ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩力男_グローバルFXトレード
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
CFD口座おすすめ比較[2024年最新版]

外貨ex CFD(GMO外貨)の特徴やおすすめポイントを解説!

2024年05月10日(金)13:35公開 (2024年05月10日(金)13:35更新)
ザイFX!編集部

一時4万円超えの「日経平均」や「NYダウ」、最高値更新の「金(ゴールド)」を少額から取引できる【CFD口座】を比較!

日米の株価指数や商品(コモディティ)など、メジャーな20銘柄に投資できるCFD口座!

外貨ex CFD(GMO外貨)

■外貨ex CFD(GMO外貨)の主なサービス内容
取り扱い銘柄数 最大レバレッジ スマホアプリ
20銘柄 20倍
取り扱い銘柄(カッコ内は取引手数料)
株価指数 個別株 商品 債券 その他

(無料)

(無料)

(無料)

【※関連記事はこちら!】
CFD比較!【2024年最新】 おすすめのCFD口座&国内の全CFD口座を紹介

■外貨ex CFD(GMO外貨)のおすすめポイント
「外貨ex CFD(GMO外貨)」は、GMOインターネットグループ傘下のGMO外貨が提供するCFD口座です。代表的な株価指数の値動きに連動した9銘柄、原油や金などのコモディティ(商品)の値動きに連動した10銘柄、VIX指数(恐怖指数)に関連した1銘柄の、計20銘柄を取引できます。ナスダック総合指数の値動きに関連する銘柄には「米国NQ100」と、その10分の1の単位で取引できる「米国NQ100ミニ」の2つがあり、ミニなら少額の資金からでも気軽に米国の株価指数銘柄を取引できるので、初心者にもおすすめです。また、取引ツールの評価も高く、操作性と視認性に優れたスマホアプリに加え、人気の高機能チャート「TradingView」が使えるダウンロード不要のPC用取引ツールもあります。
【このページの目次】(クリックで各項目に移動します)
■ 「取り扱い銘柄」は、株価指数CFDや商品CFDが中心の計20銘柄
■ 「取引手数料」は、ロスカットや追証による決済も含めすべて無料
■ ロスカットはポジションごとに設定、ロスカットレートを任意で広げることも
■ 「取引ツール」は高機能、人気の「TradingView」も使える!
■ 外貨ex CFDの「口座開設方法」
■ 外貨ex CFD(GMO外貨)の「まとめ」

「外貨ex CFD(GMO外貨)」の取り扱いは計20銘柄。
10分の1単位の少額で取引できる、ナスダックに連動した銘柄も!

外貨ex CFD(GMO外貨)の公式サイトはこちら!

「外貨ex CFD(GMO外貨)」で取引できるのは、日経平均、ナスダック、NYダウといった代表的な株価指数の値動きに連動する株価指数CFD9銘柄、金や原油などの商品(コモディティ)価格に連動する商品CFD10銘柄、VIX指数(恐怖指数)に連動するバラエティCFD1銘柄の計20銘柄

 特徴としては、株価指数CFDの中に、米国のナスダック総合指数の値動きに連動する銘柄として、「米国NQ100」と「米国NQ100ミニ」の2つがあります。それぞれの銘柄で参照する原資産は異なるため、値動きに多少の違いはありますが、「米国NQ100ミニ」のほうは取引単位がCFD価格の0.1倍なので、「米国NQ100」のほぼ10分の1の規模で取引が可能。取引に必要な証拠金の金額も少なくて済むため、初心者も手軽にトレードできます

