ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

Facebook株急落で市場に不透明感…。
株安・円高継続で、ドル/円は100円の過程

2018年03月22日(木)18:02公開 (2018年03月22日(木)18:02更新)
西原宏一

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で4000円もらえる

■個人情報の不正利用問題でFacebook株が急落

 海外出張から戻ってきました。引き続き、よろしくお願いします。

 今週(3月19日~)、マーケットの話題をさらったのが、Facebook株の急落とケンブリッジ・アナリティカ

 今週(3月19日~)のFacebook株は、急落しました。

Facebook株 日足
Facebook株 日足

(出所:Bloomberg)

 その背景が、個人情報の不正利用問題。

 その中心にいるのが、英国に本社を置く政策コンサルティング会社、ケンブリッジ・アナリティカ。

 同社が、Facebook上の個人情報を自らの政策アドバイスに活用していたとされる問題で、マーケットは、一時騒然となりました。

写真はFacebookのマーク・ザッカーバーグCEO。Facebook上の個人情報が不正利用されていた問題でマーケットは一時騒然となった (C)Bloomberg/Getty Images

写真はFacebookのマーク・ザッカーバーグCEO。Facebook上の個人情報が不正利用されていた問題で、マーケットは一時騒然となり、Facebook株は急落した (C)Bloomberg/Getty Images

 この件は、BBCが下記のとおり、報道しています。

不正疑惑、心理操作、データ悪用などを含む驚くべき物語が、国際的な激しい反応を引き起こしている。

テクノロジーの巨人Facebook社と、データ分析を専門とするケンブリッジ・アナリティカ社は、個人データの収集と使用、そしてそれらが2016年の米大統領選や英国の欧州連合(EU)脱退に関する国民投票の結果に影響したかどうかをめぐる激論の中心にいる。

両社はいかなる不正も否定している。

出所:BBC

 さらに、BBCは、今回の問題がFacebookの規約に違反しているのかについても触れています。

当時、データはFacebookの仕組みを使って収集されていたし、他の多くの開発者も利用していた。ただ、データを第三者に共有することは開発者にも認められていなかった。

もう1つの主要な論点は、性格診断クイズを直接回答した人であっても、それが潜在的にドナルド・トランプ氏の選挙陣営に共有されることは分からなかっただろうことだ。

Facebookは、ルール違反があったことを認知したら、アプリを消去し、情報が削除されたことの保障を要求すると述べている。

ケンブリッジ・アナリティカ社は、データを使ったことはないし、収集したデータはFacebook社から消去しろと言われたときに消去したと主張している。

Facebook社と英国のデータ保護を管轄する情報コミッショナー事務局(ICO)はともに、データが適切に使用不能となっているかを確認したいとしている。

出所:BBC

 ここでの注目は、

(1) ケンブリッジ・アナリティカ社が、ハッキングしたわけでもFacebook社が情報を漏洩したわけでもないこと

(2) Facebook上で通常やり取りされているデータが、規則を超えて活用されたということ

 加えて、記事にもあるように、ケンブリッジ・アナリティカ社が…


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 メルマガ「トレード戦略指令!」有料会員向けに西原宏一さんとフリーアナウンサーの大橋ひろこさんがぶっちゃけトークを繰り広げる動画コンテンツ「FX・投資作戦会議」を一部無料公開しています。ぜひ、ご覧ください。

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一投資戦略メルマガ「トレード戦略指令!」

「トレード戦略指令!」10日間の無料体験期間がありますので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る