ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ECB予想を超えるものなくユーロ買い復活、
IPOは大活況だがやっぱりコロナは重し

2020年12月11日(金)15:31公開 (2020年12月11日(金)15:31更新)
持田有紀子

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で4000円もらえる

 昨日はECBの金利会合がマーケットの関心事だった。結局、ECBは短期金利の現行水準をいじらずに、量的緩和を強めた。コロナ対策のためのPEPP資金の供給を、増額もし、また期間も延長した。

 しかしこれは事前予想の範囲内である。それでマーケットは急速にリスク回避に向かった。リスク回避というより、今週に入ってからのリスクテークしすぎた分のポジション調整というところか。

 ユーロドルも同じような動き。ECBの結果が出る前までは、さすがに追加緩和に経緯を表してユーロの頭は重い。しかし1.20台のミドル以下には、たくさんのビッドが並んでいるの事実。それだけ押し目買いしたい人が多いということだ。

 このユーロブルの相場において、1.21台でのショートを持ちきれるものではない。ユーロ・ショートは短期戦に徹することになり、すぐにでも利食いの運びとなる。ビッドはほとんどフレッシュ・ロングのものと見てよさそうだ。

 そのユーロドルも緩和に関する材料出尽くしで1.21台の中盤までは跳ね上がったが、その後の伸びは小さいものだった。今年の最高値を更新してきていない。それでも高値張り付きの状態のままなので、ユーロのスタンスを変える必要もなし。

 一方で米国株はニューヨーク市場でエアビーアンドビーが公開価格の2倍以上もの値段で初値をつけたが、これがマーケットの流れを変えるには至らなかった。米国株はやはりワクチンのアレルギー作用のほうを気にしているようで、終始、重たい展開が続いた。


日本時間 15時30分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性

ザイFX!最新&おすすめ記事

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る