■外貨ex CFDで取引できる銘柄の参照原資産、呼値、取引単位
銘柄名 参照原資産
(上場している取引所)
呼値 取引単位
日本225 日経225先物
(SGX・CME)
1円 CFD価格の10倍
米国30 NYダウ先物
(CME)
1米ドル CFD価格の0.1倍
米国S500 S&P500先物
(CME)
0.1米ドル CFD価格の1倍
米国NQ100 E-mini NASDAQ100先物
(CME)
0.1米ドル CFD価格の1倍
米国NQ100ミニ Micro E-mini NASDAQ100先物
(SGX・CME)
0.1米ドル CFD価格の0.1倍
上海A50 FTSE中国A50先物
(SGX)
1米ドル CFD価格の0.1倍
ドイツ40 ドイツDAX先物
(EUREX)
0.1ユーロ CFD価格の0.1倍
ユーロ50 ユーロ・ストックス50先物
(EUREX)
0.1ユーロ CFD価格の0.1倍
香港H 香港ハンセン先物
(HKEX)
1米ドル CFD価格の1倍
WTI原油 WTI原油先物
(CME)
0.01米ドル CFD価格の10倍
天然ガス 天然ガス先物
(CME)
0.001ドル CFD価格の100倍
ガソリン ガソリン先物
(CME)
0.01ドル CFD価格の1倍
ヒーティングオイル ヒーティングオイル先物
(CME)
0.01ドル CFD価格の1倍
金スポット 金のスポット取引 0.1米ドル CFD価格の1倍
銀スポット 銀のスポット取引 0.001米ドル CFD価格の10倍
銅先物 銅先物
(CME)
0.01米ドル CFD価格の1倍
コーン コーン先物
(CME)
0.1ドル CFD価格の1倍
大豆 大豆先物
(CME)
0.1ドル CFD価格の1倍
小麦 小麦先物
(CME)
0.01ドル CFD価格の1倍
米国VI VIX先物
(CBOE)
0.01ドル CFD価格の10倍
※GMO外貨の公式サイトに掲載された情報をもとにザイFX!編集部が作成

 株価指数CFDと商品CFDのどちらも、メジャーな銘柄を対象にしたものが揃っているので、銘柄選びにあまり迷いたくないトレーダーや、これからCFDの取引に挑戦しようと考えている初心者にとっては、十分なラインナップと言えます。

 レバレッジは株価指数CFDが10倍、商品CFDが20倍、バラエティCFDが5倍と、法令で認められている最大のレバレッジで取引できるので、資金効率のよい取引も可能です。
【※関連記事はこちら!】
CFDとは? CFDのメリットとデメリットのほか、基本的な仕組みや特徴を解説!

「外貨ex CFD」は取引手数料がすべて無料! 口座の維持に加え、
ロスカットや追証制度による強制決済も一切のコストがかからない

「外貨ex CFD」では、取り扱うすべてのCFD銘柄の取引手数料が完全に無料です。

 また、口座を維持するための手数料はもちろん、ロスカットや追証制度によってポジションが強制決済されるときにも、手数料は一切かかりません。

「外貨ex CFD(GMO外貨)」は、手数料が完全無料

(出所:GMO外貨

 国内のCFD口座の中には通常時の取引手数料は無料でも、ロスカットの際には決済手数料がかかるという口座もありますが、「外貨ex CFD」ならすべての取引で、コストは売り値と買い値の差額となるスプレッドだけというメリットもあります。

「外貨ex CFD」では、ポジションごとにロスカットされるルールを
採用。ポジションごとにロスカットレートを変更することもできる

「外貨ex CFD」では、預けてある資産以上の損失が発生することを防ぐ「ロスカット」に、一般的なCFD口座とは異なるルールを採用しています。

 通常のロスカットルールでは、口座全体の証拠金維持率が規定の値を下回ると、保有しているすべてのポジションがロスカット(強制決済)されます。しかし、「外貨ex CFD」では新規約定時にポジションごとにロスカットレートが設定され、ロスカットレートを割り込んだ場合、該当するポジションだけがロスカットされる仕組みが採り入れられています。

 これによって、含み益が出ているポジションまでロスカットされてしまうといった弊害を回避できるというメリットが生じます。

 また、相場のボラティリティが拡大しているときや、これから拡大すると予想される場合などに「任意証拠金」を設定することで、自動で設定されるロスカットレートよりもロスカットまでの幅を広げることも可能です。

