ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井雅人_投資戦略メルマガ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

リスクの調整でクロス円全面安、
ますます今後リスク・センシティブな展開に

2020年09月09日(水)15:07公開 (2020年09月09日(水)15:07更新)
持田有紀子

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

 連休明けの米国市場はたいへん注目が集まった。それは先週の後半に米国株が大幅安を演じ、これが臨時にわかなものなのか、それとも今年後半に向けてのトレンドになりうるくらいの強力な流れなのかを見極めたいからであった。

 米国市場では今でもリスクに対してブルのままである。株価などのリスク資産は押し目があれば、そこは是非とも買いたいといったムードが蔓延している。したがって株価が多少の調整局面でもウエルカムな状況が続いているのだ。

 為替相場ではリスクに敏感なクロス円の軟化が顕著になった。欧州時間からすでにユーロ円は売られがちで、ニューヨーク時間になっても値を戻すことはなかった。私はドル円を売ってみたりしていたのだが、ドル円ショートはあまり上手くワークしなかった。

 アメリカの株価が史上最高値を更新し続け、代表的な株価指数であるS&P指数が先週には3600ポイント近くまで吹き上がったが、これはPERで見ると28倍レベルである。15倍が歴史的な平均値であり、それより上だと買われすぎ、それより下だと売られすぎだとされる水準である。

 8月初旬には22倍まで達したときにひどいものだと私などは思ったが、それも難なくクリアしてここまで来ている。もちろん今後の企業収益が劇的な改善を示すと言うことが前提になっているが、周辺を見回すと果たしてコロナ前よりも企業活動は活発化するのだろうか。

 電車は再び混雑を極めるとは思われないし、食堂で3密を気にしない日が到来するとも思えない。少なくとも来年のオリンピックもフルスペックで開けるとも考えられない。近い将来の姿すら見えないというのが現状だ。

 そうした恐れとか高値警戒感が、今回の株価のクラッシュをもたらしているのだろう。大統領選挙をひかえてマーケットはますますセンシティブになってきている。ユーロ円も120円台が割り込んできても不思議ではなくなる展開が待っているのかもしれない。


日本時間 15時00分

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定5000円&オリジナルレポート

JFX[MATRIX TRADER]

新規口座開設+1万通貨以上取引でもれなく限定5000円&オリジナルレポート!

link

人気の1000通貨自動売買『iサイクル注文』

外為オンライン

特別に3000円と書籍『月刊マネー誌ザイが作った「FX」入門改訂版』プレゼント!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ jfx記事
キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る