ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ポール・サイ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

FOMC結果を受けようやく素直なドル買い、
でもまだ疑心暗鬼なドル買いモード

2021年06月17日(木)15:45公開 (2021年06月17日(木)15:45更新)
持田有紀子

ザイFX限定!口座開設&取引で5000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

 昨日はFOMCの結果が出るまでマーケットは完全に様子見の態勢となった。ただドル相場は高値圏での張り付きのままである。これはもっとドルが上がることを示していることなのだが、なかなか素直にドルを買い上がっていけない。

 そこには今週の高値や今年の高値といったテクニカル面でのレジスタンスが控えているからである。同じようなことを多くの市場参加者が考えているのだろう。まずは結果を見てからというのが対処方法であった。

 FOMCの結果はタカ派的なものと映った。インフレは一時的なものとし、現在の資産買い入れも継続するという従来のスタンスを変えていないものの、FEDメンバーによる将来金利予測では2022年も2023年も利上げの可能性が倍増した。これを受けてドル金利は上昇。為替相場ではドルがとなり、米国株は下げ幅を拡大した。

 パウエル議長の発言ではドット・プロットの内容をあまり過大視しないようにと注意が喚起されたので、マーケットはやや平静さを取り戻したが、すでにテイパリングの開始も間近いと解釈されたため、金利高・株安・ドル高の流れはニューヨーククローズまでおさまらなかった。

 ちょっと流れが変わったかに見える市場の様相。これが試されるのが今晩のマーケットとなる。ドル金利は高値引けしており、ドル相場も全面高のまま高値引けしている。これがもっと突っ込んでいく価値のある状態なのかどうか。私も流れについて行くほうで勝負したいと思っているが、ここからのドルロング攻めとなると自信が持てない。やはりタイトストップで細かく攻めていくしかないだろう。

日本時間 15時30分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ
キャンペーンおすすめ10 jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る