ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒

【GMOクリック証券】取引コストが安い! 今ならザイFX!限定で現金3000円がもらえる!

バックナンバー

ループイフダンで米ドル/円を長期運用する
だけで約130万円儲けたカラクリとは…!?

2020年02月26日(水)12:35公開 [2020年02月26日(水)12:35更新]

【外為オンライン】ザイFX!限定3000円+FX書籍がもらえる

■ループイフダンで米ドル/円を長期運用してみた

アイネット証券では、あらかじめ設定された値幅に沿って売買を繰り返す「ループイフダン」を提供している。

 これは、ザイFX!が「リピート系発注機能」と呼んでいるものの一種だ。

【参考コンテンツ】
システムトレード(シストレ)口座を徹底比較!:(4)リピート系発注機能【トラリピなど】

アイネット証券「ループイフダン」

 ループイフダンについては、当コーナーで何度も紹介していて、2016年~2017年にかけては、実際に記者がデモ口座を使ってループイフダンにチャンレンジした模様を3回にわたって紹介した。

【参考記事】
ループイフダン専用口座が大胆に登場! ザイFX!記者が最大約9万円の利益!
ほっといたら爆益! 3カ月で100万円超! 記者が挑戦したあの口座がスゴいことに…
ドヤ顔記者のあの口座が損切り地獄に!? それでも爆益を維持できたヒミツとは?

 3回目の記事が公開された2017年7月時点の口座残高は400万円超。当初300万円でスタートしたので、この時点でもかなりの利益が出ていた。

 記者としては、ここでループイフダンの運用を停止して、ハッピーエンドでもよかったのだが、このまま設定をいじらずに運用を続けたらどうなるのだろうとも考えた。

 その結果、2017年7月に3回目の記事を公開した後もループイフダンの運用は停止せず、期間を特に設けずに放っておくことにしたのだった。

 それから2年半が経過した……ということで、今回は、記者が運用し、2017年7月から放っておいた結果、アイネット証券[ループイフダン]のデモ口座がどうなったのかを紹介したい。

■2年半ほっといたら、約130万円儲かっていた

 このデモ口座は資金300万円から運用をスタート。売買システムは米ドル/円の「B15(B=Buy(買い)から入る、新規&決済値幅15銭のループイフダン)」を選択。取引数量は1万通貨、最大ポジション数はデモ口座の当初の資金300万円で設定できる最大数量、41ポジションとしている。

 また、現在の取引システムには「損切設定」が搭載されていて、ユーザー自身が損切り注文の有無を決めることができるのだが、記者がループイフダンの運用を開始した2016年10月当時、損切り(逆指値)注文は自動的に発注されるしくみになっていた。ループイフダンの設定方法については、のちほど詳しく解説するので、そちらをご参考に。

 この設定で2年半ほっといたのだが、そろそろ……ということでトレードの結果を見てみることにしたわけだ。

 記者が口座残高を確認したところ………なんと、約530万円になっていた!(2020年1月30日(木)時点)

 先ほど紹介した、2017年7月に公開した3回目の記事では、口座残高が400万円程度だったので、記者が放置していた2年半の間で約130万円も儲けたことになる。何もせずに放っておいただけで約130万円の儲け……これには記者も驚いた。

 以下は、アイネット証券[ループイフダン]のデモ口座にログインして資産状況をキャプチャしたものだ。

アイネット証券[ループイフダン]デモ口座状況
アイネット証券[ループイフダン]デモ口座状況

(出所:アイネット証券

 これは2020年1月30日(木)にキャプチャしたもの。口座資産は530万円を超えていて、含み損を差し引いた預り評価残高は528万円ほどとなっている。また、実効レバレッジは2.67倍、口座維持率は930%程度とかなり安定している。

 有効証拠金とロスカット値のグラフを見ると、口座が健全な状態を保っていることがわかる。

■確定利益は20万円…どうやって130万円も儲けたの?

 次に、2017年7月から2020年1月末までの月別確定損益(スワップポイントを除く)を見てみよう。

2017年7月から2020年1月末までの月別確定利益の推移※スワップポイントを除く

 こちらをご覧いただくと、コツコツと利益を出している月が多い一方で、大きく損失を出している月がある。2018年2月に85万円ほど、2019年1月に70万円近い損失を出しているのが目につく。

 少し相場を振り返ってみると、2018年2月は「VIXショック」によって、NYダウが史上最大の暴落となり、米ドル/円も急落した。

【参考記事】
NYダウ、史上最大の暴落にVIX指数の影。ビットコインも真っ青。2日で96%下落って!?

 そして、2019年1月は年明け早々の1月3日にフラッシュ・クラッシュが発生。ここでも米ドル/円が暴落する出来事があった。

【参考記事】
フラッシュ・クラッシュで米ドル/円が暴落! 株の下落を伴えば、100円割れの可能性も!?(2019年1月7日、西原宏一&大橋ひろこ)

 取引履歴を見ると、どちらの局面でも保有していた米ドル/円の買いポジションが一斉に損切りされていた。

 これでは、利益を少しずつ積み上げるものの、その後、大損して一気に利益を吐き出す、FXトレードあるあるの「コツコツドカン」をやってしまっている感じだ…。

 気になったので、2017年7月から2020年1月までのトレードでの確定損益を計算したところ、利益は20万円程度しか残らなかった…

 先ほども紹介したとおり、2017年7月から2020年1月までの間に、約130万円の利益を上積みしたことは口座状況が証明している。では、残りの利益はどうやって稼いだのだろうか?