 ただし、ロスカットまでの幅を任意で広げ、その後も含み損が拡大し続けて最終的に強制決済された場合、通常時に比べて損失額は大きくなります。使い方次第では相場の動きにうまく対応することができ、ロスカットを回避することにも役立ちますが、むやみに「任意証拠金」を設定することは、なるべく避けたほうがよいでしょう。

取引ツールは操作性や視認性の高さで定評のあるスマホアプリと、
人気チャートツール「TradingView」も使えるブラウザ版の2種類

「外貨ex CFD」は、スマホアプリ(スマートフォン専用アプリ)とPC用ブラウザ版の2種類の取引ツールから取引できます

 スマホアプリは、取引ツールに定評のあるグループ会社、GMOクリック証券のCFD専用スマホアプリとほぼ同じ仕様で、トレンド系8種類、オシレーター系5種類の計13種類のテクニカル指標に加え、11種類の描画ツール、チャート画面は最大4分割まで可能という充実したスペック。視認性と操作性も高い、使い勝手の優れた取引ツールです。

スマホアプリの画面(左:ワンタッチトレード画面/ 中:1画面チャート/ 右:4分割画面チャート)
●図3 スマートフォンアプリ画面(左:ワンタッチトレード画面 中:1画面チャート 右:4分割画面チャート)

 そして、PC用のブラウザ版取引ツールでは「外貨ex CFD」独自のチャートに加え、詳細な分析用に「CFDチャート」として、世界的に人気のチャートツール、「TradingView」を利用することができます

PC用ブラウザ版取引ツール画面
PC用ブラウザ版取引ツール画面

 「CFDチャート」では本家のTradingViewと同様、100種類以上のテクニカル指標(インジケーター)や50種類以上の描画ツールが使えるほか、本家の無料プランでは表示されてしまう広告が非表示なのもポイントです。

 また、1つのチャートに25種類以上のインジケーターを表示できたり、11種類以上のチャートのレイアウトを保存できたりする点は、本家のTradingViewでは有料プランの中でも最上位で、月額59.95ドルを支払う必要のあるPremiumプランに匹敵する機能です。

 FXでもTradingViewのチャートを提供しているFX口座がいくつかありますが、使えるテクニカル指標の数に制限があるのが一般的です。「外貨ex CFD」のTradingViewチャートでは本家のTradingViewと同じだけのテクニカル指標を利用できるので、分析の幅も広がるでしょう。
【※関連記事はこちら!】
「TradingView(トレーディングビュー)」の有料機能を無料で使う裏ワザがあった!  大人気のチャート分析ツールを賢く使おう

「外貨ex CFD(GMO外貨)」の口座開設方法

「外貨ex CFD(GMO外貨)」の取引口座を開設するには、先にGMO外貨のFX口座、「外貨ex」の口座を開設する必要があります。

【口座開設の申し込みから取引開始までの流れ】
・STEP1:FX口座「外貨ex」の開設を申し込む
・STEP2:「外貨ex」の開設完了後、「外貨ex CFD」の追加開設を申し込む
・STEP3: 口座開設完了通知が届いたら、「外貨ex」と同じログインID・パスワードで「外貨ex CFD」の取引ツールからログインすると取引可能に
外貨ex CFD(GMO外貨)の公式サイトはこちら!

 「外貨ex」の口座開設は、無料で簡単に申し込むことができます。開設の手続きはPCからでもスマホからでも可能ですが、本人確認書類を提出する際に書類をスマホのカメラで撮影し、オンラインで本人確認を完結させる「スマホ最短手続き」を利用すれば、最短で申し込み完了から30分後には「外貨ex」の口座開設が完了するので、提出可能な書類を用意できる場合はこの方法がおすすめです。
【※関連記事はこちら!】
FX口座が最短30分~当日に開設できるFX会社を紹介! 口座開設を申し込んだ30分後にはFX取引を始められるFX会社や、早く開設するために必要なこと、注意点などを解説!

