ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ポール・サイ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

クリスマスで為替相場も動かず、
残り4営業日で相場テーマも持ち込しか

2019年12月26日(木)11:20公開 (2019年12月26日(木)11:20更新)
持田有紀子

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

 昨日はクリスマス当日で、世界中がお休み。東京市場でもほとんど動かなかった。海外ではもうプレーヤーがいなくなるので、まったく動かない。また突発事項も何も出てこなかった。

 今年ももう残りは4営業日である。2019年が終わりそうになって今年を振り返ってみると、今年はなんともリスクテークの1年であったことになる。米国株は年初から2割以上も上昇している。

 さらに12月になっても、まだ史上最高値を更新している毎日が続いている。むろん昨年に高まった米中の貿易戦争がもたらす不透明感の反動であることは言うまでもない。

 それに絡んでドル相場が高い。ドル金利は今年は3回の連続利下げをしたのにである。今年の利下げは去年まではまったく想定されていなかった。市場価格にも織り込まれていなかった。だから今年になってからの新規の材料のはずである。

 その金利が下がった分だけ、ドルの価値も下がってよさそうなものなのに、12月終盤の段階では109円台でステーブルである。次のFEDのアクションがあっても、それが利上げだろうといわんばかりである。それには株高によるリスクオンの効果があろうと考えられる。

 市中で取引されているドル金利も12月に至るまでにだいぶ上昇してきているのも事実だ。あとは市場が催促しているように、現実の金融政策が追随してくるかどうかである。おそらくそれが来年のドル相場のテーマになるだろう。


日本時間 11時20分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る