ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒

ヒロセ通商[LION FX]では当サイトからの口座開設者限定キャンペーンを実施中!

FX情報局
バックナンバー

くりっく株365(取引所CFD)って何?
取扱い銘柄やメリット・デメリットを解説

2020年06月12日(金)12:00公開 [2020年06月12日(金)13:46更新]

【外為オンライン】ザイFX!限定3000円+FX書籍がもらえる

(※くりっく株365では、2020年10月に現上場銘柄の廃止と金や原油など新銘柄の上場を含む大幅なリニューアルが予定されています。当記事は、2020年6月現在の情報をもとに執筆したものです)

■「くりっく株365」とは?

「くりっく株365」とは、東京金融取引所に上場する「株価指数証拠金取引」の愛称です。

 「株価指数証拠金取引」とは、「株価指数」を取引対象とした差金決済取引(CFD)のこと。CFDを取引所で取引するのが「くりっく株365」です。

 ですから、「くりっく株365」は「取引所CFD」とも言われます。

東京金融取引所「くりっく株365」公式サイト
東京金融取引所「くりっく株365」公式サイト

【参考記事】
CFD取引会社を徹底比較! おすすめは?NYダウや金、原油など世界の相場に投資!
CFD取引とは? 初心者にもわかりやすくしくみや特徴を解説したCFD入門ガイド

 「くりっく株365」と聞いて、取引所FXの「くりっく365」を思い浮かべた方もいるかと思いますが、FXに取引所取引「くりっく365」と店頭FXとがあるように、CFDにも取引所取引「くりっく株365」と店頭CFDとがあります。

 FXでもCFDでも店頭取引と取引所取引それぞれに特徴がありますが、ざっくりお伝えすると、各社がバラエティに富んだ特徴的なサービスを提供しているのが店頭取引、基本スペックは取扱い各社共通で比較的シンプルなサービス内容ながら、取引所ならではの安心感があるのが取引所取引ということになるでしょうか。

 当記事では、CFDの取引所取引「くりっく株365」について、わかりやすくお伝えしていきますので、ぜひ、参考にしてくださいね。


【目次(もくじ)】

くりっく株365の特徴(メリット・デメリット含む)
取引できるのは厳選4銘柄
レバレッジをかけた取引ができる
ほぼ24時間、祝日も取引ができる
為替リスクなしで取引できる
「売り」からの取引も簡単
限月がなく、中長期投資もしやすい
配当や金利の授受がある
「完全マーケットメイク方式」で価格を提供

「くりっく株365」が取引できる会社は?

「くりっく株365」の税金・確定申告


■「くりっく株365」の特徴(メリット・デメリット含む)

・ 取引できるのは厳選4銘柄

 「くりっく株365」で取引できるCFDは、「日経225」、「NYダウ」、「DAX」、「FTSE100」の4銘柄。株価指数に連動した銘柄に特化されているのが、「くりっく株365」の大きな特徴です。

「くりっく株365」取扱い銘柄
「くりっく株365」取扱い銘柄

※表は、くりっく株365の公式サイトを参考にザイFX!が作成

・ レバレッジをかけた取引ができる

 「くりっく株365」は証拠金取引ですから、少ない証拠金でレバレッジをかけた取引ができます。

 ただし、「くりっく株365」の最大レバレッジは固定されておらず、市場価格に応じて週ごとに「証拠金基準額」が決定され、それに応じて最大レバレッジが変動するしくみになっています。

 だいたいのイメージをつかんでいただくために、例を挙げましょう。たとえば、2020年5月25日(月)~5月29日(金)に「日経225」を1枚(日経平均株価×100円)取引するのに必要な証拠金は、13万2100円となっていました。

 5月27日(水)の「くりっく株365」の「日経225」、当日清算価格は2万1530円でしたので、この値を使ってレバレッジを計算してみると…

2万1530円×100円÷13万2100円≒16.3倍

 となりました。

 FXの25倍と比べると小さいですが、店頭CFDの株価指数CFDのレバレッジは法令により10倍以下と定められているため、それに比べると、より少ない証拠金で同等の規模の取引ができることになります。

 参考までに掲載しておくと、2020年5月25日(月)~5月29日(金)に適用された、「日経225」以外の3銘柄を含む「くりっく株365」の必要証拠金は、ご覧のとおりです。

「くりっく株365」株価指数証拠金基準額一覧
「くりっく株365」株価指数証拠金基準額一覧

※表は、くりっく株365の公式サイトを参考にザイFX!が作成

・ ほぼ24時間、祝日も取引ができる

 「くりっく株365」の取引時間は銘柄によって異なりますが、「日経225」と「NYダウ」は標準時間(冬時間)で8時30分~翌6時と、ほぼ1日中取引が可能。日本の取引所が閉まっている時間帯でも取引できます。

 同じく標準時間で見ると、「DAX」は16時~翌6時、「FTSE100」は17時~翌6時が取引可能な時間帯です。

「くりっく株365」取引時間
「くりっく株365」取引時間

※表は、くりっく株365の公式サイトを参考にザイFX!が作成

 また、日本の祝日でも、基本的には取引が可能です(※)