「スマホ最短手続き」のステップ

(出所:GMO外貨

 そして、「外貨ex」の口座開設が完了すると、追加開設という形で「外貨ex CFD」の口座開設を申し込めるようになります。「外貨ex CFD」と「外貨ex」のログインID・パスワードは同じなので、「外貨ex CFD」の口座開設完了通知が届いたらスマホアプリやPC用の取引ツールからログインすることで、取引画面にアクセスできます。

 なお、「外貨ex CFD」口座の追加開設までには一定の時間がかかります。公式サイトによると、「外貨ex」の口座開設を申し込んでから「外貨ex CFD」の口座開設が完了するまでには、「スマホ最短手続き」を使った場合で最短2営業日かかるとのこと。「外貨ex CFD」での取引を検討している人は、余裕を持った開設手続きを心がけましょう。

●「外貨ex CFD(GMO外貨)」口座開設のステップ

(出所:GMO外貨

 また「外貨ex CFD」の入出金に関しては、すべて「外貨ex」の口座を経由しておこないます。これは、多くのCFD口座と同様の仕組みで、取引を始めるときは一度「外貨ex」へ資金を入金し、ログイン後のマイページで「外貨ex」から「外貨ex CFD」へ資金を振り返る必要になります。

 「外貨ex」のサービス概要については以下の関連記事で解説していますので、あわせてチェックしてください。
【※関連記事はこちら!】
GMO外貨「外貨ex」の特徴やスプレッド、スワップポイント、取り扱い通貨ペア数などを紹介!

業界上位水準のスプレッドと高水準のスワップポイントで人気
GMO外貨「外貨ex」 ⇛詳細データはこちら
GMO外貨「外貨ex」の主なスペック
最低取引単位 通貨ペア数 スプレッド
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円
1000通貨 24ペア 0.2銭原則固定
(8-27時)
0.3pips原則固定
(8-27時)
0.4銭原則固定
(8-27時)
GMO外貨「外貨ex」のおすすめポイント
GMO外貨の「外貨ex」は、業界上位水準のスプレッドと、スタイリッシュで操作性の高い取引ツールに定評があるFX口座。レバレッジの上限をあらかじめ1倍・10倍・25倍の3つから選択できるので、初心者や資金管理の苦手な人にも向いています。わかりやすくビジュアル化された取引履歴でトレードを振り返ったり、他のトレーダーの取引情報や収益ランキングをチェックしたりできるGMOグループの独自コンテンツ、「トレードアイランド」も盛況です。申し込みの完了から最短30分で口座が開設できるので、今すぐにFXを取引したい!という人にもおすすめです。
GMO外貨「外貨ex」の関連記事
■GMO外貨「外貨ex」 の口座開設の流れや方法・注意点を解説
■GMO外貨「外貨ex」のおすすめポイントや、「スプレッド」「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼GMO外貨「外貨ex」▼
GMO外貨「外貨ex」の公式サイトはこちら
※この表は2024年5月21日時点のデータに自動で更新されているため、本記事の公開時の情報とは異なっている場合があります

「外貨ex CFD(GMO外貨)」のメリット、特徴のまとめ

 以上、「外貨ex CFD(GMO外貨)」の特徴や基本的なスペック、“おすすめポイント”などを解説しました。

「外貨ex CFD」は、GMOグループならではの高機能で使いやすいスマホアプリや、人気の「TradingView」が使える取引ツールもある、CFD初心者からベテラントレーダーまで、多くの投資家が快適に取引できる環境が整ったCFD口座です。

 ポジションごとにロスカットレートが設定される特徴的な仕組みに加え、ロスカット時を含むすべての取引で取引手数料が無料という点も高いポイントです。

 取引できる銘柄の数も20銘柄と十分で、通常のCFDの10分の1の価格でナスダックの値動きに連動する「米国NQ100ミニ」を扱っているなど、できるだけリスクを抑えた取引をしたいと考えている人や、少額でのCFD取引を検討している人にとっても、魅力があるラインナップといえます。

