ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

田向宏行
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
CFD口座おすすめ比較[2024年最新版]

岡三証券(くりっく株365)の特徴やおすすめポイントを解説!

2024年02月09日(金)15:20公開 (2024年02月09日(金)15:20更新)
ザイFX!編集部

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

公的な取引所の安心感と手数料の低さ、高機能な取引ツールが魅力!

岡三証券(くりっく株365)

■岡三証券(くりっく株365)の主なサービス内容
取り扱い銘柄数 最大レバレッジ スマホアプリ
10銘柄 約50倍
取り扱い銘柄(カッコ内は取引手数料)
株価指数 個別株 商品 債券 その他

(30円~)

(330円)

【※関連記事はこちら!】
CFD比較!【2024年最新】 おすすめのCFD口座&国内の全CFD口座を紹介

■岡三証券(くりっく株365)のおすすめポイント
「岡三証券(くりっく株365)」は、取引所CFDの「くりっく株365」を取引できる口座。「くりっく株365」が取引できる口座はほかにもあり、基本的に取引できる銘柄の種類や数、各銘柄の同じタイミングで提供される価格、銘柄ごとの配当相当額などはどの口座で取引しても同じです。しかし、「岡三証券(くりっく株365)」には、口座によって異なる取引手数料が低めに設定されていること、高機能な情報分析ツールが使えること、サポート体制が充実しているなどといった特徴とメリットがあります。大正時代から続く老舗で、東証プライム市場に上場する岡三証券グループ(8609)のグループ会社という信頼性もあり、 「くりっく株365」を取引するならおすすめの口座です。
【このページの目次】(クリックで各項目に移動します)
■ 「取り扱い銘柄数」は10銘柄。リーズナブルな取引手数料も魅力
■ 「取引ツール」が充実、高度な情報分析ツールも無料で使える
■ 充実したサポート体制で、初心者も安心して取引できる
■ 岡三証券(くりっく株365)の「口座開設方法」
■ 岡三証券(くりっく株365)の「まとめ」

「岡三証券(くりっく株365)」の取り扱いは10銘柄。
くりっく株365の中では、リーズナブルな手数料も魅力!

岡三証券(くりっく株365)の公式サイトはこちら!

「岡三証券(くりっく株365)」は、東京金融取引所に上場している取引所CFDの愛称、「くりっく株365」を取引できる口座

 「くりっく株365」では、株価指数に連動した銘柄を原資産とする7銘柄、商品(コモディティ)のETF(上場投資信託)に連動した銘柄を原資産とする4銘柄の、計10銘柄が取引できます。

 「くりっく株365」を取引できる口座は「岡三証券」以外にもあり、どの口座で取引しても、同じタイミングで取引した場合に提供される価格、銘柄ごとに発生する調整額の金額などに違いはありません。また、一部の口座を除き、取引できる銘柄の数も同じです。

 ただし、「くりっく株365」の取引には、基本的に取引手数料がかかり、各銘柄の取引手数料は「くりっく株365」を取り扱う会社がそれぞれ独自に設定しています。以下の表は、「岡三証券(くりっく株365)」の、各銘柄の最低取引単位となる1枚あたりの取引手数料(片道・税込み)をまとめたものです。

■岡三証券(くりっく株365)の各銘柄の取引手数料(片道・税込)
銘柄名 取引手数料
日経225リセット付証拠金取引 156円
DAX®リセット付証拠金取引 156円
FTSE100リセット付証拠金取引 156円
NYダウリセット付証拠金取引 30円
NASDAQ-100リセット付証拠金取引 30円
ラッセル2000リセット付証拠金取引 30円
金ETFリセット付証拠金取引 330円
銀ETFリセット付証拠金取引 330円
プラチナETFリセット付証拠金取引 330円
原油ETFリセット付証拠金取引 330円
※岡三証券の公式サイトの情報をもとに編集部が作成

