ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

太田忠
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒

【GMOクリック証券】取引コストが安い! 今ならザイFX!限定で現金3000円がもらえる!

FX情報局
バックナンバー

サクソバンク証券のCFD口座ってどうなの?
メリットやデメリットを含む特徴を紹介!

2020年08月18日(火)15:30公開 [2021年02月22日(月)14:25更新]

ザイFX限定!口座開設&取引で3000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

★サクソバンク証券のCFD

サクソバンク証券公式サイト

>>>サクソバンク証券の公式サイトはこちら

【サクソバンク証券[ベーシックコース]】のCFD口座基本情報
取り扱い銘柄数 38銘柄
最大レバレッジ 20倍
株価指数CFD
(手数料)

(無料)
レバレッジETFのCFD
(手数料)
×
個別株CFD
(手数料)

(取引所毎に異なる)
商品CFD
(手数料)

(無料)
債券CFD
(手数料)
×
スマホアプリ
使用システム SAXO
【サクソバンク証券[アドバンスコース]】のCFD口座基本情報
取り扱い銘柄数 約9000銘柄
最大レバレッジ 20倍
株価指数CFD
(手数料)

(無料)
レバレッジETFのCFD
(手数料)

(取引所毎に異なる)
個別株CFD
(手数料)

(取引所毎に異なる)
商品CFD
(手数料)

(無料)
債券CFD
(手数料)

(無料)
スマホアプリ
使用システム SAXO

(本記事はサクソバンク証券のCFD取引サービスを紹介し、その特徴やメリット・デメリットをわかりやすく伝えることで、CFD取引会社選びの参考にしていただくことを目的としています)

 サクソバンク証券は、世界170カ国以上にサービス展開するグローバル金融機関、サクソバンク(SAXO BANK A/S)の100%子会社。

国内No.2の取扱い銘柄数を誇るサクソバンク証券のCFDは、世界の代表的な株価指数・債券・ETF(上場投資信託)、商品(コモディティ)、個別株など、バラエティに富んだラインナップが魅力です。


【目次(もくじ)】

サクソバンク証券のCFDの特徴(メリット・デメリット含む)

[ベーシックコース]と[アドバンスコース]の2つのコース
主要38銘柄の[ベーシックコース]
約9000銘柄の[アドバンスコース]
直感的な操作が可能な取引ツール
取引チャンスを教えてくれる「オートチャーティスト」
個別株のリアルタイム価格の提供は有料

サクソバンク証券の口座開設方法(最短3分程度)

本人確認に必要な書類

まとめ


■ サクソバンク証券のCFDの特徴(メリット・デメリット含む)

 メリット・デメリットを含むサクソバンク証券の特徴は、以下の6点です。それぞれ詳しく見ていきましょう。

【サクソバンク証券のCFDの特徴(メリット・デメリット含む)】
・ [ベーシックコース]と[アドバンスコース]の2つのコース
・ 主要38銘柄の[ベーシックコース]
・ 約9000銘柄の[アドバンスコース]
・ 直感的な操作が可能な取引ツール
・ 取引チャンスを教えてくれる「オートチャーティスト」
・ 個別株のリアルタイム価格の提供は有料

・ [ベーシックコース]と[アドバンスコース]の2つのコース

 サクソバンク証券のCFDには、[ベーシックコース]と[アドバンスコース]の2つのコースがあります。

 違いは取扱い銘柄数で、[ベーシックコース]は主要38銘柄、[アドバンスコース]は約9000銘柄を取引できます。2つのコースで共通して取引できる銘柄の、スプレッドや手数料などといったスペックは同じです。

サクソバンク証券CFD紹介画像

(出所:サクソバンク証券)

 サクソバンク証券の口座を開設すると、最初に取引できるようになっているのは[ベーシックコース]です。[アドバンスコース]を利用するためには、取引ツール内からコースの変更申請を行う必要があります。

 [アドバンスコース]への変更に、審査などはありません。ユーザーIDや登録メールアドレスなどを記載して申請するだけで、最短で申請したその日のうちに[アドバンスコース]に変更することができ、取引ツール内に各カテゴリの口座(サブ口座)が追加されます。