 また、銘柄が多すぎると何を取引すればいいか迷ってしまうけれど、ある程度の選択肢はほしいというトレーダーにとっても、「外貨ex CFD」はおすすめできるCFD口座です。


『CFD比較!【2024年最新】 おすすめのCFD口座&国内の全CFD口座を紹介』では、ザイFX!編集部が国内すべてのCFD口座の取引できる銘柄のカテゴリや銘柄の数などの調査・比較を継続しておこない、おすすめのCFD口座とあわせて紹介しています。どのCFD口座に口座を開設しようか迷ったときや、自分にあったCFD口座を探したいときは、ぜひ参考にしてください

【2024年5月最新版】おすすめのCFD口座を「取り扱い銘柄数」
「取引できる銘柄の種類」「おすすめポイント」などで比較!

■おすすめのCFD口座を「取り扱い銘柄数」「取引できる銘柄の種類」「おすすめポイント」などで比較!(2024年5月30日時点)
◆ IG証券(CFD) ⇒詳細情報ページへ
取り扱い銘柄数 最大レバレッジ スマホアプリ
約1万7000銘柄 50倍
取引できる銘柄の種類(カッコ内は取引手数料)
株価指数 個別株 商品 債券 その他

(無料)

(取引所ごとに異なる)

(無料)

(無料)

(取引所ごとに異なる)
IG証券(CFD)のおすすめポイント
「IG証券(CFD)」の最大の特徴は、約1万7000の圧倒的な取り扱い銘柄数。国内外の膨大な数の株価指数や個別株も手軽にCFDで取引できるので、株式の取引に興味がある投資家にもおすすめです。一定の保証料を支払えば、逆指値注文(ストップ注文)がすべることなく指定したレートで必ず成立する「ノースリッページ注文」など、特殊な注文方法が使えるのもポイントです。
IG証券(CFD)の関連記事
■「IG証券(CFD)」の特徴やメリット、おすすめポイントを詳しく解説!
▼IG証券(CFD)▼
IG証券(CFD)の詳細はこちら(公式サイトへ)
◆ GMOクリック証券(CFD) ⇒詳細情報ページへ
取り扱い銘柄数 最大レバレッジ スマホアプリ
162銘柄 20倍
取引できる銘柄の種類(カッコ内は取引手数料)
株価指数 個別株 商品 債券 その他

(無料)

(無料)

(無料)
×
(無料)
GMOクリック証券(CFD)のおすすめポイント
「GMOクリック証券(CFD)」は、国内外の代表的な株価指数、原油や金などの国際商品(コモディティ)に加え、米国と中国の主要企業の外国株も取引できる豊富でバランスの良いラインナップが魅力です。また、数あるCFD口座の中でも取引ツールの使いやすさが群を抜いていて、CFDの初心者にもおすすめできます。ポジションごとにロスカットレートが設定される、独自のロスカットルールを採用しているという特徴もあります。
GMOクリック証券(CFD)の関連記事
■「GMOクリック証券(CFD)」の特徴やメリット、おすすめポイントを詳しく解説!
▼GMOクリック証券(CFD)▼
GMOクリック証券(CFD)の詳細はこちら(公式サイトへ)
◆ 岡三証券(くりっく株365) ⇒詳細情報ページへ
取り扱い銘柄数 最大レバレッジ スマホアプリ
10銘柄 約50倍
取引できる銘柄の種類(カッコ内は取引手数料)
株価指数 個別株 商品 債券 その他

(30円~)