(※:各株価指数を構成する銘柄が取引される取引所が開いている場合)

・ 為替リスクなしで取引できる

 一般的に、どのような金融商品でも「NYダウ」や「DAX」、「FTSE100」といった海外株価指数を取引する場合、取引単位が米ドルやユーロ、英ポンドといった現地の通貨になるため、損益を円換算する際などに為替リスクが生じます。

 この点、「くりっく株365」では、マーケットメイカーが為替リスクを負って、円で価格を提示してくれますので、海外株価指数を原資産とする銘柄を取引しても為替リスクが生じません。

 具体的にお伝えすると、「NYダウ」、「DAX」、「FTSE100」は、一律で「株価指数の数値×100円」が取引単位となっています(※)

(※海外株価指数以外のものも含め、「くりっく株365」は、すべての銘柄が「株価指数×100円」が取引単位となっている。したがって、「日経225」の取引単位も同様)

 つまり、1ドルも1ユーロも1ポンドも、常に100円!という感覚で取引ができるというわけです。為替リスクがない上に、損益価格を瞬時に把握しやすい、というメリットもあります。

・ 「売り」からの取引も簡単

 「くりっく株365」はFXと同様、「買い」からでも「売り」からでも取引を始めることができます。売りからでも取引を始められるということは、つまり、上昇局面だけでなく下落局面でも収益を狙えるということです。トレードチャンスが広がりますね。

 株やETFのように信用取引といった特別の措置をとらなくても、常に「売り」からも取引を行えるのが、うれしいところです。

・ 限月がなく、中長期投資もしやすい

 同じ日経平均株価指数を取引する金融商品でも、日経225先物や日経225miniといった先物取引には、満期月(限月)があります。限月の期限満了日(※)までポジションを保有していた場合、自動的に決済されてしまい、期限を超えてポジションを保有し続けることはできません。

(※原則として第2金曜日)

 この点、「くりっく株365」の「日経225」には限月がありません。長期的にポジションを保有し続けることも可能ですから、中長期投資を考えている人も取引しやすいのではないでしょうか?

・ 配当や金利の授受がある

 「くりっく株365」の取引では、配当相当額や金利相当額の受取り・支払いが発生します。

配当相当額は、「買い」ポジションを持っていれば受け取ることができます(※)

(※株価指数の構成銘柄に配当が出た場合、株価指数をもとにした配当相当額をその都度、受け取れる。ただし、DAXは、指数に配当が織り込まれているため配当がない)

 しかも、配当を受け取るのに数カ月程度かかることもある現物株と比べて、配当相当額を受け取れる時期が早い、という点も魅力です(※)

(※権利付最終日(配当を得る権利の最終日)の「くりっく株365」クローズ時に買いポジションを保有していれば、翌取引日に配当相当額がポジションの評価額に加算される)

 レバレッジをかけた取引をしていれば、その分、証拠金に対する配当相当額の割合も大きくなりますから、「くりっく株365」はそういった意味でも、少ない資金を有効に活用できる金融商品かもしれません。ただし、配当相当額は、「売り」ポジションを持っていれば支払うことになるので、注意が必要です。

 また、金利相当額は配当相当額とは反対に、「買い」ポジションで支払い、「売り」ポジションで受け取ることになります。金利相当額は、FXのスワップポイント(スワップ金利)と同様、ロールオーバー時に発生し、休日分は平日にまとめて付与されます。

「くりっく株365」「売り」「買い」それぞれのポジションと金利相当額と配当相当額

※表は、くりっく株365の公式サイトを参考にザイFX!が作成

 つまり、買いポジションの時、金利相当額は支払い・配当相当額は受け取り、売りポジションの時はその逆になるということです。

 配当相当額と金利相当額は変動するため、相殺された結果、「買い」と「売り」のどちらが得になるのかは一概に判断できませんが、2019年の実績値としては「日経225」、「FTSE100」は配当相当額の合計の方が多く「NYダウ」と、配当相当額のない「DAX」は金利相当額の合計の方が多くなっています。

「くりっく株365」各銘柄ごとの配当相当額・金利相当額の実績値(2019年)
「くりっく株365」各銘柄ごとの配当相当額・金利相当額の実績値(2019年)

※表は、くりっく株365の公式サイトを参考にザイFX!が作成

・ 「完全マーケットメイク方式」で価格を提供

 「くりっく株365」は、「完全マーケットメイク方式」という方法で価格を提供しています。

 マーケットメイク方式は、東京金融取引所へ価格提供を行っている複数の金融機関(マーケットメイカー)が提示する価格の中から「もっとも安い売り価格」「もっとも高い買い価格」をリアルタイムで提供するしくみ。

 これはトレーダー側から見ると、マーケットメイカーから提示された取引価格のなかで、もっとも安い価格で買え、もっとも高い価格で売れることになります。つまり、もっともスプレッドが小さい、有利な価格で取引できるということです。

 相対取引である店頭CFDでは、各CFD取引会社が提示した価格で取引しますから、ここは店頭CFDと取引所CFDであるくりっく株365の大きな相違点と言えるでしょう。

■「くりっく株365」が取引できる会社は?