 記者が調べた結果、利益を上積みしていたのは「スワップポイント」だったことがわかった。

 今回、運用している米ドル/円の「B15」は買いポジションを建てるシステム。低金利の円を売って、相対的に高金利の米ドルを買うわけだから、日をまたいでポジションを持ち越せば、スワップポイントを受け取ることができる。

 以下は、トレードの累積確定損益と累積スワップポイントの推移を示したグラフだ。

累積確定損益と累積スワップポイントの推移

 こちらをご覧いただくと、トレードの確定損益は「コツコツドカン」となっているが、スワップポイントは着実に積み上がっていて、2017年7月から2020年1月末までの総額が100万円に迫っていることがわかる。

 以下の表は、月ごとの確定損益とスワップポイントの受け取り金額を一覧にしたものだ。

2017年7月から2020年1月末までの月別確定利益&スワップポイントの推移

 これを見ると、スワップポイントは毎月プラスとなっていて、少ないときは数千円程度、多いときは11万円程度発生している。金額は月によってまちまちだが、スワップポイントが毎月必ず受け取れるのはうれしい。

■「コツコツドカン」を回避することはできたのか?

 ただ、確定利益が2年半で20万円程度というのは、ちょっと寂しすぎる。この原因は、「コツコツドカン」の「ドカン」にあるわけだが、これを回避できていれば、確定利益も増えたはず……ということで調べてみた。

 以下の表は、損失が大きかった、2018年2月、2019年1月、2019年8月それぞれで、損切りされたすべてのポジションの中から、保有したときの約定レートがもっとも高かったものを起点として、その月の安値との値幅を計算したもの。

値幅

 これを見ると、2018年2月は8.801円、2019年1月は9.095円、2019年8月は7.959円となっている。もし、損切り幅がこれらの値幅よりも広ければ、保有していたポジションの損切りは、その月にはしなくてもよかったわけだ。

 記者が運用したループイフダンの設定は、最初に述べたとおり、売買システムが「B15」で、最大ポジション数は41ポジション。

 ループイフダンの損切り幅は「設定値幅×最大ポジション数」で算定すると決められている。今回のケースでは「0.15円(設定値幅)×41ポジション(最大ポジション数)=6.15円(損切り値幅)」となるわけだ。

 この計算式では、設定値幅と最大ポジション数のどちらか、もしくは両方増えれば損切り幅も広がるが、今回、「B15」で設定した41ポジションは、運用資金300万円で保有することができる最大値だった。よって、「B15」の損切り幅は6.15円が上限になるので、「B15」の設定を変更して損失を回避することはできないことになる。

 次に、「B15」以外のシステムで設定した場合、損切り幅がどうなるのか計算してみた。米ドル/円には「B15」のほかに、「B10」、「B25」、「B50」、「B100」の買いポジションを保有する4つのシステムが提供されている。今回は、「B15」よりも広い値幅で取引する、「B25」、「B50」、「B100」の3つのシステムを調べてみた。

 以下の表にある最大ポジション数は、運用資金300万円で保有できる上限になっている。

「B25、B50、B100」システム

 こちらをご覧いただくと、損切り幅は「B25」は8.50円、「B50」は13円、「B100」は20円となっている。今回のケースだと、「B50」と「B100」を選択していれば、先ほど紹介した「B15」で起こった損切りを回避することができたということになる。

 記者は細かく多めにトレードしたほうが、利益が出やすいのではないかと考え、欲張って値幅の小さい「B15」での運用に打って出て、その後、当初予定になかった長期運用に突入した。ただ、最初から長期運用で臨むということであれば、「B50」、「B100」のように取引値幅が広いシステムを選んでおけば、それだけ余裕を持ってトレードすることができる。ただし、トレード回数は少なくなるので、結果的に、確定利益や受け取れるスワップポイントが減ってしまうこともあり得る。この点は頭に入れておきたい。

 また、ループイフダンで取引する際の最低ロット数は1000通貨なので、ロット数を1万通貨未満にして、設定できる最大ポジション数を増やして損切り幅を広げるという方法もある。

 そして、これは「Bタイプ(B=Buy(買い)から入るタイプ)」すべてに言えることだが、米ドル/円が一方的に下がり続けるような相場になってしまったら、いくらループイフダンでも損失が出てしまうだろう。この先、相場がどのように動くかはわからないし、スワップポイントは日々変動する。ループイフダンで米ドル/円の買いポジションを保有するシステムを運用すれば必ず儲かるというわけではないことは理解しておきたい。

 今回のトレードでは…

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2399人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 101385人 ザイFX!のtwitterをフォローする

ザイスポFX!
ザイFX!編集部

激動の渦にあるFX業界!? FX業界には日々新しい動きが起こっています。激しさを増すスプレッド競争、おトクなキャンペーン情報、新サービス・新取引ツールの紹介、業界再編の話題などなど、このコーナーではFX業界の最新注目情報をザイFX!編集部がいち早くお届けします。

ザイFX!編集部の他の担当コーナー
ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!?」へ
FXの知られざるナゾの世界」へ
FX毎日バトル!」へ
やさしいビットコイン・仮想通貨研究所」へ

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
注目FXニュースをPick Up!
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較! レバレッジ3倍で年利20%以上!?メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底比較!
FX初心者のための基礎知識入門
みんなの米ドル/円予想など…ザイFX!Twitterアンケート
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイFX!の有料・無料メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」
TOPICS
FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム




どうする?どうなる?日本経済、世界経済 今井雅人 04月02日更新

株は絶好の買い場!でも、為替相場は短期トレンド狙い




FX&コモディティ(商品)今週の作戦会議
03月30日更新





元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)


ザイFX!メルマガ

今月の経済指標 予想&結果