(330円)
岡三証券(くりっく株365)のおすすめポイント
「岡三証券(くりっく株365)」は、取引所CFD「くりっく株365」の専用口座。「くりっく株365」では、日本・米国・ドイツ・英国の代表的な株価指数と、金・原油などを対象としたETFをCFDで取引できます。「くりっく株365」を取引できる口座はいくつかありますが、「岡三証券(くりっく株365)」には「くりっく株365」の取引に役立つ情報を一画面でチェックできる高機能な情報ツールなどを使えるなどといったメリットがあります。
岡三証券(くりっく株365)の関連記事
■「岡三証券(くりっく株365)」の特徴やメリット、おすすめポイントを詳しく解説!
▼岡三証券(くりっく株365)▼
岡三証券(くりっく株365)の詳細はこちら(公式サイトへ)
◆ 楽天CFD(楽天証券) ⇒詳細情報ページへ
取り扱い銘柄数 最大レバレッジ スマホアプリ
42銘柄 20倍
取引できる銘柄の種類(カッコ内は取引手数料)
株価指数 個別株 商品 債券 その他

(無料)

(無料)

(無料)
楽天CFD(楽天証券)のおすすめポイント
「楽天CFD」は、株価指数CFDと商品CFDの取り扱い銘柄数が業界トップクラスで、VIX指数(恐怖指数)に関連した銘柄も取引できるCFD口座。個別株の取り扱いはありませんが、楽天証券の株取引などで利用するスマホアプリ「iSPEED」を使うので、ひとつのアプリでCFDと株式の両方の取引ができるというメリットもあります。
楽天CFD(楽天証券)の関連記事
■「楽天CFD」の魅力は? 「マーケットスピードII」と「iSPEED」が使えて、株トレーダーにもおすすめ! 株価指数CFDと商品CFDはトップクラスの銘柄数!
▼楽天CFD(楽天証券)▼
楽天CFD(楽天証券)の詳細はこちら(公式サイトへ)
◆ 楽天MT4CFD(楽天証券) ⇒詳細情報ページへ
取り扱い銘柄数 最大レバレッジ スマホアプリ
17銘柄 20倍
取引できる銘柄の種類(カッコ内は取引手数料)
株価指数 個別株 商品 債券 その他

(無料)

(無料)
楽天MT4CFD(楽天証券)のおすすめポイント
「楽天MT4CFD」では、主要な株価指数12銘柄と、金・銀・原油などのコモディティ5銘柄が取引できます。MT4(メタトレーダー4)を使って取引するのが最大の特徴で、豊富なテクニカル指標を使ったチャート分析だけでなく、EA(エキスパート・アドバイザ)と呼ばれるプログラムを組み込むことで自動売買(システムトレード)も可能なCFD口座です。
楽天MT4CFD(楽天証券)の関連記事
■「楽天MT4CFD(楽天証券)」の特徴やメリット、おすすめポイントを詳しく解説!
■FXもCFDも楽天証券なら人気の「MT4」で取引できる! 「楽天MT4CFD」は、株や投信の投資家にもおすすめ! ワンストップショップの楽天証券で、世界に投資しよう
▼楽天MT4CFD(楽天証券)▼
楽天MT4CFD(楽天証券)の詳細はこちら(公式サイトへ)
◆ サクソバンク証券(CFD) ⇒詳細情報ページへ
取り扱い銘柄数 最大レバレッジ スマホアプリ
約1万1000銘柄 20倍
取引できる銘柄の種類(カッコ内は取引手数料)
株価指数 個別株 商品 債券 その他

(無料)

(取引所ごとに異なる)

(無料)

(無料)

(取引所ごとに異なる)
サクソバンク証券(CFD)のおすすめポイント
サクソバンク証券は、個別株・債券・ETFなどを含む、約1万1000ものバラエティに富んだCFD銘柄を取引できる人気のCFD口座です。パソコン、スマホ、タブレットなど、さまざまなデバイスで利用できるWeb版の取引ツールは、多機能ながら直感的な操作が可能。主要銘柄の取引チャンスをリアルタイムで教えてくれる、「オートチャーティスト」機能が使えるのもポイントです。
サクソバンク証券(CFD)の関連記事
■「サクソバンク証券(CFD)」の特徴やメリット、おすすめポイントを詳しく解説!
▼サクソバンク証券(CFD)▼
サクソバンク証券(CFD)の詳細はこちら(公式サイトへ)
◆ 外貨ex CFD(GMO外貨) ⇒詳細情報ページへ
取り扱い銘柄数 最大レバレッジ スマホアプリ
20銘柄 20倍
取引できる銘柄の種類(カッコ内は取引手数料)
株価指数 個別株 商品 債券 その他

