ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒

外貨ex byGMO[外貨ex]はザイFX!経由の口座開設者限定キャンペーン実施中!

FX情報局
バックナンバー

ブラジルのトランプが大統領に! チャートで
わかるブラジルレアルの為替見通しは?

2019年01月21日(月)14:00公開 [2019年01月21日(月)14:00更新]

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

■南米最大の国ブラジル、面積は世界第5位

 さて、ここまで足もとのブラジルの政局やブラジルレアルの動きなどについて触れてきましたが、ここからはブラジルの基本情報や経済情勢についてご紹介したいと思います。

ブラジル国旗

 ブラジルは正式名称をブラジル連邦共和国と言い、首都はブラジリアです。ブラジルは南アメリカ大陸に位置する南米最大の国で、面積は851万平方キロメートルと世界第5位の広さがあります。

面積の大きい国
面積の大きい国

※外務省のデータを元にザイFX!編集部が作成

 記事冒頭で触れたとおり、ブラジルはBRICsの一角を占めますが、BRICsのなかでブラジルの面積は第3位で、日本のおよそ22倍の広さを誇ります。

 また、ブラジルは南米最大の国とあって、多くの国と隣り合っています。

ブラジル地図

(C)pop_jop/Getty Images

 ブラジルはフランス領ギアナ、スリナム、ガイアナ、ベネズエラ、コロンビア、ペルー、ボリビア、パラグアイ、アルゼンチン、ウルグアイと接しています。エクアドルとチリ以外の南米諸国とすべて隣接しているのです。

■ブラジルの人口は世界第5位の2億人

 次にブラジルの人口ですが、2億928万人で世界第5位となっています。

人口の多い国(2017年)
人口の多い国(2017年)

※外務省のデータを元にザイFX!編集部が作成

 人口の多い国を比較すると、世界第1位の中国と第2位のインドが13億人台と突出しています。ブラジルの人口はBRICsのなかでは第3位で、日本のおよそ1.65倍といったところです。

■ブラジルの名目GDPは世界第8位、実質GDPは一時マイナス

 また、2017年の世界の名目GDP(国内総生産)ランキングを見てみると、ブラジルは2兆551億ドルで世界第8位となっています。

名目GDPの高い国(2017年)
名目GDPの高い国(2017年)

※IMF(国際通貨基金)のデータを元にザイFX!編集部が作成

 世界の名目GDPランキングでは、面積や人口のランキングで上位ではなかった日本やドイツ、英国が3位から5位に浮上しています。ブラジルの名目GDPはBRICs首位の中国のおよそ6分の1、インドより若干低めといったところです。

 続いて、ブラジルの実質GDP成長率の推移を見てみましょう。

ブラジルの実質GDP成長率の推移

※IMFのデータを元にザイFX!編集部が作成

ブラジルの実質GDP成長率は2000年以降、おおむね4%前後でしたが、2015年と2016年はマイナス成長に転落しました。その背景については後述しますが、2017年以降はプラス成長を回復しています。

ブラジルレアルが取引できる会社
ブラジルレアルが取引できるFX会社はIG証券だけ!

■ブラジルの主要輸出品は一次産品とそれ以外が半々

 次にブラジルの経済情勢ですが、ブラジルの主要輸出品目は以下のようになっています。

ブラジルの主要輸出品目

※JETRO(日本貿易振興機構)のデータを元にザイFX!編集部が作成

 ブラジルの主要輸出品目のうち、大豆や鉄鉱石といった一次産品が46.4%と半分弱を占めています。一方で、半製品(※)が14.4%、工業製品が36.9%、合わせて51.3%と半分以上が一次産品以外の品目となっています。

(※編集部注:半製品とは完成品の製造途中ではあるものの、加工が終わり販売可能な中間的製品のこと)

 新興国には、価格変動の影響を受けやすい一次産品の輸出に依存する国もありますが、ブラジルは一次産品と一次産品以外の品目の輸出がおよそ半々となっています。

 先ほど、ブラジルの実質GDP成長率が「2015年と2016年はマイナス成長に転落した」と書きましたが、ブラジルの実質GDP成長率と代表的な国際商品先物指数であるCRB指数の推移を並べてみましょう。

ブラジルの実質GDP成長率とCRB指数の推移

※IMFとBloombergのデータを元にザイFX!編集部が作成

 ブラジルの実質GDP成長率とCRB指数がおおむね連動していることがわかります。ブラジルの主要輸出品目のおよそ半分が一次産品とあって、商品価格の下落が2015年や2016年のマイナス成長につながった部分もありそうです。

 2017年以降のCRB指数は引き続き低迷しているものの、ブラジルの実質GDP成長率はプラス成長を回復しており、足もとでは連動性が薄れているようにも見えます。

■ブラジルの主要輸出先、トップは意外にも中国

 そんなブラジルの主要輸出先ですが、以下のようになっています。

ブラジルの主要輸出先

※JETROのデータを元にザイFX!編集部が作成

 ブラジルの主要輸出先は中国が21.8%で首位、米国が12.3%で第2位となっています。ブラジルと距離が近い先進国である米国が首位かと思いきや、中国への輸出の方が多いようですね。

 また、ブラジルと隣接するアルゼンチンが3位となっているほか、日本も5位に食い込んでいます。

 商品を外国に輸出する際にネックとなるのが関税ですが、ブラジルはメルスコール(南米南部共同市場)と呼ばれる南米諸国の関税同盟に加盟しています。

 メルスコールは1995年、南米域内の関税撤廃等を目的に発足しました。現在の加盟国はブラジル、アルゼンチン、ボリビア、パラグアイ、ウルグアイ、ベネズエラ(現在は加盟資格停止)の6カ国となっています。

