ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ドルの一段安を狙ったが限定的、
大注目の米企業決算がスタート!

2018年10月12日(金)16:07公開 (2018年10月12日(金)16:07更新)
持田有紀子

【副業FXで勝つためのメルマガ】田向宏行さんのFXメルマガは儲かるのか? ダウ理論の転換トレードで検証したらこうなった!

 昨日はドル円が112円台の前半で始まったが、さすがに111円台に突入したときの味が悪かったので、それ以降の突っ込み売りの試みは見られなかった。日本株は前日の米国株の大幅安をうけて安いのだが、それでも東京時間中は一段安が見られなかったことで、格別のリスク回避を誘うようなこともなかった。

 ドル円が下がりにくいならば、ということで同じドル売りということでユーロドルでも買ってみようかと考えた。しかしイタリア国債の入札が控えていた。これが済んでからでもよいだろう。

 とくにユーロの値崩れが見られなかったので、入札状況がどうだったかはわからないが、ともかくも無事に通過したのだろう。これを期に私はユーロドルをロングにしてみた。1.1562で買ったわけだが、すぐには上がらない。あんまり市場はイタリア問題で反応していない。後はストップ注文だけ置いておいて、待つしかない。

 次のターゲットはアメリカのCPIであった。前日にPPIが出てしまっているので、効果に3ヶ月遅れるといわれるCPIではあまり重要性は高くはないのだが、それでもインフレに敏感とされる長期金利が気にされている昨今である。

 何か過大な反応をするかもしれない。結果は予想を下回ったので、ドルの長期金利は若干、低下した。これで瞬間的にドル安が進んだが、それも数ポイントだけだった。ユーロドルは1.1595あたりまで吹き上がったように見えたが、すぐに押された。私もゲットアウトするだけで精一杯だった。

 昨日は米国株が復調しそうだったが、やはりリスク回避の流れは変わらなかった。米国株のボラティリティも30%台まで急上昇してきて、ダウンサイドリスクを意識しなければいけない状況となった。

 外部環境が悪いのは、何も従前と変わっていない。強いて理由を挙げれば、近づく企業決算の山場が原因だろう。これまで米国株の史上最高値を更新するための根拠となってきた企業利益に疑問符がついたのである。

 小売り大手のシアーズが来週にも倒産するということが、水曜日のセッションで報じられた。たしかにアマゾンなどネット販売に押されているのが明白だ。特に小売リセクターは競合が激しく、隣の店で買ったのならば、同じものを別の店で買うことはない。

 また食事の回数が1日3回だったものが、1日に5回も食べるようになったわけでもない。アマゾンでモノを買ったら、他の実店舗では買わないのが通常であろう。それが事実であるにもかかわらず、これまでシアーズやウオルマートなどは株価が値を飛ばしてきたのだ。

 しかも2回か3回前の企業決算では、史上最高益だったはずだ。そんなに儲かって仕方がないのに、なんで潰れてしまうのか。やはり疑念は公表してきた決算に帰することになる。本当に利益が出ていたのかどうか、他にも資金繰りを困らせるような隠れ借金があったのではないか、などなど。

 そしてその企業決算が本格化するのは今晩からである。まずは金融大手のJPモルガン、シティ、ウェルズ・ファードといったところ。これらの事前予想はどれもいい。そして結果で出てくるEPSがアナリスト予想を上回ったとした場合、その通りに株価が反応するのかどうか。

 それがさっそく試されるのである。企業利益のあり方に疑念が生じたような動きを呈した場合は、市場におけるリスク回避の動きは収まらないかもしれない。今度こそドル円やユーロ円の売り持ちがワークするかどうかトライしにいくことになる。


日本時間 16時00分


取引コストで比べる スワップポイントで比べる
キャンペーンで比べる 人気ランキングで比べる
最低取引単位で比べる FX会社比較トップページへ
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
【総合3位】 ヒロセ通商「LION FX」
ヒロセ通商「LION FX」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(10-28時)
0.3pips原則固定 1000通貨 54ペア
【ヒロセ通商「LION FX」のおすすめポイント】
54種類の豊富な通貨ペア、取引環境にあわせて選べる取引ツール、主要通貨ペアのスプレッドの狭さなどの優れた基本スペックに加え、毎月趣向を凝らした多彩な食品がプレゼントされるキャンペーンも人気のFX口座です。経済指標の速報をリアルタイムで知らせてくれる、「ロイター経済指標速報」を無料で使えるのも魅力です。
【ヒロセ通商「LION FX」の関連記事】
■ヒロセ通商「LION FX」の特徴やスプレッド、スワップポイント、取り扱い通貨ペア数などを紹介!
▼ヒロセ通商「LION FX」▼
ヒロセ通商「LION FX」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年5月21日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

外為どっとコム
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 トルコリラスワップポイントランキング 経済指標速報記事
トレーディングビュー記事 トルコリラスワップポイントランキング 経済指標速報記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る