(無料)

(無料)

(無料)
外貨ex CFD(GMO外貨)のおすすめポイント
「外貨ex CFD」は、株価指数に関連した9銘柄、原油や金などのコモディティ(商品)に関連した10銘柄、VIX指数(恐怖指数)に関連した1銘柄を取引できる、GMO外貨のCFD口座。取引手数料は無料で、同社のFX取引でも多くの投資家から高い評価を得ている、値動きを確認しながらワンタップで注文できる「ワンタッチ注文」などを搭載した、機能性の高い専用アプリを使って取引できるのも魅力です。
外貨ex CFD(GMO外貨)の関連記事
■「外貨ex CFD(GMO外貨)」の特徴やメリット、おすすめポイントを詳しく解説!
▼外貨ex CFD(GMO外貨)▼
外貨ex CFD(GMO外貨)の詳細はこちら(公式サイトへ)
◆ SBIネオトレード証券(CFD)
取り扱い銘柄数 最大レバレッジ スマホアプリ
31銘柄 10倍
取引できる銘柄の種類(カッコ内は取引手数料)
株価指数 個別株 商品 債券 その他

(無料)

(無料)
SBIネオトレード証券(CFD)のおすすめポイント
SBIネオトレード証券のCFDでは、日米の株価指数と、米国市場に上場している企業の個別株を取引できます。個別株はApple・Amazon・Tesla・Microsoftなど、時価総額上位のグローバル企業を中心としたラインナップなので、気になる銘柄がきっと見つかるはず。個別株を取引できるCFD口座は限られているので、株式をCFDで手軽に取引してみたい方、株価の上昇と下落の両方を収益チャンスにしたい方などは、ぜひチェックしてほしい口座です。
▼SBIネオトレード証券▼
SBIネオトレード証券(CFD)の詳細はこちら(公式サイトへ)
◆ トライオートETF(インヴァスト証券)
取り扱い銘柄数 最大レバレッジ スマホアプリ
29銘柄 5倍
取引できる銘柄の種類(カッコ内は取引手数料)
株価指数 個別株 商品 債券 その他

(無料)

(無料)

(無料)

(無料)
トライオートETF(インヴァスト証券)のおすすめポイント
「トライオートETF」は、あらかじめ用意されたプログラムの中から気に入ったものを選んで稼働させるだけで、自動売買(システムトレード)ができるのが魅力のCFD口座。収益率の高いプログラムを選択することで、値動きに一喜一憂したり感情に惑わされたりすることなく、コツコツと利益を積み上げていく運用を目指してくれます
▼トライオートETF(インヴァスト証券)▼
トライオートETF(インヴァスト証券)の詳細はこちら(公式サイトへ)
◆ まいにち金・銀(マネーパートナーズ)
取り扱い銘柄数 最大レバレッジ スマホアプリ
2銘柄 20倍
取引できる銘柄の種類(カッコ内は取引手数料)
株価指数 個別株 商品 債券 その他

(無料)
まいにち金・銀(マネーパートナーズ)のおすすめポイント
マネーパートナーズのCFDでは、米ドル建ての金と銀が取引できます。銘柄ごとに設定した価格になると知らせてくれる「ターゲットメール」、重要な経済指標の発表予定と結果が届く「指標アラートメール」などが提供されているのも魅力です。
▼まいにち金・銀(マネーパートナーズ)▼
まいにち金・銀(マネーパートナーズ)の詳細はこちら(公式サイトへ)
◆ ひまわり証券(くりっく株365)
取り扱い銘柄数 最大レバレッジ スマホアプリ
10銘柄 約50倍
取引できる銘柄の種類(カッコ内は取引手数料)
株価指数 個別株 商品 債券 その他