 「くりっく株365」の取引は、証券会社やFX会社などのCFD取引会社を通じて行います。どの取扱い会社で取引しても、同じ「くりっく株365」ですので、価格や証拠金基準額・金利相当額・配当相当額に違いはありません

 ただし、発注方法や取引手数料、取引サポートツールの有無などは会社によって異なります

 たとえば、発注方法が特徴的な取引会社としては、リピート系発注機能を使って「くりっく株365」で自動売買ができるひまわり証券やマネースクエアが挙げられます。

 ひまわり証券では、ループ・イフダンの「くりっく株365」版、「ループ株365」、マネースクエアでは、「トラリピ(トラップリピートイフダン)」を使うことが可能です。

ひまわり証券[くりっく株365]

>>>ひまわり証券[くりっく株365]の公式サイトはこちら

 岡三オンライン証券は、リアルタイムの株価情報や最新ニュースを一目で確認できる「e-profit 株365」などのサポートツールが充実しています。分析に力を入れたいなら、チェックしておいて損はない取引会社の1つではないでしょうか?

岡三オンライン証券[くりっく株365]

>>>岡三オンライン証券[くりっく株365]の公式サイトはこちら

 このほかの取引会社については、ぜひ、「CFD取引会社を徹底比較! おすすめは?NYダウや金、原油など世界の相場に投資!」にてご覧ください。「くりっく株365」の取引会社を含む日本の全CFD取引会社を徹底比較していますよ!

【各社CFD取引の最新スペックはこちらでチェック!】
CFD取引会社を徹底比較! おすすめは? NYダウや金、原油など世界の相場に投資!
CFD取引会社を徹底比較! おすすめは? NYダウや金、原油など世界の相場に投資!

■「くりっく株365」の税金・確定申告

 「くりっく株365」の取引によって一定以上の利益が出た場合は、「先物取引に係る雑所得等」として申告分離課税の対象となり、自分で確定申告を行って納税する必要があります

 税率は、所得にかかわらず一律20.315%(※)。同じく「先物取引に係る雑所得等」に該当するFXや店頭CFDといった、他の金融商品との損益通算も可能です。

(※本来は所得税15%・住民税5%で一律20%だが、2013年~2037年は、所得税に対して、さらに2.1%の復興特別所得税が課されるため、期間中の税率は所得税・住民税合計で20.315%となる)

また、3年間の繰越控除が可能なので、損失が発生した場合でも確定申告をしておくと、翌年以降、利益が出た場合に、申告した損失額と相殺して納税額を抑える効果が期待できます。

 「くりっく株365」で取引をするなら、普段はあまりなじみがない会社員や主婦(主夫)、学生などの方でも確定申告や税金のお話と無縁ではいられません。あとになって慌てることがないよう、取引を始める際には、各「くりっく株365」取扱い会社の公式サイトなどで確定申告や税金に関する特設ページを確認したり、国税庁の公式サイトなどで基本的な知識を得るようにしましょう。

 そして、確定申告や税金などについてわからないことが出てきた場合は、勝手な判断はせず、必ず税理士や管轄の税務署などで専門家の見解を確認するようにしてください。

【参考記事】
【2020年版】FXの税金・確定申告を解説!パソコンやスマホからさくっと申告できる

(ザイFX!編集部)

この記事に関連する新着情報

FX情報局
FX情報局

知っているようで知らなかったFXに関連した情報が満載の「FX情報局」。このコーナーでは、FX業界の旬な情報やFXトレーダーの間で話題になっている出来事などをザイFX!編集部が徹底調査! FX初心者から上級者まで目からウロコの情報をお届けします。

当コラムのバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2406人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 104564人 ザイFX!のtwitterをフォローする

GMOクリック証券[FXネオ]
注目FXニュースをPick Up!
相場予想が当たらなくても儲かる!底辺高校卒業生と最強の為替サイトザイFX!が作った1日5分で稼ぐFXグルトレ完全ガイド
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較! レバレッジ3倍で年利20%以上!?メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底比較!
FX初心者のための基礎知識入門
世界の為替チャート

ビットコイン/円-252.001132600.00

XBTJPY

ビットコイン/米ドル+8.900010749.1000

XBTUSD

ビットコイン/ユーロ+60.60009249.4000

XBTEUR
Powered by kraken
みんなの米ドル/円予想など…ザイFX!Twitterアンケート
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイFX!の有料・無料メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」
TOPICS
FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム





どうする?どうなる?日本経済、世界経済 今井雅人 09月24日更新

米ドル/円のレンジを決めた取引が一番いいか




FX&コモディティ(商品)今週の作戦会議
09月14日更新




元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)


ザイFX!メルマガ