 それほど多くの銘柄は必要ではなく、代表的な株価指数や個別株、商品などの主要銘柄をCFDで取引できれば良いという方であれば[ベーシックコース]でも十分ですが、せっかくCFDを取引するなら、簡単な申請だけで多くの銘柄にアクセスできる[アドバンスコース]への変更がおすすめです。

・ 主要38銘柄の[ベーシックコース]

 人気の主要銘柄を取り揃えた[ベーシックコース]では、以下の38銘柄が取引できます。

[ベーシックコース]の取扱い銘柄
貴金属 3銘柄
株価指数 8銘柄
VIX指数関連 2銘柄
米国株式 11銘柄
中国株式 10銘柄
商品 4銘柄

※2020年7月21日現在。サクソバンク証券の公式サイトに掲載されているデータをもとにザイFX!編集部が作成

全体的にバランスの取れたラインナップが魅力で、「○○ショック」などと呼ばれるような金融市場の混乱時に大きく動くことが多く、市場参加者からの注目も高いVIX指数(恐怖指数)に関連した銘柄も取引できます。

・ 約9000銘柄の[アドバンスコース]

[アドバンスコース]では、[ベーシックコース]でも取引できる各カテゴリで銘柄数がさらに増えるほか、日本株式、株価指数ETF、債券ETF、国債を原資産にしたCFDなども取引できます。

 個別株に関しては、米中の代表的な企業の株式を原資産にしたものだけでなく、欧州各国やオーストラリアなどの取引所に上場している株式も取引できます。さらに2020年6月には、東京証券取引所に上場する日本株を原資産にしたCFDのラインナップが約1500銘柄に増えるなど、多彩な銘柄が魅力です。

 しかも日本株CFDは、建てたポジションをその日のうちに決済しなければ、取引手数料は無料です。

・ 直感的な操作が可能な取引ツール

 サクソバンク証券ではウェブベースの取引ツール「SaxoTraderGo」と、ダウンロード型プラットフォーム「SaxoTraderPRO」の、2種類の取引ツールが提供されています。

 サクソバンク証券の口座があれば、どちらも使うことができますが、サクソバンク証券の公式サイトでは、「SaxoTraderPRO」は取引額が大きく取引頻度も高い上級トレーダーに特に適しているとされていて、一般的なユーザーには「SaxoTraderGo」の利用が推奨されています。

SaxoTraderGoの取引ツール画面(PC版)
SaxoTraderGoの取引ツール画面(PC版)

(出所:サクソバンク証券)

 一般的なユーザー向けの「SaxoTraderGo」は、あらゆるデバイスからアクセスできるマルチデバイス対応。数々のアワードを受賞しており、多機能ながら直感的な操作が可能です。

 スマホには、iOSとAndroidで、それぞれ専用のアプリが提供されています。

サクソバンク証券のiPhone向けスマホアプリ画面
サクソバンク証券のiPhone向けスマホアプリ画面

(出所:サクソバンク証券)

・ 取引チャンスを教えてくれる「オートチャーティスト」

 一般的なユーザー向けの「SaxoTraderGo」には、「オートチャーティスト」と呼ばれる機能があります。これは、チャ-トパターンやサポート・レジスタンスなどといったテクニカル的観点から、取引のチャンスをリアルタイムで教えてくれるもので、「SaxoTraderPRO」にはない、「SaxoTraderGo」独自の機能です。スマホアプリからも使うことができます。

 サクソバンク証券によると、CFDでは約250の銘柄がオートチャーティストに対応しているとのこと。これを使えば、常に値動きを見続ける必要がなくなり、取引チャンスが訪れていることを見逃す心配も減りそうです。

サクソバンク証券のオートチャーティスト画面
サクソバンク証券のオートチャーティスト画面

(出所:サクソバンク証券)

 オートチャーティスト機能が取引ツール内に組み込まれているのは、日本ではサクソバンク証券だけです。画面から直接発注することができる手軽さも魅力で、取引の幅が広がるだけでなく、リスクの分散にも役立ちそうです。