(15円~)
※自動売買利用時は投資助言報酬が別途発生

(147円)
※自動売買利用時は投資助言報酬が別途発生
ひまわり証券(くりっく株365)のおすすめポイント
「ひまわり証券(くりっく株365)」は、取引所CFD「くりっく株365」の専用口座。「くりっく株365」では、日本・米国・ドイツ・英国の代表的な株価指数と、金・原油などを対象としたETFをCFDで取引できます。「くりっく株365」を取引できる口座はいくつかありますが、「ひまわり証券(くりっく株365)」では独自の自動取引システムの「ループ・イフダン」を使って、CFDで自動売買(システムトレード)ができるのが最大の特徴です。
▼ひまわり証券(くりっく株365)▼
ひまわり証券(くりっく株365)の詳細はこちら(公式サイトへ)
◆ LION CFD(ヒロセ通商)
取り扱い銘柄数 最大レバレッジ スマホアプリ
23銘柄 10倍
取引できる銘柄の種類(カッコ内は取引手数料)
株価指数 個別株 商品 債券 その他

(無料)

(無料)
LION CFD(ヒロセ通商)のおすすめポイント
「LION CFD」は、株価指数とETFを対象にした銘柄に特化したCFD口座。約定力が高く、使いやすい取引ツールや豊富な情報コンテンツ、24時間対応の電話サポートなど、ヒロセ通商がFXで培ってきたノウハウがしっかり活用されています。日米欧の代表的な株価指数やETFに関連した銘柄の取引できれば十分という人にはおすすめです。
▼LION CFD(ヒロセ通商)▼
LION CFD(ヒロセ通商)の詳細はこちら(公式サイトへ)
◆ フィリップ証券(CFD)
取り扱い銘柄数 最大レバレッジ スマホアプリ
9銘柄 20倍
取引できる銘柄の種類(カッコ内は取引手数料)
株価指数 個別株 商品 債券 その他

(無料)

(無料)
フィリップ証券(CFD)のおすすめポイント
フィリップ証券のCFD口座では、株価指数を対象とした証券CFD4銘柄、コモディティを対象とした商品CFD5銘柄の、計9銘柄を取引できます。大きな特徴のひとつに、取引ツールに自動売買も可能なMT5(メタトレーダー5)を使うという点が挙げられます。デモ口座があるので事前に取引環境やツールの操作感を試すことができるだけでなく、豊富なマニュアルも提供されているので、メタトレーダーを使うのが初めての人も安心して取引できます
▼フィリップ証券▼
フィリップ証券(CFD)の詳細はこちら(公式サイトへ)
◆ FXTF GX-商品CFD(ゴールデンウェイ・ジャパン)
取り扱い銘柄数 最大レバレッジ スマホアプリ
4銘柄 20倍
取引できる銘柄の種類(カッコ内は取引手数料)
株価指数 個別株 商品 債券 その他

(無料)
※暗号資産を対象としたCFDサービスは除く
FXTF GX-商品CFD(ゴールデンウェイ・ジャパン)のおすすめポイント
ゴールデンウェイ・ジャパンの「FXTF GX-商品CFD」は、金、銀、原油、天然ガスの商品(コモディティ)4銘柄に特化したCFD口座。取引できる銘柄は限られていますが、ひとつのツールでFXやノックアウトオプションも取引できるほか、PC版のウェブブラウザ取引システムには高機能チャートツールの「TradingView」が搭載されていて、高度な分析から発注までをスムーズに行えるのが魅力です。
▼FXTF GX-商品CFD(ゴールデンウェイ・ジャパン)▼
FXTF GX-商品CFD(ゴールデンウェイ・ジャパン)の詳細はこちら(公式サイトへ)
※本コンテンツの調査対象はすべて個人口座となっています。また、サービス内容は当社が独自に調査したものです。正確な情報を提供するよう努めておりますが、詳細は各FX会社へお問い合わせください。
FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
CFD口座おすすめ比較 メキシコペソ比較 キャンペーンおすすめ10
CFD口座おすすめ比較 メキシコペソ比較 キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る