「岡三証券(くりっく株365)」の取引手数料は1枚当たり片道30円(税込み)からと、他の「くりっく株365」が取引できる口座と比較すると、最安値とまではいかないものの、かなり安い部類に入るので、低いコストで取引することが可能です。
【※関連記事はこちら!】
CFD比較!【2024年最新】 おすすめのCFD口座&国内の全CFD口座を紹介

「岡三証券(くりっく株365)」では、高機能な情報分析ツールが使用可能

「岡三証券(くりっく株365)」には、ウェブブラウザ版とインストール版の取引ツールだけでなく、相場の分析に役立つ複数のチャートツールなど、取引をサポートするさまざまツールが提供されています。

 中でも、無料で使うことができる高機能分析ツールの「e-profit 株365」は、時価情報やチャート、株価や金融・経済に関するニュース、レポート、「くりっく株365」で取引できる銘柄の騰落率や出来高のデータ・ランキング、金利や配当の予定に至るまで、「くりっく株365」の取引に役立つさまざま情報を一画面でチェックすることができる、「くりっく株365」に特化されたツールです。

岡三証券(くりっく株365)「e-profit 株365」の紹介画像

(出所:岡三証券

 また、「岡三証券(くりっく株365)」の口座保有者だけが読める会員限定のオンラインマガジン、投資情報レポートや分析レポートなどが、数多く提供されているのも魅力。ほかにも上級者向けのツールではありますが、マイクロソフト(Microsoft)の Excel(エクセル)を利用して、リアルタイムの情報取得から自動売買(システムトレード)までを行うことができるツールも提供されています。

 スマホアプリの「岡三オンライン株365」も、見やすいレート表示や豊富な注文方法、31種類のテクニカル指標を表示できる4分割が可能なチャート画面など、充実した機能で使い勝手も良好です。

岡三証券(くりっく株365)のスマホアプリ「岡三オンライン株365」の画像

 さまざまな角度から相場の分析が可能となるチャート機能、相場の先行きを予測するのに役立つ質の高いレポートなど、投資判断に役立つデータが豊富なので、「くりっく株365」で取引するなら「岡三証券(くりっく株365)」はおすすめの口座です。

「岡三証券(くりっく株365)」は充実のサポート体制で、
CFDに初めて挑戦する投資家も安心して取引できる

「岡三証券(くりっく株365)」は、充実したサポート体制にも定評があります。

 電話やメールでの問い合わせだけでなく、「パスワードロック解除」や「ログインID、各種パスワードの再発行」など、緊急性の高い問い合わせ内容については、専用の問い合わせフォームが用意されているのもポイント。

 また、CFD初心者のためのサービスとして、「はじめてのくりっく株365入門セミナー」も、無料で開催されています。

岡三証券(くりっく株365)「はじめてのくりっく株365入門セミナー」紹介画像

 ほかにも、専任アドバイザーのサポートを受けながら取引することができる「サポートコース」も用意されています。

岡三証券(くりっく株365)「サポートコース」の概要

(出所:岡三証券

 「サポートコース」を利用した場合、通常よりも取引手数料がかなり割高になってしまいますが、電話や対面で取引に関するアドバイスなどがもらえるだけでなく、電話で注文を受け付けてもらえるといったメリットもあります。インターネット環境やPCの操作に不安のある人も、安心して「くりっく株365」を取引ができます。

「岡三証券(くりっく株365)」の口座開設方法

岡三証券(くりっく株365)の公式サイトはこちら!

「岡三証券(くりっく株365)」口座開設は、PCからでもスマホからでも無料で行えます。口座開設に必要な必要事項の入力は、最短5分程度で完了するスピーディーさも魅力。「岡三証券(くりっく株365)」の取引口座を開設する場合は、岡三証券の証券総合取引口座を開設している必要がありますが、証券総合取引口座と「岡三証券(くりっく株365)」の専用口座の開設は同時に申し込むことができます。

