ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

バカラ村スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
バカラ村の「FX専業トレーダーの相場観」

米ドル/円は買い材料あっても上昇続かず。
今は、6月の欧米イベント待ちの局面か

2021年05月25日(火)08:13公開 (2021年05月25日(火)08:13更新)
バカラ村

ザイFX限定!口座開設&取引で5000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

■FOMC議事要旨を受けて、米ドル上昇も続かず

 金融市場の注目テーマはテーパリング(※)ですが、5月19日(水)に公表されたFOMC(米連邦公開市場委員会)議事要旨では、一部のメンバーからテーパリングについて将来の会合で議論することが示唆されました

(※編集部注:「テーパリング」とは、量的緩和政策により、進められてきた資産買い取りを徐々に減少し、最終的に購入額をゼロにしていこうとすること)

 5月7日(金)に発表された米雇用統計が悪かったため、テーパリングの時期が後退する可能性もありましたが、それを払しょくするような内容でした。

【参考記事】
米雇用統計が驚くほど弱く、米ドル急落。英ポンド/米ドルは、今年高値トライを期待(5月11日、バカラ村)

 これを受けて、米ドル/円は108.57円から109.30円まで上昇。米長期金利は1.69%台まで上昇しました。

米ドル/円 1時間足
米ドル/円 1時間足

(出所:TradingView

米長期金利 1時間足
米長期金利 1時間足

(出所:TradingView

 ただ、米ドルの上昇は続かず、為替市場の多くの通貨ペアでは、横ばいが継続しています。

★ザイFX!で人気のバカラ村さんの有料メルマガ「バカラ村のFXトレード日報!」では、個人トレーダー目線で初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスや相場分析などを、メルマガで配信! 10日間の無料体験期間もあります!

バカラ村FXトレード日報

■買い材料があっても、米ドル/円の上昇が続かない理由

 米ドル/円は、今月(5月)に入ってから108.33円~109.78円で横ばい推移。

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足

(出所:TradingView

 ユーロ/米ドルは、直近1週間ほど1.2160ドル~1.2245ドルの狭いレンジでの横ばい推移が続いています。

ユーロ/米ドル 日足
ユーロ/米ドル 日足

(出所:TradingView

 米ドル/円は、5月12日(水)に発表された予想を上回る米CPI(消費者物価指数)を受けても、109.78円までの上昇となり、今回のFOMC議事要旨でも上昇が続かないとなると、もし売り材料が出れば、108円台ミドルのサポートも下抜ける可能性があると思います

【参考記事】
強い米CPIで、FRBは難しい舵取りに。金融市場のボラ高まれば、トレードの好機か(5月25日、バカラ村)

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足

(出所:TradingView

 買い材料があるにも関わらず米ドル/円が上昇しないのは、市場参加者がやる気がないのか、材料として弱いと考えるべきか、上値が重いと考えるのか、このどれかになると思います。

 上値が重いようにも見えるため、クロス円(米ドル以外の通貨と円との通貨ペア)が下がるようであれば、米ドル/円も下へのリスクが出てくると思います。

★バカラ村さんの有料メルマガ「バカラ村のFXトレード日報!」では、実践的な売買アドバイスを配信! 10日間の無料体験期間もあります!

バカラ村FXトレード日報

■6月ECB理事会、FOMC待ちの局面

 英ポンド/円のチャートを見ると、153.40円の4月の高値が、今はサポートとして機能しています。

 まだ上昇の形のままですが、この水準を下抜けるようであれば、155円は目先の天井に変わり、下げ余地も大きくなると思います。

英ポンド/円 日足
英ポンド/円 日足

(出所:TradingView

 豪ドル/米ドルは、4月7日(水)に0.7670ドルの高値があり、その水準が今はサポートとなっています。

豪ドル/米ドル 日足
豪ドル/米ドル 日足

(出所:TradingView

 これも、英ポンド/円と同じような形で、以前のレジスタンスがサポートに変わって、強い状態です。

 ただ、0.7670ドルを下抜けるようであれば、0.7815ドルが目先の天井となり、下抜けたあとに反発が0.7700ドルを超えることができないようであれば、下げ幅が大きくなる形です。

 まだ、今は強い形を維持していますが、このサポートを下抜けて、さらにそのときに米国株が下がっているようなリスク回避の動きをしていれば、英ポンド/円などのクロス円や、豪ドル/米ドルなどを追いかけて売ってもうまくいくのではないかと思います。

 今はもみ合いで方向性のない推移が続いているため、動きが出るのを待つタイミングだと思います。

来月(6月)はECB(欧州中央銀行)理事会やFOMCがあり、テーパリングについての発言も出てくると思います。そのときには為替相場も動きが出てきていると思いますので、そのときを待つか、テクニカルを頼りに細かい動きを取るしかない局面だと思います。


【注目情報】

バカラ村の2022年上半期トレード実績大公開! 動乱の為替相場でも810pipsを獲得した、低リスクで高効率のトレードテクニックとは?(2022年07月25日/FX情報局)

【ザイFX!編集部からのお知らせ】

バカラ村のFXトレード日報!

ロビンスカップ・ジャパンFX2017(Robbins World Trading Championship)優勝で高い実力を見せつけたカリスマ個人トレーダー・バカラ村氏。彼の相場予測&トレードが毎日配信される、有料メルマガ「バカラ村のFXトレード日報!(月額:5,060円(税込))」はザイFX!がお届けしている有料メルマガです。

「バカラ村のFXトレード日報!」では個人トレーダー目線で初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスや相場分析などを、メルマガでご覧いただけます。

「バカラ村のFXトレード日報!」は、登録後10日間は無料解約可能なので、ぜひ一度体験していただき、みなさんのトレードの参考にしてみてください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ
キャンペーンおすすめ10 jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る