ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

「株高・米ドル高」の流れは一時的か…?
英ポンド/米ドルは1.2500ドルへ下落再開

2020年02月06日(木)15:14公開 (2020年02月06日(木)15:14更新)
西原宏一

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

■株高・米ドル高で、英ポンド/米ドルが注目されるワケ

 この米ドル高の流れの中、注目が集まっているのが、英ポンド/米ドル

 昨年(2019年)12月12日に実施された英総選挙で、1.3514ドルの高値に到達した後、1.29~1.32ドルのレンジでもみ合っていた英ポンド/米ドルですが、徐々に上値が重くなってきました

【参考記事】
2大イベント終了で利益確定の動き加速!? トランプ大統領の弾劾裁判の影響は…?(2019年12月19日、西原宏一)

 要因は、ボリス・ジョンソン首相が、再び「瀬戸際戦略」を取り始めたこともありますが、英ポンドの上値を重くしたのが、「MiFID2」(※)修正の報道

(※編集部注:「MiFID2(第2次金融商品市場指令)とは、2018年1月から施行された、EU(欧州連合)の金融・資本市場の包括的な規制のこと。2007年に制定された「MiFID」を改訂したもので、アルゴリズム取引など市場環境の変化への対応、デリバティブ取引に関するルールの導入、株式以外の金融商品への規制適用など、市場の透明性の向上と投資家保護の強化が図られている)

EUが英離脱でMiFID2修正を検討、ロンドン拠点銀行を狙い撃ち

英国の欧州連合(EU)離脱で自由になれると感じているのは、当の英国だけではない。英国の影響から解放されたEU当局は、ロンドンの金融街に対して行った妥協を取り返そうと攻勢に出る。

出所:Bloomberg

 この報道が、英ポンドの上値を抑える形で、英ポンド/米ドルは再び1.3000ドルを割り込む展開となっています。

英ポンド/米ドル 週足
英ポンド/米ドル 週足チャート

(出所:Trading View

 先週(1月27日~)のリスクオフ局面では、豪ドル/米ドルの下落が目立ち、米ドル高は豪ドル/米ドルが中心でした。

 しかし、今週(2月3日~)は、前述のように株高なのですが、米ドル高。

 そして、その中心は英ポンド/米ドルです。

英ポンド/米ドル 日足
英ポンド/米ドル 日足チャート

(出所:Trading View

 EU(欧州連合)が、英国離脱でMiFID2修正を検討しているという報道から上値が重くなり、再び1.2500ドルに向けて下落を開始した英ポンド/米ドルの動向に注目です。


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一投資戦略メルマガ「トレード戦略指令!」

「トレード戦略指令!」10日間の無料体験期間がありますので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 CFD口座おすすめ比較 jfx記事
トレーディングビュー記事 CFD口座おすすめ比較 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る