 なお、「岡三証券(くりっく株365)」では現在、当サイト・ザイFX!を経由して「くりっく株365」の口座を開設し、所定の期間内に証券総合取引口座へ5万円以上の入金を完了すると3000円がプレゼントされる、限定タイアップキャンペーンを実施しています。5万円という入金額の条件なら、初心者や少額での投資を考えている投資家にもクリアしやすい条件です。取引する必要がなく、入金だけで条件が達成できるキャンペーンは非常に珍しいので、「くりっく株365」に興味のある人は、この機会に「岡三証券(くりっく株365)」の口座開設がおすすめです。
 

【岡三証券(くりっく株365)の口座開設申し込みから取引開始までの流れ】(ザイFX!を経由した場合)
・STEP1:岡三証券の公式サイトからメールアドレスを登録
・STEP2:証券総合取引口座とくりっく株365口座を同時に申込む
・STEP3:マイナンバー確認書類と本人確認書類を提出
…審査完了後、ログインIDとパスワードを受け取って取引開始

 まず、ザイFX!から「岡三証券(くりっく株365)」の公式サイトにアクセスすると開くタイアップキャンペーンのページで「キャンペーンコードを発行する」ボタンをクリックし、「キャンペーンコード発行フォーム」にメールアドレスを入力して送信すると、入力したメールアドレス宛てにキャンペーンコードが送られてきます。

 送られてきたメールの中にある「口座開設」ボタンをクリックして、開いた口座開設の案内画面で「取引所CFD口座(くりっく株365)」を選択したら「口座開設申込みフォーム」ボタンをクリック。移動先のページにあるメールアドレスを入力する画面で、「キャンペーンコード発行フォーム」に入力したものと同じメールアドレスを入力して送信すれば、「口座開設申込専用URL」の記載されたメールが届きます。

 専用URLをクリックして、必要事項の入力、本人確認書類やマイナンバーの登録などの手続きを進めていけば、口座開設の申し込みは完了です。

「岡三証券(くりっく株365)」のまとめ

 以上、「岡三証券(くりっく株365)」の特徴や基本的なスペック、“おすすめポイント”などを解説ました。

 岡三証券が東証プライム市場に上場する岡三証券グループ(8609)のグループ会社という安心感に加え、「くりっく株365」としてはリーズナブルな取引手数料、高機能な情報分析ツールが無料で利用できるなど、「岡三証券(くりっく株365)」「くりっく株365」の専用口座の中では、非常におすすめの口座です。

 独自の投資情報なども豊富で、初心者から上級者まで幅広いユーザーが満足できるサービスが提供されている点において、「くりっく株365」でCFDを取引してみたいという投資家にとっては、口座開設の選択肢に必ず入ってくる口座でしょう。


『CFD比較!【2024年最新】 おすすめのCFD口座&国内の全CFD口座を紹介』では、ザイFX!編集部が国内すべてのCFD口座の取引できる銘柄のカテゴリや銘柄の数などの調査・比較を継続しておこない、おすすめのCFD口座とあわせて紹介しています。どのCFD口座に口座を開設しようか迷ったときや、自分にあったCFD口座を探したいときは、ぜひ参考にしてください。

【2024年2月最新版】おすすめのCFD口座を「取り扱い銘柄数」
「取引できる銘柄の種類」「おすすめポイント」などで比較!

■おすすめのCFD口座を「取り扱い銘柄数」「取引できる銘柄の種類」「おすすめポイント」などで比較!(2024年2月26日時点)
◆ IG証券(CFD) ⇒詳細情報ページへ
取り扱い銘柄数 最大レバレッジ スマホアプリ
約1万7000銘柄 50倍
取引できる銘柄の種類(カッコ内は取引手数料)
株価指数 個別株 商品 債券 その他

(無料)

(取引所ごとに異なる)

(無料)

(無料)

