ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
志摩力男の「マーケットの常識を疑え!」

新型コロナ後の世界はどうなる?
ソフトバンクGの資産売却でポンド/円の売り!?

2020年04月01日(水)17:00公開 (2020年04月01日(水)17:00更新)
志摩力男

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

■新型コロナウイルスの影響はいつか終わる

新型コロナウイルスは、本当の意味での「ブラックスワン(※)でした。

(※編集部注:「ブラックスワン」とは従来の知識や経験からは予測できず、人々に多大な影響を及ぼす事象のこと)

 まず、まったく事前に予想できず、しかもその影響は甚大。

 感染を止めるため、多くの国が「意図的に」経済活動をストップさせるということは、かつて経験したことのない世界です。

【参考記事】
「342兆円」VS「1855兆円」の行方は新型コロナウイルス次第。リーマンショック級の不景気も!?(2月27日、志摩力男)
新型コロナの影響で市場は今後どうなる? 世界中が金利ゼロへ!? ドル/円100円割れも!(3月4日、志摩力男)
原油暴落はなぜ米経済を悪化させるのか? サウジ増産は米シェール企業潰しが目的!?(3月11日、志摩力男)
利下げにもかかわらずレパトリで米ドル高。弱い商品市況。豪ドルは弱い通貨に逆戻りか(3月18日、志摩力男)
リーマンショック時も同じ!? 米国株急落と米ドル上昇が同時に起きた4つの理由とは?(3月25日、志摩力男)

 米ゴールドマン・サックスは2020年4-6月期の米GDPがマイナス34%と予想していますが、もはやなんの数字であるのか、さっぱりわからないほどの状態です。

 しかし、この新型コロナウイルスの影響もいつか終わります

 通常12~18ヶ月かかると言われているワクチン開発で終わるのか、世界の多くの人が感染し、抗体を持つことで終わるのかわかりませんが、いつかは終わります。

 その時、世界経済はGDPが落ちた分だけ、確実に元に戻るでしょう。

■待っているのは低成長・低金利の世界

 そこまではわかりやすいのですが、その後の世界はどうなるのでしょうか。

 まったく予想できないリスクというものがあるとわかった以上、過度にレバレッジを効かせた経営、投資は鳴りを潜めることになるでしょう。

 レバレッジが下がる分、安全性は高まりますが、成長は低下します。

 株価で考えると、新型コロナウイルス克服時に大きく戻しますが、新高値を更新するわけでもなく、低成長を前提に、落ち着いた価格形成になりやすいと言えるでしょう。

 世界は長い低成長の時期に入るので、金利も現在のように下がった、事実上のゼロ金利がずっと続くことになるでしょう。

 つまり、待っているのは、低成長・低金利の世界です。

 安定しているが高値を追えない株価、そして、世界中がゼロ金利という環境は、円にとって好環境と言えます。

【参考記事】
新型コロナの影響で市場は今後どうなる? 世界中が金利ゼロへ!? ドル/円100円割れも!(3月4日、志摩力男)

 期待インフレ率は、米国が高く、日本は低い。そうなると実質金利は日本の方が高くなるので、日本に資金が還流しやすくなります。

 3月23日(月)、ソフトバンクグループは株価急落に対する対抗措置として…


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 志摩力男のYoutubeチャンネル「志摩力男のグローバルFXトレード!チャンネル」で最新動画「月刊!志摩力男」の10月号「為替介入を狙うヘッジファンド!米ドル/円の買い場に!英ポンドにまだ下落余地があるのか?」を公開(2022年9月27日)しました!ぜひ、ご覧ください。

(出所:志摩力男Youtubeチャンネル「為替介入を狙うヘッジファンド!米ドル/円の買い場に!英ポンドにまだ下落余地があるのか? 【月刊!志摩力男10月号】」より)

 有料メルマガ「志摩力男のグローバルFXトレード!(月額:4,950円[税込み])」の会員限定動画やウェブセミナーなども企画していく予定なので、「志摩力男のグローバルFXトレード!」の登録をよろしくお願いします。

※YouTube「志摩力男のグローバルFXトレード!チャンネル」のチャンネル登録よろしくお願いします!

外資系金融機関でトップトレーダーとして活躍した伝説の男が、ザイ投資戦略メルマガについに登場!「志摩力男のグローバルFXトレード!(月額:4,950円[税込み])」
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る