・ 個別株のリアルタイム価格の提供は有料

 取引できる銘柄数が非常に多い個別株ですが、個別株と個別株 ETFのCFDの価格は、20分程度の遅延価格が配信されています。

 リアルタイム価格の提供を受けるためには、原資産が上場している取引所ごとに別途、料金を支払う必要がある点には注意が必要です。

 ただし、一定額の取引を行ったユーザーに対しては、リアルタイム価格の取得にかかった費用をキャッシュバックしてくれるサービスもあるようなので、大口トレーダーなど、頻繁に取引する方にとってはメリットのある口座といえそうです。

■サクソバンク証券の口座開設方法

サクソバンク証券の取引口座開設は無料で行えます。パソコンからでもスマホからでも手続きでき、事前に本人確認書類も準備しておけば、およそ10分程度で完了します。

 1つ、注意していただきたいのは、サクソバンク証券には10万円の初回最低入金額が設定されているという点です。10万円以上の入金を行うことで取引システムへログインが可能となり、取引を開始することができます。

 [アドバンスコース]での取引を希望する場合は、取引システムへのログイン後に、口座の変更申請をすることもお忘れなく。

【口座開設申込みから取引開始までの流れ】
・ ステップ1: オンラインで申込み&本人確認書類提出
・ ステップ2: 口座開設通知書を受け取って入金&取引開始

 まず、サクソバンク証券の公式サイトを開き、「口座開設(無料)はこちら」をクリックします。

>>>サクソバンク証券の公式サイトはこちら

サクソバンク証券公式サイト

 表示される申込みフォームで口座開設に関する同意および確認、個人情報などの登録を行い、専用サイトから本人確認書類とマイナンバーを登録すれば、サクソバンク証券による口座開設審査が行われます。審査を通過すると、後日、口座開設通知書が本人限定受取郵便で送付されます。

 本人限定受取郵便とは、郵便物等に記載された名宛人か、差出人が指定した方のみが受取ることのできる郵便物のこと。基本的に個人口座の場合は、サクソバンク証券から郵送物があったことを知らせる通知書が郵便局から届くので、その通知書と郵便局が指定する本人確認書類を郵便窓口まで持参して受取る必要があります。

 サクソバンク証券の公式サイトによると、口座開設審査の完了には、最短でも2営業日ほどがかかるとのこと。それもふまえると、口座開設の申込みから口座開設通知書を受取るまでに、ある程度の日数を要する可能性があります。

・ 本人確認に必要な書類

 サクソバンク証券の口座開設に必要な書類は、「マイナンバー(個人番号)確認書類」と「本人確認書類」で、以下の3つのいずれかのパターンで提出します。

本人確認書類提出のパターン

(出所:サクソバンク証券)

 顔写真付きのマイナンバーカードがあれば、マイナンバーカードだけでOK(パターン1)。顔写真付きのマイナンバーカードがない方は、通知カードもしくは個人番号が記載されている住民票のどちらかと、顔写真入り本人確認書類から1点(パターン2)か、顔写真なし本人確認書類から2点(パターン3)を提出する必要があります。

 本人確認書類として利用できるのは、以下のものです。

本人確認書類一覧

■ まとめ

 国内No.2の取扱い銘柄数を誇るサクソバンク証券は、さまざまな金融商品をCFDで手軽に取引してみたい方にとって、非常に魅力のある口座です。

 ただし、国際標準の取引環境と高機能なチャートツールは、どちらかというと中級者以上のトレーダーに適しているとも言えます。慣れてしまえば初心者の方でも十分、活用いただけると思いますが、最初のうちは難しく感じるかもしれません。

【まとめ】
・ 国内No.2の豊富な取扱い銘柄数
・ 数々のアワードを受賞している多機能取引ツール
・ 取引チャンスを教えてくれるオートチャーティストを利用できる
・ 個別株のリアルタイム価格を閲覧するには別途費用がかかる 
・ 初回最低入金額が設定されている(10万円)
・ 総じて中上級者向きだが、本格的にCFD取引をしたいなら口座開設しておいて損はない印象

 興味を持たれた方は、サクソバンク証券の公式サイトもチェックしてみてください。

>>>サクソバンク証券の公式サイトはこちら

■サクソバンク証券のCFDに関するQ&A

・ Q:サクソバンク証券のCFDには、どのようなコースがありますか?