(取引所ごとに異なる)
IG証券(CFD)のおすすめポイント
「IG証券(CFD)」の最大の特徴は、約1万7000の圧倒的な取り扱い銘柄数。国内外の膨大な数の株価指数や個別株も手軽にCFDで取引できるので、株式の取引に興味がある投資家にもおすすめです。一定の保証料を支払えば、逆指値注文(ストップ注文)がすべることなく指定したレートで必ず成立する「ノースリッページ注文」など、特殊な注文方法が使えるのもポイントです。
IG証券(CFD)の関連記事
■「IG証券(CFD)」の特徴やメリット、おすすめポイントを詳しく解説!
▼IG証券(CFD)▼
IG証券(CFD)の詳細はこちら(公式サイトへ)
◆ GMOクリック証券(CFD) ⇒詳細情報ページへ
取り扱い銘柄数 最大レバレッジ スマホアプリ
162銘柄 20倍
取引できる銘柄の種類(カッコ内は取引手数料)
株価指数 個別株 商品 債券 その他

(無料)

(無料)

(無料)
×
(無料)
GMOクリック証券(CFD)のおすすめポイント
「GMOクリック証券(CFD)」は、国内外の代表的な株価指数、原油や金などの国際商品(コモディティ)に加え、米国と中国の主要企業の外国株も取引できる豊富でバランスの良いラインナップが魅力です。また、数あるCFD口座の中でも取引ツールの使いやすさが群を抜いていて、CFDの初心者にもおすすめできます。ポジションごとにロスカットレートが設定される、独自のロスカットルールを採用しているという特徴もあります。
GMOクリック証券(CFD)の関連記事
■「GMOクリック証券(CFD)」の特徴やメリット、おすすめポイントを詳しく解説!
▼GMOクリック証券(CFD)▼
GMOクリック証券(CFD)の詳細はこちら(公式サイトへ)
◆ 岡三証券(くりっく株365) ⇒詳細情報ページへ
取り扱い銘柄数 最大レバレッジ スマホアプリ
10銘柄 約50倍
取引できる銘柄の種類(カッコ内は取引手数料)
株価指数 個別株 商品 債券 その他

(30円~)

(330円)
岡三証券(くりっく株365)のおすすめポイント
「岡三証券(くりっく株365)」は、取引所CFD「くりっく株365」の専用口座。「くりっく株365」では、日本・米国・ドイツ・英国の代表的な株価指数と、金・原油などを対象としたETFをCFDで取引できます。「くりっく株365」を取引できる口座はいくつかありますが、「岡三証券(くりっく株365)」には「くりっく株365」の取引に役立つ情報を一画面でチェックできる高機能な情報ツールなどを使えるなどといったメリットがあります。
岡三証券(くりっく株365)の関連記事
■「岡三証券(くりっく株365)」の特徴やメリット、おすすめポイントを詳しく解説!
▼岡三証券(くりっく株365)▼
岡三証券(くりっく株365)の詳細はこちら(公式サイトへ)
◆ 楽天CFD(楽天証券) ⇒詳細情報ページへ
取り扱い銘柄数 最大レバレッジ スマホアプリ
38銘柄 20倍
取引できる銘柄の種類(カッコ内は取引手数料)
株価指数 個別株 商品 債券 その他

(無料)

(無料)

(無料)
楽天CFD(楽天証券)のおすすめポイント
「楽天CFD」は、株価指数CFDと商品CFDの取り扱い銘柄数が業界トップクラスで、VIX指数(恐怖指数)に関連した銘柄も取引できるCFD口座。個別株の取り扱いはありませんが、楽天証券の株取引などで利用するスマホアプリ「iSPEED」を使うので、ひとつのアプリでCFDと株式の両方の取引が可能になるというメリットもあります。
楽天CFD(楽天証券)の関連記事
■「楽天CFD」の魅力は? 「マーケットスピードII」と「iSPEED」が使えて、株トレーダーにもおすすめ! 株価指数CFDと商品CFDはトップクラスの銘柄数!
▼楽天CFD(楽天証券)▼
楽天CFD(楽天証券)の詳細はこちら(公式サイトへ)
◆ 楽天MT4CFD(楽天証券) ⇒詳細情報ページへ
取り扱い銘柄数 最大レバレッジ スマホアプリ
17銘柄 20倍
取引できる銘柄の種類(カッコ内は取引手数料)
株価指数 個別株 商品 債券 その他