ブラジルの主要輸出先の第3位がアルゼンチンであることは、メルスコールの影響を受けている部分もありそうです。

■ブラジルのインフレ率は中銀のインフレ目標の下限に近い

 記事前半で、ブラジル中銀の政策金利は2018年3月から過去最低水準の6.50%であることに触れましたが、新興国といえば高金利と高インフレがセットになっているイメージもあります。

 では、ブラジルのインフレ率はどのように推移しているのでしょうか。

ブラジル消費者物価指数の推移

※IMFのデータを元にザイFX!編集部が作成

 ブラジルの消費者物価指数は2003年に15%近くまで跳ね上がりましたが、おおむね6%前後で推移しているようです。2015年から2016年にかけては9%前後まで上昇しましたが、2017年や2018年は3%台まで落ち込んでいます。

ブラジル中銀のインフレ目標は年によって変化するのですが、2017年と2018年は3.0~6.0%、2019年は2.75~5.75%となっています。3%台のインフレ率というのはインフレ目標の下限に近く、ブラジル中銀としても利上げを急ぐ理由がないのかもしれませんね。

■ブラジル、経常黒字国への返り咲きまであと一歩

 最後に、ブラジルの経常収支を確認しておきましょう。

ブラジル経常収支の推移

※IMFのデータを元にザイFX!編集部が作成

 上表はブラジルの経常収支を対名目GDP比で表したものです。2010年から2015年にかけては対名目GDP比マイナス3.5%程度の経常赤字でした。

 ただ、2016年以降は対名目GDP比マイナス1.0%程度の経常赤字まで改善しており、経常黒字まであと一歩といったところです。

 ボルソナロ大統領は財政再建や構造改革に意欲を見せていますので、ブラジルが経常黒字国に返り咲く日も遠くない(?)かもしれませんね。

■ブラジルレアル/円の長期的な見通しは?

 それでは、メキシコの基本情報や経済情勢を踏まえたうえで、ブラジルレアル/円の長期的な見通しを考えてみましょう。

ブラジルレアル/円 月足
ブラジルレアル/円 月足

(出所:Bloomberg)

 まず、ブラジルレアル/円の月足チャートを見てみると、2008年から長期の下落トレンドを形成していることがわかりますね。

 現在は30円前後で推移していますが、30円台前半まで上昇すれば、長期のレジスタンスラインを上抜けることになり、チャート的にはさらなる反発も期待できそうです。

 また、ザイFX!がこれまで行ってきた取材のなかで、JPモルガン・チェース銀行の佐々木融さんや同じくJPモルガン・チェース銀行(当時)の棚瀬順哉さん、シティグループ証券の高島修さんは「好景気=通貨高とは限らない」との考えを示しています。

【参考記事】
JPモルガン・佐々木融さんに聞く(1) なぜ、「弱い日本の強い円」なのか?
JPモルガン棚瀬氏に聞く新興国通貨(1) 「景気が良い=通貨上昇」とは限らない!
シティグループ証券・高島修さんに聞く(1) 高金利が魅力のトルコリラ、今は買い時?

 詳しくは【参考記事】をご覧いただきたいのですが、佐々木さんや棚瀬さんの考え方をざっくりまとめると、「低インフレ=通貨高」「経常黒字=通貨高」ということになります。

 現在のブラジルのインフレ率は3%台まで落ち込んでいるほか、経常収支も黒字化まであと一歩のところにあります。ボルソナロ大統領に対する期待感もあり、これからのブラジルレアル/円は意外と底堅く推移する(?)のかもしれませんね。

 今回のFX情報局では、ボルソナロ大統領とともに新たな船出を迎えたブラジルやブラジレアルの情報を中心にお届けしました。

 BRICsの一角として投資の世界でも注目されているブラジルですが、ブラジルレアルを取引できる国内FX会社はIG証券1社だけです。ブラジルレアルに興味のある方はぜひ、口座開設を検討してみてくださいね。

(※各種キャンペーンの詳しい条件、期間などについては、IG証券のウェブサイトなどで必ずご確認ください。キャンペーン条件が変更されたり、キャンペーン期間が延長されたり、キャンペーンが終了したりすることなどがあります)

>>>IG証券[標準]の最新スペック詳細はザイFX!の比較コンテンツをご覧ください
>>>IG証券[大口]の最新スペック詳細はザイFX!の比較コンテンツをご覧ください

(ザイFX!編集部・藤本康文)

FX情報局
FX情報局

知っているようで知らなかったFXに関連した情報が満載の「FX情報局」。このコーナーでは、FX業界の旬な情報やFXトレーダーの間で話題になっている出来事などをザイFX!編集部が徹底調査! FX初心者から上級者まで目からウロコの情報をお届けします。

当コラムのバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2810人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 110061人 ザイFX!のtwitterをフォローする

IG証券ブラジルレアル

【全41口座徹底調査】スプレッドやスワップポイントがお得なFX会社は? FX会社比較!
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較!
FX会社のiPhone対応を徹底比較!
システムトレード(シストレ)口座を徹底比較!
NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!
メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底比較!
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーン比較 外為どっとコム[外貨ネクストネオ] 外貨ex byGMO[外貨ex]
キャンペーン比較 外為どっとコム[外貨ネクストネオ] 外貨ex byGMO[外貨ex]
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイ投資戦略メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」
FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム












元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)