 A: 主要38銘柄を取り扱う[ベーシックコース]と、約9000銘柄が取引できる[アドバンスコース]の2コースです。口座開設時は[ベーシックコース] になっており、[アドバンスコース]を利用するには、取引ツール内からコースの変更申請を行います。

・ Q: 各コースの取り扱い銘柄が知りたいです

 A:[ベーシックコース]では、貴金属、株価指数、VIX指数関連、米国株式、中国株式、商品の各カテゴリからそれぞれ数銘柄ずつ、計38銘柄のCFDが取り扱われています。 [アドバンスコース]では上記カテゴリに加え、日本株式、外国ETF/ETNを原資産にしたCFDなど、約9000銘柄が取り扱われています。

・ Q: サクソバンク証券のCFDの取引手数料は?

 A:株価指数CFD、商品CFDは取引手数料無料です。個別株CFDでは基本的に取引手数料がかかりますが、日本株式の場合、手数料がかかるのは日計り取引のみで取引金額×0.05%です。外国株式などその他証券CFD銘柄は、取引金額×0.15%~0.25%の手数料がかかります。また、取引手数料以外にもオーバーナイト金利や両替コスト、銘柄によっては配当等調整金や貸株金利などが生じます。詳しくは、公式サイトなどでご確認ください。

・ Q: サクソバンク証券のCFDは、初心者でも取引できますか?

 A:[ベーシックコース]は、あらかじめ人気の主要銘柄のみのラインナップとなっており、リアルタイムで取引シグナルを出してくれる「オートチャーティスト」機能(一般的なユーザー向けの「SaxoTraderGo」に搭載)も利用できるため、初心者でも利用できそうです。ただし、銘柄数が約9000の[アドバンスコース]やフルカスタマイズ対応のプロ向け取引ツールなど、同社で提供されるすべてのサービスを十分使いこなせるのは、中上級者になってからかもしれません。

・ Q: サクソバンク証券のCFDへの口座開設方法を教えてください

 A:口座開設は無料で行うことができます。オンライン上で申込みを行い、本人確認書類などを提出すれば最短2営業日ほどで口座開設手続きが完了します。当記事でも詳しく解説していますので、参考にしてください。


 他のCFD取引会社も見てみたいという方は、「CFD取引会社を徹底比較! おすすめは? NYダウや金、原油など世界の相場に投資!」をご覧ください。こちらでは、ザイFX!編集部が、日本の全CFD取引会社の取り扱い銘柄数や最大レバレッジ、取引手数料、お得なキャンペーン情報などを継続して調査・比較しています。

【各社CFD取引の最新スペックはこちらでチェック!】
CFD取引会社を徹底比較! おすすめは? NYダウや金、原油など世界の相場に投資!
CFD取引会社を徹底比較! おすすめは? NYダウや金、原油など世界の相場に投資!

FX情報局
FX情報局

知っているようで知らなかったFXに関連した情報が満載の「FX情報局」。このコーナーでは、FX業界の旬な情報やFXトレーダーの間で話題になっている出来事などをザイFX!編集部が徹底調査! FX初心者から上級者まで目からウロコの情報をお届けします。

当コラムのバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2822人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 107781人 ザイFX!のtwitterをフォローする

おすすめFX会社
link

初心者でも安心の少額取引!

SBIFXトレード

少額1通貨単位から取引ができるSBIFXトレード!ザイFX!限定キャンペーン中!

link

ザイFX!限定で3000円!

トレイダーズ証券[みんなのFX]

最短当日取引可能!ザイFX!限定キャンペーン実施中のみんなのFX!

【全41口座徹底調査】スプレッドやスワップポイントがお得なFX会社は? FX会社比較!
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較!
FX会社のiPhone対応を徹底比較!
システムトレード(シストレ)口座を徹底比較!
NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!
メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底比較!
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
外為どっとコム[外貨ネクストネオ] キャンペーン比較 JFX[MATRIX TRADER]
外為どっとコム[外貨ネクストネオ] キャンペーン比較 JFX[MATRIX TRADER]
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイFX!の有料・無料メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」
FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム












元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)


ザイFX!メルマガ