(無料)

(無料)
楽天MT4CFD(楽天証券)のおすすめポイント
「楽天MT4CFD」では、主要な株価指数12銘柄と、金・銀・原油などのコモディティ5銘柄が取引できます。MT4(メタトレーダー4)を使って取引するのが最大の特徴で、豊富なテクニカル指標を使ったチャート分析だけでなく、EA(エキスパート・アドバイザ)と呼ばれるプログラムを組み込むことで自動売買(システムトレード)も可能なCFD口座です。
楽天MT4CFD(楽天証券)の関連記事
■「楽天MT4CFD(楽天証券)」の特徴やメリット、おすすめポイントを詳しく解説!
▼楽天MT4CFD(楽天証券)▼
楽天MT4CFD(楽天証券)の詳細はこちら(公式サイトへ)
◆ サクソバンク証券(CFD) ⇒詳細情報ページへ
取り扱い銘柄数 最大レバレッジ スマホアプリ
約1万1000銘柄 20倍
取引できる銘柄の種類(カッコ内は取引手数料)
株価指数 個別株 商品 債券 その他

(無料)

(取引所ごとに異なる)

(無料)

(無料)

(取引所ごとに異なる)
サクソバンク証券(CFD)のおすすめポイント
「サクソバンク証券(CFD)」は、約1万1000のバラエティに富んだCFD銘柄が取引できる人気のCFD口座(アドバンスコースの場合)。数々のアワードを受賞した取引ツールは多機能ながら直感的な操作が可能で、取引のチャンスをリアルタイムで教えてくれる「オートチャーティスト」機能が使えるのもおすすめポイントです。
サクソバンク証券(CFD)の関連記事
■「サクソバンク証券(CFD)」の特徴やメリット、おすすめポイントを詳しく解説!
>▼サクソバンク証券(CFD)▼
サクソバンク証券(CFD)の詳細はこちら(公式サイトへ)
◆ 外貨ex CFD(GMO外貨) ⇒詳細情報ページへ
取り扱い銘柄数 最大レバレッジ スマホアプリ
20銘柄 20倍
取引できる銘柄の種類(カッコ内は取引手数料)
株価指数 個別株 商品 債券 その他

(無料)

(無料)

(無料)
外貨ex CFD(GMO外貨)のおすすめポイント
「外貨ex CFD」は、株価指数に関連した9銘柄、原油や金などのコモディティ(商品)に関連した10銘柄、VIX指数(恐怖指数)に関連した1銘柄を取引できる、GMO外貨のCFD口座。取引手数料は無料で、同社のFX取引でも多くの投資家から高い評価を得ている、値動きを確認しながらワンタップで注文できる「ワンタッチ注文」などを搭載した、機能性の高い専用アプリを使って取引できるのも魅力です。
外貨ex CFD(GMO外貨)の関連記事
■「外貨ex CFD(GMO外貨)」の特徴やメリット、おすすめポイントを詳しく解説!
▼外貨ex CFD(GMO外貨)▼
外貨ex CFD(GMO外貨)の詳細はこちら(公式サイトへ)
◆ SBIネオトレード証券
取り扱い銘柄数 最大レバレッジ スマホアプリ
31銘柄 10倍
取引できる銘柄の種類(カッコ内は取引手数料)
株価指数 個別株 商品 債券 その他

(無料)

(無料)
SBIネオトレード証券のおすすめポイント
SBIネオトレード証券のCFDでは、日米の株価指数と、米国市場に上場している企業の個別株を取引できます。個別株はApple・Amazon・Tesla・Microsoftなど、時価総額上位のグローバル企業を中心としたラインナップなので、気になる銘柄がきっと見つかるはず。個別株を取引できるCFD口座は限られているので、株式をCFDで手軽に取引してみたい方、株価の上昇と下落の両方を収益チャンスにしたい方などは、ぜひチェックしてほしい口座です。
▼SBIネオトレード証券▼
SBIネオトレード証券の詳細はこちら(公式サイトへ)
◆ トライオートETF(インヴァスト証券)
取り扱い銘柄数 最大レバレッジ スマホアプリ
29銘柄 5倍
取引できる銘柄の種類(カッコ内は取引手数料)
株価指数 個別株 商品 債券 その他

