:00公開 [2018年01月30日(火)14:00更新]

【外為オンライン】ザイFX!限定3000円+FX書籍がもらえる

■ベネズエラの通貨が大暴落中!

 イキナリですが、以下のチャートをご覧ください。

ボリバルフエルテの対米ドルチャート 日足
ボリバルフエルテの対米ドルチャート 日足

※Dolartoday.comのデータを基にザイFX!が作成

 ものすごい暴落を演じていますが、実はこれ、南アメリカの北部にある連邦共和制国家、ベネズエラ(正式名称「ベネズエラ・ボリバル共和国」)の通貨、ボリバルフエルテの対米ドル相場(※)の推移を示した日足チャートなのです。

(※:上のチャートではボリバルフエルテの暴落の様子がわかりやすいよう、価格の軸(縦軸)を反転して表示してあります)

 ベネズエラには、政府が導入している「DIPRO(ディプロ)」と呼ばれる公式為替レートがあります。2008年に、通貨の価値を1000分の1に切り下げるデノミネーション(デノミ)を実施して、それまでのボリバルからボリバルフエルテに通貨を切り替えました。

 ボリバルフエルテはその後、2016年の実質的な切り下げ措置を経て、現在は1米ドル=10ボリバルフエルテで固定されています(厳密には多少の変動があります)。

 じゃあ、ボリバルフエルテが大暴落している上のチャートは何よ? ということになるのですが、これは合法的な外貨購入時に適用される公式レートではなく、一般的に街中で取引される非公式の為替マーケット、いわゆる「闇市場」での取引レートなのです!

 いったい、ベネズエラでは何が起こっているのでしょうか……。

■原油埋蔵量世界一の国家がなぜ…?

 国際エネルギー企業BPが発行する最新のエネルギー白書によると、ベネズエラで確認されている原油埋蔵量は、なんと世界一!

※BPのデータを基にザイFX!が作成

 原油といえばサウジアラビア、みたいなイメージがありますが、ベネズエラの原油埋蔵量は、ここ数年でサウジアラビアを抜いてトップになっています。実際に回収が可能な原油の埋蔵量はそんなに多くないとみる専門家もいるようですが、ベネズエラはかつて、OPEC(石油輸出国機構)の設立にも尽力した石油大国なのです。

 そのベネズエラの石油が占める輸出収入の割合は、2014年時点で実に96%! 極端な石油依存体質でもあります。

 そのため、かつては石油の輸出で莫大な外貨を獲得し、南米で屈指のお金持ち国家だった歴史もありました。しかし、そこにあぐらをかいた放漫財政もアダとなり、1980年代の原油価格急落で、経済状況が悪化の一途をたどっていきます。

 その後、主要企業や生産設備の強制的な国有化で起きた採算度外視のずさんな経営で、ベネズエラの財政状況はさらにひっ迫。石油以外にこれといった主要産業がなく、食料品を含む生活必需品の多くを輸入に頼っているベネズエラは深刻なモノ不足におちいり、国内で物価が急騰するインフレーション(インフレ)が常態化していったのです。

 さらに、2014年あたりからの世界的な原油安が追い打ちとなって、ここ数年のベネズエラ経済はハイパーインフレに直面するという、まさに危機的な状況となっています。

NY原油 週足
NY原油 週足

(出所:Bloomberg)

■原油価格は持ち直しているけれど…

 ここ最近は原油価格が少し上昇しているため、ベネズエラの財政状況も多少は良くなっていると思ったのですが、実際のところは違うようです。

 OPEC主導の協調減産による自発的なものではなく、非効率な投資や設備の老朽化などで、ベネズエラの原油生産量はここのところ、ずっと減少傾向にあります。

※BPのデータを基にザイFX!が作成

 さらに、欧米による経済制裁の影響もあって、経済の状況は一段と深刻になっているとのことです。

 こうした中、財政赤字を穴埋めしようと政府が中央銀行に圧力をかけて大量の紙幣を発行させた結果、闇市場でボリバルフエルテの価値が暴落し、物不足があわさってハイパーインフレが加速するという、最悪の事態になっているのです。

■まさに異常事態。コーヒーの値段が44万%も上昇!?

 ベネズエラの中央銀行は、2016年から主要な経済指標の公表を停止しています。そのため、正式なデータは存在しないのですが、国会が独自に集計した主要都市の2017年のインフレ率は前年比でプラス2616%になったとのこと!

 日本円でたとえれば、1年前に100円だったものが、今は2716円を払わないと買えないということです。300円の牛丼は、8000円以上になる計算…。

 IMF(国際通貨基金)が公表した最新のデータでは、ベネズエラの2016年のインフレ率はプラス302%だったので(これもスゴイ数字ですが…)、2017年はさらに、とんでもないインフレに見舞われたことになります。しかも、IMFは2018年にはベネズエラのインフレ率が2500%を超え、2020年には4000%をも上回りそうだと予測しています。すごい…。

ベネズエラのインフレ率

※2017年以降の値(破線部分)はIMFの予測によるもの
※IMFのデータを基にザイFX!が作成

 また、米大手通信社ブルームバーグが独自に算出した指数によると、ベネズエラではコーヒー1杯の値段が直近の3カ月でなんと、年率440000%も上昇したんだとか!! ちょっと想像がつきませんね。

 物価上昇率が2%に達していないことに苦慮している日本、米国、ユーロ圏なんかとは、どえらい違いです。

 ちなみに、JETRO(ジェトロ、日本貿易振興機構)のデータによると、ベネズエラの政策金利は2017年11月現在で29.5%と、ものすごい高金利となっています。

 こんな状況を受けて、もともと独裁色が強く人気の低かったマドゥロ大統領の支持率はさらに低下。ベネズエラ国内ではデモが相次ぎ、多数の死者が出たりしています。また、食料品や医療品の極端な不足、治安悪化などで、市民生活が混乱に陥る危機的状況となっているそうです。

 さらに、マドゥロ大統領の独裁体制が一段と強まったことを非難…

注目ザイFX!編集部おすすめのFX会社
スプレッドは業界最狭水準 インヴァスト証券[トライオートFX]

インヴァスト証券[トライオートFX]

過去実績から自動売買が選べる「自動売買セレクト」!自分用のポートフォリオが組めるトライオートFX

取引コストが安い! GMOクリック証券[FXネオ]

GMOクリック証券[FXネオ]

取引ツールも充実! 今ならザイFX!限定で1000円キャッシュバック!

FX情報局
FX情報局

知っているようで知らなかったFXに関連した情報が満載の「FX情報局」。このコーナーでは、FX業界の旬な情報やFXトレーダーの間で話題になっている出来事などをザイFX!編集部が徹底調査! FX初心者から上級者まで目からウロコの情報をお届けします。

当コラムのバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2414人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 105797人 ザイFX!のtwitterをフォローする

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
注目FXニュースをPick Up!
相場予想が当たらなくても儲かる!底辺高校卒業生と最強の為替サイトザイFX!が作った1日5分で稼ぐFXグルトレ完全ガイド
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較! メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底比較!
FX初心者のための基礎知識入門
みんなの米ドル/円予想など…ザイFX!Twitterアンケート
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイFX!の有料・無料メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」
TOPICS
FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム












元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)


ザイFX!メルマガ