(無料)

(無料)

(無料)

(無料)
トライオートETF(インヴァスト証券)のおすすめポイント
「トライオートETF」は、あらかじめ用意されたプログラムの中から気に入ったものを選んで稼働させるだけで、自動売買(システムトレード)ができるのが魅力のCFD口座。収益率の高いプログラムを選択することで、値動きに一喜一憂したり感情に惑わされたりすることなく、コツコツと利益を積み上げていく運用を目指してくれます
▼トライオートETF(インヴァスト証券)▼
トライオートETF(インヴァスト証券)の詳細はこちら(公式サイトへ)
◆ まいにち金・銀(マネーパートナーズ)
取り扱い銘柄数 最大レバレッジ スマホアプリ
2銘柄 20倍
取引できる銘柄の種類(カッコ内は取引手数料)
株価指数 個別株 商品 債券 その他

(無料)
まいにち金・銀(マネーパートナーズ)のおすすめポイント
マネーパートナーズのCFDでは、米ドル建ての金と銀が取引できます。銘柄ごとに設定した価格になると知らせてくれる「ターゲットメール」、重要な経済指標の発表予定と結果が届く「指標アラートメール」などが提供されているのも魅力です。
▼まいにち金・銀(マネーパートナーズ)▼
まいにち金・銀(マネーパートナーズ)の詳細はこちら(公式サイトへ)
◆ ひまわり証券(くりっく株365)
取り扱い銘柄数 最大レバレッジ スマホアプリ
10銘柄 約50倍
取引できる銘柄の種類(カッコ内は取引手数料)
株価指数 個別株 商品 債券 その他

(15円~)
※自動売買利用時は投資助言報酬が別途発生

(147円)
※自動売買利用時は投資助言報酬が別途発生
ひまわり証券(くりっく株365)のおすすめポイント
「ひまわり証券(くりっく株365)」は、取引所CFD「くりっく株365」の専用口座。「くりっく株365」では、日本・米国・ドイツ・英国の代表的な株価指数と、金・原油などを対象としたETFをCFDで取引できます。「くりっく株365」を取引できる口座はいくつかありますが、「ひまわり証券(くりっく株365)」では独自の自動取引システムの「ループ・イフダン」を使って、CFDで自動売買(システムトレード)ができるのが最大の特徴です。
▼ひまわり証券(くりっく株365)▼
ひまわり証券(くりっく株365)の詳細はこちら(公式サイトへ)
◆ LION CFD(ヒロセ通商)
取り扱い銘柄数 最大レバレッジ スマホアプリ
23銘柄 10倍
取引できる銘柄の種類(カッコ内は取引手数料)
株価指数 個別株 商品 債券 その他

(無料)

(無料)
LION CFD(ヒロセ通商)のおすすめポイント
「LION CFD」は、株価指数とETFを対象にした銘柄に特化したCFD口座。約定力が高く、使いやすい取引ツールや豊富な情報コンテンツ、24時間対応の電話サポートなど、ヒロセ通商がFXで培ってきたノウハウがしっかり活用されています。日米欧の代表的な株価指数やETFに関連した銘柄の取引できれば十分という人にはおすすめです。
▼LION CFD(ヒロセ通商)▼
LION CFD(ヒロセ通商)の詳細はこちら(公式サイトへ)
※本コンテンツの調査対象はすべて個人口座となっています。また、サービス内容は当社が独自に調査したものです。正確な情報を提供するよう努めておりますが、詳細は各FX会社へお問い合わせください。
FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
CFD口座おすすめ比較 トレーディングビュー記事 jfx記事
CFD口座おすすめ比較 トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る